旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« NO.50-2 映画「古井戸」 | トップページ | 「JIN‐仁‐」第3話 »

NO.50-3 映画「チャイナタウン」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

録り溜めたビデオの、あくまで個人的な記録です。

感想部分は、曖昧な記憶で書いていますので、間違いがあるかもしれません。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

<NO.50-3>録画日:不明

 

 

映画「チャイナタウン」〔'74・米〕   

監督:ロマン・ポランスキー
撮影:ジョン・A・アロンゾ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:ジャック・ニコルソン  フェイ・ダナウェイ  ジョン・ヒューストン
あらすじ&みどころ:
'37年のロサンゼルス。
私立探偵のもとに、ミセス・モーリーと名乗る女がやってくる。
それは罠で、本物のモーリー夫人が溺死体で上がった。
調査を始めた私立探偵は、事件の裏にモーリー夫人の実父で正解の黒幕の存在を見出すが・・・。
ニコルソンの好演はもちろん、宿命の女を全身で演じるダナウェイが圧巻。
退廃ムード漂う30年代ロサンゼルスの風俗を写し出すカメラも出色。
'60年代ポーランド映画を代表するポランスキーがアメリカで製作した、ハードボイルド映画の傑作。

 

 

〔感想〕
当時、フェイ・ダナウェイにとても興味がありました。

失礼ですが、美人とは言えないのに、トップ女優になっていましたね。

今とは違って、まだまだ美人が主役の時代でしたから・・・。

それだけに、強烈なイメージがありました。

スティーブ・マックイーンと共演した「華麗なる賭け」(1968年・米)は、最高でしたね。

 

 

ジャック・ニコルソンも若々しくて、イキの良さを感じたものです。

あの、鼻に絆創膏を貼った格好が、いまだに強い印象として残っています。

 

 

ジョン・ヒューストン監督が、俳優として存在感がありましたね。

マクベス」(1971年・米)を観て以来、ポランスキー監督に興味があった頃でもあり、私にとってはとても贅沢な作品でした。

 

マクベスマクベスVHS> 

 

« NO.50-2 映画「古井戸」 | トップページ | 「JIN‐仁‐」第3話 »

作品タイトル~た行」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon