旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「おひさま」の吉村実子さん | トップページ | 「JIN‐仁‐」最終章・後編 »

ピーター・フォークさんの訃報を知って

あとで読む[あとで読む]

 

アメリカの俳優、ピーター・フォークさんが亡くなりましたね。

 

かつてヴィム・ヴェンダース監督の「ベルリン・天使の詩」(1987年)では、天使の役でした。

当時、その天使役を観たときにはとても嬉しかったものです。

天使と言っても、普通に飛行機に乗っていましたが・・・。

それまで、どうしても「刑事コロンボ」のイメージが拭えなくて、こちらもこの映画で視界が自由になったような気がしたものです。

この映画、ドイツが東西に分裂していた頃を舞台にしています。

 


ベルリン・天使の詩 【デジタルニューマスター版】

 

 

NHKで放送された「刑事コロンボ」は、再放送のたびに繰り返し繰り返し観たものです。

コロンボがしつこくて、「古畑任三郎」や「相棒」の杉下右京どころではなかったですよね。

犯人につい同情したくなるように作られていましたね。

二つの刑事ドラマは、「刑事コロンボ」の影響を受けているのは間違いないのでしょう。

 


刑事コロンボ完全捜査記録


刑事コロンボ完全版 DVD-SET1

 

 

シリーズの中には、スティーヴン・スピルバーグ監督が映画デビューの前に撮った「構想の死角」(1971年)などもあって、印象に残っています。

特に好きだったのは「別れのワイン」(1973年)でした。

ラスト、しみじみと犯人とワインを飲むシーンがあります。

犯人役のドナルド・プレザンスさんをこの作品で覚え、出演していた「大脱走」(1963年)を観なおしたりしたものです。

そのプレザンスさんも、すでに亡くなっていたんですね。

 

構想の死角・別れのワイン (1982年) (サラ・ブックス―特選・刑事コロンボ〈1〉) 

 

構想の死角・別れのワイン (1982年) (サラ・ブックス―特選・刑事コロンボ〈1〉)

懐かしいテーマ曲とオープニング映像です。⇒ Youtube動画「刑事コロンボのテーマ」

犯人は上流階級の人間ばかりでしたが、改めて聴いてみると、ヘンリー・マンシーニの音楽も優雅でしたね。

ワクワクして、ドラマに入り込めたものでした。

映像のラストで、手を挙げているのは別れの挨拶のようですね。

 

作品の解説をしているファンサイトを見つけました。⇒推理と対決『刑事コロンボ』研究

その他にもいろいろあって、いまだに根強い人気があることを再認識しました。

 

ピーター・フォークさんのご冥福をお祈りいたします。

 

刑事コロンボ 完全版 コンプリートDVD-BOX
刑事コロンボ 完全版 コンプリートDVD-BOX

こわれゆく女 HDリマスター版 [DVD]
こわれゆく女 HDリマスター版 [DVD]

ピーター・フォーク を検索

 

 

亡きジョン・カサヴェテス監督と深い親交があったと言われていましたけど、今回共演作品「マイキー&ニッキー」(1976年)の予告編の動画を見つけました。

これは嬉しかったですね。

 

 

 

« 「おひさま」の吉村実子さん | トップページ | 「JIN‐仁‐」最終章・後編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon