旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« ドラマ「鳥帰る」追悼田中好子さん | トップページ | 映画『ブッダ』紹介&インタビュー「あさイチ」 »

スティーヴィー・ワンダー、ハッピー・バースディ「やじうまテレビ!」

あとで読む[あとで読む]

 

朝の情報番組「やじうまテレビ!」(テレビ朝日)に“ニュース・きょう発!あの日あの時”というコーナーがあります。

担当は、吉澤一彦アナウンサー。

この時間帯に吉澤さんがいると安心します。

 

今朝、このコーナーではまず日本の震災に関してのメッセージが紹介されました。

“あなたたちは僕の家族です。愛しています”

この言葉だけで、今日のテーマがわかりました。

今日が、スティーヴィー・ワンダーの誕生日だとわかっていましたから・・・。

 

こちら仙台で、スティーヴィー・ワンダーの公演に3度ほど行ったことがあります。

20年ほど前、それも地方なのに彼の生のステージに触れられたことをいまだに奇跡に感じますね。

会場全体に広がる彼のオーラ、それが本当に温かいもので、こちらの胸が熱くなったことを最近のことのように覚えています。

彼のステージには独特の雰囲気がありました。

無神論者ですが、宗教的な雰囲気さえ感じて惹き込まれたものです。

 


ホッター・ザン・ジュライ


スティーヴィー・ワンダー ベスト

 

 

当時、加茂中学校を訪問したニュースを観ていますが、それが今回紹介された盲目の少女の学校かも知れません。

心の愛」が、最初はBread & Butterへ提供される曲だったこと、松任谷由実さんが詞を担当していたことは初めて知りました。

この曲は、聴くたびに胸が熱くなりますね。

というわけで、今日は久しぶりにスティーヴィー・ワンダーの音楽を聴いて過ごそうと思っています。

 

スティーヴィー・ワンダー


ラヴ、ハーモニー&エタニティ ~グレイテスト50・オブ・スティーヴィー・ワンダー

スティーヴィー・ワンダー を検索

 

 

話は変わりますが、

今「高峰秀子の流儀」(斎藤明美著・新潮社)という本を読んでいます。

亡くなった高峰秀子さんの生き方、考え方の凄まじさ(何と表現していいのかわからない)に圧倒され、背筋を伸ばさずにはいられない状況で読み続けています。

読み終わるのがもったいないと思えるほど、中身の詰まった本です。

 

その中に、あるホテルでインタビューを受けていた時のエピソードがあります。

午後の喫茶室には、中高年の女性たちがコーヒーやケーキで楽しいおしゃべりをしています。

その光景を見て、高峰さんはポツリとつぶやきます。

“家に帰って、本でも読め”

高峰さんは5歳から女優の仕事をしていて、学校に通っていません。

独学で勉強をしています。

ここでは書ききれないほどの壮絶な人生があり、その中で生まれた人生観があります。

 

“家に帰って、本でも読め”

今日ぐらいは、スティーヴィー・ワンダーの音楽を聴きながら、本を読んで暮らそうかなと思っています。

私も、彼と同じ誕生日なものですから・・・。

 

高峰秀子の流儀

にんげん蚤の市

高峰秀子 を検索

 

 

« ドラマ「鳥帰る」追悼田中好子さん | トップページ | 映画『ブッダ』紹介&インタビュー「あさイチ」 »

音楽」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon