旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「南極大陸」第4話 | トップページ | 「ボクらの時代」宮藤官九郎&谷川俊太郎&箭内道彦さん »

「南極大陸」第5話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第5話
                                                     TBS  11月13日放送

 

 

今回は倉持(木村拓哉)の夢、ボツンヌーテンを目指す話でした。

“ボツンヌーテン”を知らなかったので、しばらく聞き取りにくかったですね。

 

結局、反対していた氷室(堺雅人)も、犬塚(山本裕典)とともに同行するわけですが・・・。

その複雑な心境は、これまで何度も映像で出てきている、山での遭難事故が関わっているようですが、それが明らかになるのは来週のようですね。

映像が出てくるたびに、状況がわからないのは私だけかと思っていました。

 

ボツンヌーテンの登頂に成功するものブリザードにあったりして遭難してしまうわけですが・・・。

それにしても、ボツンヌーテンもそこから眺める景色も素晴らしかったですね。

あんな景色を観るために、このドラマを観ている感じがします。

実際の越冬隊員やこのドラマのスタッフ・出演者の大変さとは離れた所、暖かいコタツに入って観ているのは申し訳ない気はしますが・・・。

 

堺雅人 を検索

 

 

行き帰りに休むあの洞窟が、鯨の残骸であることはすぐに想像できましたね。

そして、犬の帰巣本能を信じて、リキ、タロ、ジロを放しますが・・・

その前に、テツがいったん逃げて戻ってくるのは、その布石でした。

このドラマ、毎回何らかのかたちで犬の活躍が描かれています。

それだけに、今後に起きるタロとジロの話は大きな感動を呼ぶのでしょうね。

 

山本裕典 を検索

 

 

それにしても、氷室も犬塚も大丈夫なのでしょうか?

次週の予告も、氷室の過去の映像ばかりのように見えて、ちょっと引っかかりますね。

このところ1話完結のドラマばかり観ているので、今回のように来週へ続くのはフラストレーションがたまります。

 

政府側の人物として宮沢和史さん(THE BOOM)が出てきて驚きました。

どれだけの俳優さんを集めたら気が済むのかと、ちょっと思ってしまいましたが・・・。

 

木村拓哉 を検索

 

 

<これまでの感想>  第1話 第2話 第3話 第4話

                            日曜劇場「南極大陸」公式サイト

 

TBS系 日曜劇場「南極大陸」オリジナル・サウンドトラック

↑ 高倉健さん主演の作品です。こちらも感動的な作品でしたね。
    ヴァンゲリスの音楽を耳にすると、いまだに感動します。

 

 

« 「南極大陸」第4話 | トップページ | 「ボクらの時代」宮藤官九郎&谷川俊太郎&箭内道彦さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon