旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「相棒season10」第3話“晩夏” | トップページ | ドラマ「晴れ着、ここ一番」を思い出しました。 »

シルヴィ・ギエム、被災地で“ボレロ”を踊る

あとで読む[あとで読む]

 

シルヴィ・ギエムというバレエダンサーを初めて知りました。

昨夜の「ニュースウォッチ9」(NHK)で、いわき市(福島)で踊る彼女を紹介していましたね。

100年に一人出るか出ないか、と言われているダンサーのようです。

 


美と神秘のプリマ シルヴィ・ギエム

 

 

46歳と思えないほど若々しく、美しかったですね。

ふと引退した草刈民代さんを思い出して、調べてみたら同じ年齢でした。

最初、男性と見違えたほど筋肉質で、当然かもしれませんが毅然としていて、普段バレエに関心が無いのに、惹き込まれて観てしまいました。

 

16歳で初めての海外公演、それが日本でのことだったようです。

被災地で踊るのが義務と感じたと・・・。

 


マルグリットとアルマン【椿姫】

 

 

踊ったのは、ラベルの“ボレロ”でした。

すでに踊ることを止めていたものを、被災地に必要と考えて踊ったのだとか・・・。

エネルギーのあるこの作品を踊ることで、被災者に困難に立ち向かう勇気を持って欲しい、と語っていました。

 

彼女の踊る姿に、映画「愛と哀しみのボレロ」(1981年)を重ねていました。

ラストシーン、苦難の歴史を乗り越えてパリに集まった人々の前で“ボレロ”を踊るジョルジュ・ドン・・・

静かに始まって、しだいに盛り上がり、最後は圧倒的に人生の歓喜をも表現したようなシーンでしたね。

当時、映画館の最前席で、女子高校生たちが肩を寄せ合って、ケラケラ笑っていたことを今だに覚えています。

もっと年を重ねないとわからない感覚だったのかもしれません。

 

男性バレエダンサーは、なぜか早く亡くなる人が多い印象を受けます。

ジョルジュ・ドンもアレクサンダー・ゴドノフ(「刑事ジョン・ブック/目撃者」1985年)も40代半ばで亡くなっているんですよね。

 

愛と哀しみのボレロ [DVD]
愛と哀しみのボレロ [DVD]

刑事ジョン・ブック 目撃者 スペシャル・コレクターズ・エディ [DVD]
刑事ジョン・ブック 目撃者 スペシャル・コレクターズ・エディ [DVD]

 

 

「愛と哀しみのボレロ」も「刑事ジョン・ブック/目撃者」も、又観たくなりました。

バレエ音痴のこちらをも引き寄せる、圧倒的な踊りを見せてくれたシルヴィ・ギエムのおかげですね。

 

エヴィダンシア

シルヴィ・ギエム
を検索

 

 

« 「相棒season10」第3話“晩夏” | トップページ | ドラマ「晴れ着、ここ一番」を思い出しました。 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon