旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

土曜ドラマスペシャル「蝶々さん」

あとで読む[あとで読む]

 

土曜ドラマスペシャル「蝶々さん」          NHK総合
                                        11月19日 前編「誇りの代償」
                                        11月26日 後編「遠いアメリカ」

 

蝶々さん」と言えば、オペラの「蝶々夫人マダム・バタフライ)」ですよね。

詳しくは知りませんが、そのままのストーリーだったらキツイなあと思ったんですが・・・

宮崎あおいさんが演じるということで、興味を持って観てしまいました。

 

脚本が市川森一さんということでの興味もありました。

お蝶が武士の娘という設定は新鮮でした。

と思ったら、こちらが知らないだけで、オペラそのままなんですね。

ラスト、誇りのために刀で死ぬシーンも・・・。

英語を学んでアメリカへ行く夢を持っていたのはどうなんでしょう?

このあたりは宮崎さんに似合っていて、共感できましたが・・・。

 

前編ではフランクリンとの関わりもなく、不幸の中でも誇りを持って毅然として生きる女性が描かれていて、意外にすんなり観続けることが出来ました。

後編は、オペラそのままという気がしましたね。

オープニングとラストに、野田秀樹さんと川平慈英さんが登場して、なるほどと思わせたのが面白かったですが・・・。

 

宮崎あおい を検索

 

 

続きを読む "土曜ドラマスペシャル「蝶々さん」" »

「南極大陸」第7話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第7話
                                                     TBS  11月27日放送

 

【送料無料】南極越冬隊タロジロの真実

南極越冬隊タロジロの真実

 

事実として知っているので、覚悟はしていても、取り残された犬たちのシーンが多いのは辛いですね。

倉持(木村拓哉)を中心に、越冬隊員たちの苦悩が伝わってきましたが・・・

振り返ってみると、遭難事件の活躍以外に犬たちの活躍が描かれてきましたか?

感動しながらも、隊員たち全員の思い入れが突然のような気がしたのは、そのあたりが省略された感じがするからでしょうね。

 

苦悩する倉持役の木村さんはもちろんですが、今回目立ったのは白崎役の柴田恭兵さんですね。

土下座すると思ったら、本当に土下座しました。

こんなに愚直なまでに誠実で、人の間に立って苦悩する役が似合う俳優さんもいないなあ、とつくづく思ってしまいました。

ドラマ「ハゲタカ」(2007年・NHK)の芝野役の印象が抜けないですね。

重ねて観てしまいました。

 

柴田恭兵 を検索

 

 

続きを読む "「南極大陸」第7話" »

西本幸雄元監督の訃報に 「おはよう日本」

あとで読む[あとで読む]

 

       パ・リーグを生きた男 悲運の闘将・西本幸雄

 

元プロ野球監督の西本幸雄さんが亡くなりましたね。

好きな監督でした。

西本監督が好きで、在任中は阪急と近鉄のファンになっていました。

 

いまだに、“人は、その生き方とか考え方とかが顔に出るもの”と単純に信じています。

そうなると、鏡に映る自分の顔にガッカリしますが・・・。

西本さんは、私が感じる、幾つになっても綺麗な(美醜のことではなく)顔の持ち主の一人でした。

8度の日本シリーズで1度も勝てなかったことから「悲運の闘将」とも呼ばれていて、その表情を何度も見てきたことも、大きかったかもしれません。

 

今朝の「おはよう日本」(NHK)では、病院のベッドの上で起き上がって語る映像が流れました。

晩年は病気と闘っていたということですから、最近の映像ではないのでしょうが、変わらない静かな闘志を感じましたし、それでいて清々しく柔らかい表情に何だかホッとしたものです。

 

 

 

続きを読む "西本幸雄元監督の訃報に 「おはよう日本」" »

「相棒season10」第6話“ラスト・ソング”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第6話“ラスト・ソング”
                                             テレビ朝日   11月23日放送

 

【送料無料】相棒 season 9 ブルーレイ BOX【Blu-ray】

相棒 season 9 ブルーレイ BOX【Blu-ray】

 

今回も“大物の接待回”と言われるのかもしれませんが・・・

ミス・アンルーリー(安城瑠里子)こと研ナオコさんの歌から始まりましたね。

ジャズの歌い方を知りませんが、もう少しインパクトがあったら、こちらも惹き込まれたのだろうなあ、と思ってしまいました。

研さん、歌は久しぶりだったんでしょうか?

もう少し歌い込んでから撮って欲しかったなあと思ったものです。

圧倒的な歌唱力を見せていれば、ラストへの効果が大きかったでしょうし・・・。

 

ただ、宛て書きしたみたいに、役は研さんに似合っていましたね。

右京(水谷豊)や神戸(及川光博)はもちろん、捜査一課の3人も振り回されていて面白かったです。

 

彼女に一蹴されて、狭い廊下で5人がチクチクしながらも仲良く共闘している姿が笑えました。

捜査一課の3人プラス米沢(六角精児)のパターンもありましたね。

場所が狭く限られていたせいで、普段と違う密接した感じが面白かったです。

仲が良いような悪いような、一人一人のリアクションがバラバラで、それぞれの微妙な空気がまた楽しかったです。

 

研ナオコ を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第6話“ラスト・ソング”" »

立川談志師匠の訃報を聞いて

あとで読む[あとで読む]

 

先ほど、落語家・立川談志師匠が亡くなったことを知って驚いています。

破天荒な生き方をして、晩年はずっと病気と戦っていたという印象がありましたね。

 

談志師匠と言えば、忘れられないことがあります。

昔聴いた落語の感動です。

季節は今頃、寒い時期でした。

外の物音ひとつ聞こえないお風呂の中・・・

持ち込んだラジオから聴こえてきたのが、談志師匠の「芝浜」でした。

 

 

 

続きを読む "立川談志師匠の訃報を聞いて" »

「南極大陸」第6話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第6話
                                                     TBS  11月20日放送

 

 

氷室(堺雅人)も犬塚(山本裕典)も無事で良かったです。

先週の予告編でミスリードされた感じでしたね。

5年前の遭難の件も、特に深い真実があったような描写も無く、こちらの早とちりだったようで、何となく拍子抜けしました。

 

この件があってか、1年という越冬生活のせいか、倉持(木村拓哉)と氷室の仲も完全に取り戻せたようですが・・・

入れ替わるように、第2次越冬隊長役の宮沢和史さんが憎まれ役で登場してきたので、ちょっと笑ってしまいました。

もちろん、描かれた以上に、当時も激しい議論の展開になったのでしょうが・・・。

そうそう簡単な結論には至れなかったでしょう。

今回はあくまでドラマですから・・・。

 

宮沢和史 を検索

 

 

続きを読む "「南極大陸」第6話" »

福岡ソフトバンクホークス、日本シリーズ優勝

あとで読む[あとで読む]

 

福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ優勝が決まりましたね。

珍しくプロ野球を、それも7日間もテレビやラジオで観聞きしていました。

気持ち的にはパ・リーグびいきですが、今は特に好きな球団も無く、あまり力を入れて観ていたわけではありません。

女子バレーと交互に観たりしていましたが・・・。

 

正直、観終わって、何だかサッカーを観ている気分がしましたね。

なかなか点が入らないので・・・。

それでも、優勝が決まって、秋山幸二監督の涙を見て感じるものがありました。

 

 

 

続きを読む "福岡ソフトバンクホークス、日本シリーズ優勝" »

映画「ファール・プレイ」のDVDが発売されていました。

あとで読む[あとで読む]

 

震災で被災後、最近やっと再開したレンタルビデオ店に行ってみました。

散歩がてらで、特に借りるつもりも無く、ですが・・・

何しろ、観ていないビデオやDVDをたくさん持っていて、ただ積んでいる状態なので・・・。

 

“ぜひ、お薦めしたい作品”というコーナーで、映画「ファール・プレイ」(1978年)を見つけてびっくりしました。

長いことDVD化されていなくて、ビデオも中古でしか手に入らないはずでしたから・・・。

身体的に特徴のある人(役も俳優も)をギャグに使ったからかもしれない、と発売されない理由を勝手に解釈していました。

そのあたりがクリアされたのか、それともこちらの考え過ぎだったのかどうかはわかりませんが、嬉しかったですね。

ひっそりという感じではありますが、この作品をちゃんと認めて、棚に並べてくれた人がいるということもですが・・・。

 

 

 

続きを読む "映画「ファール・プレイ」のDVDが発売されていました。" »

朝ドラ「カーネーション」世代交代

あとで読む[あとで読む]

 

 

永六輔さんの大腿骨頚部骨折のニュースにショックを受けて、いろいろ思うことがあったのですが・・・ 

今週の朝ドラ「カーネーション」で、似たような感慨を持ちましたね。

 

糸子(尾野真千子)が自宅の呉服店で洋裁の店を開きたいと、父親(小林薫)に訴えて、殴られます。

糸子は、そのまま神戸の祖父母の家へ・・・

神戸では、あんなに元気で頼りになった祖父母(宝田明十朱幸代)が見る影もなくなっています。

あの元気で華やかだった十朱幸代さんの姿に(役としても、女優としても)正直ショックでしたね。

 

十朱幸代 を検索

 

 

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」世代交代" »

永六輔さん、骨折入院のニュースに

あとで読む[あとで読む]

 

永六輔さんが大腿骨頸部骨折で入院したニュースに驚きました。

手術は無事に成功したようですね。

 

自宅で転倒したということでしたが、NHKのヒューマンドキュメンタリー「永六輔 戦いの夏」で、一人おぼつかない足取りで外出する姿を思い浮かべてしまいました。

安心できる分、意外に自宅の方が危険なのかもしれませんね。

 

永さん、パーキンソン病に前立腺がん、交通事故に骨折と、災難が続いています。

復帰までには1か月間かかるということですが、そんなに早く復帰できるものでしょうか?

骨折で動けない状況で起きる余病、特に寝たきりになるとか、最悪の事態を語る医者のコメントに暗澹たる思いがしました。

それでも、今日のラジオの生放送に出演するかもしれないとのことですから、経過は良いのでしょうね。

 

 

 

続きを読む "永六輔さん、骨折入院のニュースに" »

ちあきなおみさんを聴く「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

ラジオ深夜便」11月18日・午前3時台〔にっぽんの歌こころの歌〕
                                         歌謡スター・思い出のヒット:ちあき なおみ集

 

 

ちあきなおみさんの歌を久しぶりに聴きました。

途中の「夜へ急ぐ人」からでしたが・・・。

「夜へ急ぐ人」は初めて聴いたような気がしますが、友川かずきさんの作詞作曲なんですね。

それも、ちあきさんが偶然テレビを観ていて、頼もうと思ったのだとか・・・。

 

黄昏のビギン」などのソフトな歌い方とは又違った魅力のあるものでした。

歌の上手さは言うまでもないのですが、こんな歌を歌えた、自由な時代だったんだなと思ったものです。

個人的には、演歌系よりもこちらの方が好きですね。

「黄昏のビギン」が一番好きですが・・・。

 

 

 

続きを読む "ちあきなおみさんを聴く「ラジオ深夜便」" »

「相棒season10」第5話“消えた女”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第5話“消えた女”
                                             テレビ朝日   11月16日放送

 

 

本仮屋ユイカさんの笑顔から始まって、何だかホッとしましたね。

このところ重たい話の連続でしたから・・・。

それだって「相棒」の王道ではあるんですが、こちらのような内容もあっての「相棒」だと思いますからね。

 

やよい(本仮屋ユイカ)が出てくるからには、かかわりのあった亀山(寺脇康文)が出てくるのは当然なのですが、ほんの数秒でも実際に映った時には嬉しかったものです。

当時、寺脇さんの降板(卒業)についてはいろいろ言われていましたから・・・。

 

それにしても、楽しいシーンが結構ありました。

やよいの依頼に

神戸(及川光博)「そうは言っても、特命係は私立探偵じゃないんだから」

右京(水谷豊)「わかりました」

神戸「うん、そう言うと思った」

このセリフの絶妙のタイミング(まったく間が無かった)、神戸の表情に、声を出して笑ってしまいました。

 

水谷豊 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第5話“消えた女”" »

「ボクらの時代」宮藤官九郎&谷川俊太郎&箭内道彦さん

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“NO WORD,NO LIFE”   
                   出演:宮藤官九郎(脚本家) 谷川俊太郎(詩人)
                           箭内道彦(クリエイティブディレクター)      
                                                                     フジテレビ     11月13日放送

 

宮藤官九郎さん、谷川俊太郎さん、そして箭内道彦さんという、それぞれにクリエイティブな世界にいる人たちの鼎談でした。

以下、かなりの長文です。

興味深いトークだったこともありますが、こちらの年齢的なものなのか、まとめきれなくなってしまいました。

 

まず谷川さんへの、特に箭内さんの尊敬の気持ちが伝わってくるようなトークの入り方でしたね。

“会っているようで、会っていない感覚”などと、ちょっと上ずったりして・・・。

箭内さん、浪人時代に誰とも話をしないですむ日、谷川さんの「みみをすます」を声を出して読んでいたそうです。

 

箭内さん、詩を売れるか売れないかで作ることはあるか?と恐る恐る質問をしていましたが・・・

“もちろん。僕は金が大事。18歳の頃から生活を考えていたから・・・”

その答えに、谷川さんが一気に降りてきてくれたように感じたのではないでしょうか。

谷川さん、現在79歳。

毎日、詩作をしては書き直しているということにも共感を覚えたのかもしれません。

 

 

 

続きを読む "「ボクらの時代」宮藤官九郎&谷川俊太郎&箭内道彦さん" »

「南極大陸」第5話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第5話
                                                     TBS  11月13日放送

 

 

今回は倉持(木村拓哉)の夢、ボツンヌーテンを目指す話でした。

“ボツンヌーテン”を知らなかったので、しばらく聞き取りにくかったですね。

 

結局、反対していた氷室(堺雅人)も、犬塚(山本裕典)とともに同行するわけですが・・・。

その複雑な心境は、これまで何度も映像で出てきている、山での遭難事故が関わっているようですが、それが明らかになるのは来週のようですね。

映像が出てくるたびに、状況がわからないのは私だけかと思っていました。

 

ボツンヌーテンの登頂に成功するものブリザードにあったりして遭難してしまうわけですが・・・。

それにしても、ボツンヌーテンもそこから眺める景色も素晴らしかったですね。

あんな景色を観るために、このドラマを観ている感じがします。

実際の越冬隊員やこのドラマのスタッフ・出演者の大変さとは離れた所、暖かいコタツに入って観ているのは申し訳ない気はしますが・・・。

 

堺雅人 を検索

 

 

続きを読む "「南極大陸」第5話" »

「南極大陸」第4話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第4話
                                                     TBS  11月6日放送

 


南極越冬隊タロジロの真実  << 原案

 

オープニングまもなく、越冬隊員11人が並んで釣りをする背中にほのぼのとしてしまいました。

まるでペンギンみたいでしたから・・・。

実際は、食料を流されて隊員の間にも口論があったりして、深刻な状況になっていたのですが・・・。

星野(香川照之)の提案でそうなったのですが、相変わらず癒しの人物というか、良い味を出していますね。

だからこそ、南極憲法としての“一年間、誰も死なないこと”の重さ、その説得力が増します。

 

相変わらず犬の演技、今回はベックの演技が凄かったですね。

倉持(木村拓哉)を待って元気な姿を見せ、その後亡くなってしまうシーンは切なかったです。

 

SMAP20周年木村拓哉命の語録


木村拓哉 プレミアムボックス!【木村拓哉×HYS 特製コラボTシャツ付】

木村拓哉 を検索

 

 

続きを読む "「南極大陸」第4話" »

美空ひばり23回忌in東京ドーム「めざましどようび」

あとで読む[あとで読む]

 

めざましどようび」(フジテレビ)で、11日に行われた「美空ひばり23回忌in東京ドーム」コンサートの模様を観ました。

演歌からポップス、アイドルまで、とその豪華なメンバーに驚かされました。

さすがは美空ひばりさんだと思いましたね。

 

 

郷ひろみさん 真っ赤な太陽

氷川きよしさん 人生一路

ゆず悲しき口笛

EXILE愛燦燦

AKB48お祭りマンボ

 

映像で歌まで紹介されたのは以上だったと思いますが、その他にもたくさんの歌い手がいましたね。

ひばりさんの歌が、歌い手それぞれの個性に合わせて選ばれて、歌われていたのが感動的でした。

 

 

 

続きを読む "美空ひばり23回忌in東京ドーム「めざましどようび」" »

「爆報!THEフライデー」の田原俊彦さん

あとで読む[あとで読む]

 

たまたま観た「爆報!THEフライデー」(TBS)というテレビ番組に眼が止まりました。

田原俊彦さんが出演していたからですが・・・。

 

 

田原さん、50歳になっていたんですね。

赤い服で踊り歌う田原さん、昔と変わらない感じでした。

当時より歌が上手くなっている、と失礼にも思ってしまいましたが・・・。

世代が違うので、特にファンだったとかではありませんが、懐かしかったです。

ドラマ「教師びんびん物語」(1988年・フジテレビ)など楽しんで観ていましたから・・・。

梶芽衣子さんが格好良かったなあ、などとまで思い出したら、PART2のほうでしたね。

 

教師びんびん物語 DVD BOX

教師びんびん物語2 DVD BOX

 

 

続きを読む "「爆報!THEフライデー」の田原俊彦さん" »

100歳の詩人・柴田トヨさんの朗読 「ラジオ深夜便」

あとで読む[あとで読む]

 

数日前の明け方、「ラジオ深夜便」から聴いたことがあるような声が・・・

やはり、100歳の詩人・柴田トヨさんの声でした。

お元気そうで、何よりですね。

 

 

続きを読む "100歳の詩人・柴田トヨさんの朗読 「ラジオ深夜便」" »

佐藤健&三浦春馬さん 「めざましどようび」

あとで読む[あとで読む]

 

今朝の「めざましどようび」(フジテレビ)で、佐藤健さんと三浦春馬さんの映像を観かけました。

DVD「HT ~赤道の真下で、鍋をつつく~』 発売記念イベントの映像でしたね。

 

 

たまたま昨夜、佐藤健さんが出演した映画「BECK」(2010年)を観たところでした。

佐藤さん、大河ドラマ「龍馬伝」(2010年)の岡田以蔵役が素晴らしかったので、それ以来注目していました。

「BECK」は、若い俳優さんたちが勢ぞろいするということで興味を持って観たものです。

観たのは、最初のほうだけでしたが・・・。

 

 

続きを読む "佐藤健&三浦春馬さん 「めざましどようび」" »

「相棒season10」第4話“ライフライン”

あとで読む[あとで読む]

「相棒season10」第4話“ライフライン”
                                             テレビ朝日   11月9日放送

 


相棒 season 9 ブルーレイ BOX【Blu-ray】

 

反響を呼んだ“ボーダーライン”(season9・第8話)と同じような系列の内容、と事前に知っていましたが・・・

本当に重たかったですね。

season10になってからの重たい話の連続は、正直、どうしたんだろう「相棒」は?と思ってしまいました。

ひたすら暗く重い内容は、このご時勢には辛くて、作る側にどんな意図があるのだろう?とも・・・。

もともと、刑事物に明るさなどを求めてもいけないのでしょうが・・・。

 

このままだと、下がっている視聴率がますます下がっていくような気がします。

視聴率自体はかまわないのですが、そのことで「相棒」テイストが変わってしまわないかと心配です。

これも「相棒」の立派なジャンルのひとつ(メイン?)ではあるんですが、時期的に集中して出てくるのはキツイですね。

 

ゲストのほとんどが、こちらの知らない俳優さんばかりだったことが、よけいに現実感がありました。

闇金の男の言動など、知らない世界だからこそか、恐怖感を味わいゾッとしましたね。

 

相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック

 

 

続きを読む "「相棒season10」第4話“ライフライン”" »

ドラマ「晴れ着、ここ一番」を思い出しました。

あとで読む[あとで読む]

 

今朝の「にじいろジーン」(フジテレビ)をぼんやり観ていたんですが・・・

ぐっさん(山口智充)のコーナーで、彼を渡辺満里奈さんが代官山に案内していました。

最後に、満里奈さんが行きつけの手芸店が紹介されました。

そこで、二人は子どもさんのために手提げ袋を作るのですが・・・。

 

注目したのは、その店の佇まいでしたね。

マンションか何かの階段と、金網のフェンスの端、その空間1メートルぐらいを通り抜けて入ります。

代官山と言えば、高級住宅街という印象があるんですが、そこはまるで別空間のような可愛らしい店でした。

つい、連想したのがNHKで放送されたドラマ「晴れ着、ここ一番」(2000年)でしたね。

 

 


晴れ着、ここ一番 DVD BOX

 

 

続きを読む "ドラマ「晴れ着、ここ一番」を思い出しました。" »

シルヴィ・ギエム、被災地で“ボレロ”を踊る

あとで読む[あとで読む]

 

シルヴィ・ギエムというバレエダンサーを初めて知りました。

昨夜の「ニュースウォッチ9」(NHK)で、いわき市(福島)で踊る彼女を紹介していましたね。

100年に一人出るか出ないか、と言われているダンサーのようです。

 


美と神秘のプリマ シルヴィ・ギエム

 

 

46歳と思えないほど若々しく、美しかったですね。

ふと引退した草刈民代さんを思い出して、調べてみたら同じ年齢でした。

最初、男性と見違えたほど筋肉質で、当然かもしれませんが毅然としていて、普段バレエに関心が無いのに、惹き込まれて観てしまいました。

 

16歳で初めての海外公演、それが日本でのことだったようです。

被災地で踊るのが義務と感じたと・・・。

 


マルグリットとアルマン【椿姫】

 

 

続きを読む "シルヴィ・ギエム、被災地で“ボレロ”を踊る" »

「相棒season10」第3話“晩夏”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第3話“晩夏”
                                             テレビ朝日   11月2日放送

 


相棒 season 9 ブルーレイ BOX【Blu-ray】

 

今回のゲストは、三田佳子さん。

やはり、大物ゲストの接待回と言われるんでしょうか。

さすがに着物の立ち姿、座り姿が綺麗でしたね。

これまで、わりと快活な役ばかり印象に残っていますが、余命が無い役ということもあって、その儚げな様子が良かったです。

映像も綺麗でしたし・・・。

 

彼女をずっと愛し続けてきた浅沼役に、地味ながら実力のある俳優さんを持ってきたのは良かったですね。

三田さんにつり合うような大物を起用していたら、まったく雰囲気の違ったドラマになっていた気がします。

短歌の会の仲間で弁護士役で登場した田口計さん、懐かしかったです。

「相棒」は、このあたりのキャストの選択が素晴らしいですね。

 

夏の、それも彼女にとっての最後の静かな夏の終わりの映像が素敵でした。

右京(水谷豊)と浅沼が向き合って話をしている間に、すだれが半分下りて、緑の庭・・・

高塔(三田)が浅沼を待って、化粧をし正装をして一人静かに座っている部屋の薄暗さ・・・など、小津安二郎監督の作品を連想させられました。

 

別れぬ理由


Wの悲劇 デジタル・リマスター版

三田佳子 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第3話“晩夏”" »

朝ドラ「カーネーション」國村隼&佐藤直紀さん

あとで読む[あとで読む]

 

カーネーション

 

毎日、朝ドラ「カーネーション」を楽しんでいます。

 

百貨店の支配人役で國村隼さんが登場しました。

同じ朝ドラ「芋たこなんきん」(2006、7年)とは又違った役ですね。

コミカル感、それでいて重みもあり、その存在感に圧倒されて、眼が離せません。

 

たくさんの作品に出演している國村さんですが、國村さんが出演するだけでドラマに厚みが出るような気がします。

ぜひ、「相棒」(テレビ朝日)に「相棒 劇場版Ⅱ」の役(警視庁副総監兼警務部長)で出演して欲しいのですが・・・

岸部一徳さん(官房長)の後を埋められるのは、國村さんしかいないと思っていますから・・・。

でも、大河ドラマ「平清盛」(2012年)に出演が決まっているんですね。

それでも、ぜひお願いしたいところです。

 

萌の朱雀  << 出演:國村隼・尾野真千子


相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜ー <通常版>

國村隼 を検索

 

 

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」國村隼&佐藤直紀さん" »

「南極大陸」第3話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第3話
                                                     TBS  10月30日放送

 


南極越冬隊タロジロの真実  << 原案

 

オープニングから、氷を砕いて進む宗谷の姿が観られてワクワクしました。

真正面から撮影した宗谷は、まるで巨大な生き物のように見えましたね。

映画「レイズ・ザ・タイタニック」(1980年)の浮上シーンを思い出して、感動してしまいました。

 

「レイズ・ザ・タイタニック」では、タイタニックがまるで巨大な生き物が息を吹き返したように、吠えるようにして、圧倒的な迫力で海上に姿を現します。

このシーンだけ、繰り返し観ては感動していましたけど・・・。

興味のある方は、こちらの記事をどうぞ。 ⇒ NO.50-1 映画「レイズ・ザ・タイタニック」

 

宗谷は、今回は越冬隊員を置いて日本に戻りますけど、いずれドラマの中では大きな重要な位置をしめるのでしょうね。

史実どおりであれば、ですが・・・。

 

奇跡の船「宗谷」新装版

 

続きを読む "「南極大陸」第3話" »

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon