旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「上を向いて歩こう~日本人の希望の歌 その真実」 | トップページ | 「おひさま」苦労の重さと・・・ »

原田芳雄さんの訃報を知って

あとで読む[あとで読む]

 

俳優の原田芳雄さんが亡くなりましたね。

今朝の「おはよう日本」(NHK)で、映画「大鹿村騒動記」の舞台挨拶時でのまるで別人のような姿を観て驚きました。

つい最近、「ボクらの時代」(フジテレビ)で、元気な姿を観ていますから・・・。

一瞬、時間感覚がおかしくなりました。

 

原田さんと言えば、昔は男っぽくて無頼な感じで、ちょっと怖いイメージがあったものです。

今は、良い歳の重ね方をして、でもどこか自由でやんちゃな少年の部分を残した大人のイメージになっていました。

明るさを感じましたね。

 

「大鹿村騒動記」の阪本順治監督がインタビューに答えていましたが、これからは“人を明るくするものを”と語っていたという原田さん。

震災のことがあってのことなのでしょうね。

「大鹿村騒動記」もそうなのでしょうが、これからますますそういうものが観られたのに、と残念でなりません。

 

特に印象に残っている、NHKのドラマ「火の魚」(2009年)を録画していたはずなので、もう一度観てみようと思っています。

重たい内容なのに、原田さんが演じた老作家が住む、島の明るくまぶしい日差しの印象が残り続けています。

ご冥福をお祈りいたします。

 

「ボクらの時代」の記事はこちらで↓

        「ボクらの時代」原田芳雄&大楠道代&岸部一徳さん

 

 

« 「上を向いて歩こう~日本人の希望の歌 その真実」 | トップページ | 「おひさま」苦労の重さと・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon