旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 福岡ソフトバンクホークス、日本シリーズ優勝 | トップページ | 立川談志師匠の訃報を聞いて »

「南極大陸」第6話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第6話
                                                     TBS  11月20日放送

 

 

氷室(堺雅人)も犬塚(山本裕典)も無事で良かったです。

先週の予告編でミスリードされた感じでしたね。

5年前の遭難の件も、特に深い真実があったような描写も無く、こちらの早とちりだったようで、何となく拍子抜けしました。

 

この件があってか、1年という越冬生活のせいか、倉持(木村拓哉)と氷室の仲も完全に取り戻せたようですが・・・

入れ替わるように、第2次越冬隊長役の宮沢和史さんが憎まれ役で登場してきたので、ちょっと笑ってしまいました。

もちろん、描かれた以上に、当時も激しい議論の展開になったのでしょうが・・・。

そうそう簡単な結論には至れなかったでしょう。

今回はあくまでドラマですから・・・。

 

宮沢和史 を検索

 

 

今回の展開を、当時ニュースで知ったような気もしますが、映画「南極物語」(1983年)の影響が大きいでしょうね。

放送が終わったら、“@nifty瞬!ワード”で「南極物語」がトップになっていました。

取り残された犬たちのこと、宗谷のこと、知りたくなった人が大勢いたのでしょうね。

 

それにしても、このドラマは全何話なんでしょう?

ここへ来ての速い展開に驚いています。

後半は犬たちを残した後悔を延々と描く、などとはならないでしょうね。

「南極物語」は大ヒットしましたが、高倉健さんたちが犬の飼い主たちにお詫びにまわるシーンを批判していた映画評論家がいたことを思い出しました。

確か感傷的過ぎるとの意見でしたが・・・。

私は好きでしたけど・・・。

 

↑ヴァンゲリスの音楽を耳にすると、いまだに感動します。

 

 

越冬隊員の一人一人のエピソードなどは、星野(香川照之)の感謝の言葉だけで終わりそうですね。

私の予想はことごとく外れてしまっています。

後半は、頭を空っぽにして観ていきます。

南極の景色とか、頑張る宗谷とか、楽しみどころはたくさんあるでしょうし・・・。

 

↑ 著者の平山善吉さんは第1次~3次の南極観測隊員でした。

 

 

大きな夕日をバックにしての、倉持と犬たちとの別れのシーン・・・

ベタな映像かもしれませんけど、綺麗でした。

ヘリから俯瞰で映す昭和基地と犬たちのシーンは、倉持の不安を映していましたね。

観ている側はその後の事実を知っているわけで、よけいにその心情が伝わってきました。

 

下がり続けていた視聴率が回復したようですね。

せっかく頑張って作った作品ですから、大勢の人に観てもらいたいものです。

 

<これまでの感想>  第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

                                    日曜劇場「南極大陸」公式サイト

 

TBS系 日曜劇場「南極大陸」オリジナル・サウンドトラック

木村拓哉 を検索

 

 

« 福岡ソフトバンクホークス、日本シリーズ優勝 | トップページ | 立川談志師匠の訃報を聞いて »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon