旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

「いきなり!黄金伝説 6時間SP」を楽しみました。

あとで読む[あとで読む]

 

昨日の「いきなり!黄金伝説 6時間スペシャル」(テレビ朝日)を観ました。

この番組は好きでよく観ているほうですが、今回はレギュラーのほかに女優さんたちが参加するという新しい試みでしたね。

女優の鈴木砂羽さんが出演するということで、特に注目して観ました。

さすがに6時間を通してということは出来ませんでしたが・・・。

 

 

砂羽さん、余裕でプロだなあと思わせられましたね。

カメラの前なので演技かもしれませんが、イメージどおりにさっぱりとしてオトコマエの感じが素敵でした。

以前出演していた「相棒」(テレビ朝日)の役・美和子そのままに見えて、笑えましたが・・・。

砂羽さんだけでも、「相棒」に戻ってくれないでしょうか。

そう言えば、大河ドラマ「」の役の扮装で、宣伝用のミニ番組でコントをしていましたが、あれもハジけていましたね。

 

 

 

続きを読む "「いきなり!黄金伝説 6時間SP」を楽しみました。" »

朝ドラ「カーネーション」終戦(今年最後の放送)

あとで読む[あとで読む]

 

【送料無料】カーネーション
カーネーション

 

28日が朝ドラ「カーネーション」の今年最後の放送日でした。

ちょうど終戦の日を迎えたところでしたね。

出来れば、明るい未来が見えたところでお正月を迎えたかった気はしますが、ドラマの展開としてはちょうど良い区切りということなのでしょう。

 

このドラマ、戦時中の様子を時間を追って丁寧に描いていたのが印象的でした。

それでいて、ひとつひとつのシーンの展開が早いので、観ていても救われます。

糸子(尾野真千子)が夫・勝(駿河太郎)の戦死公報を受け取って、お骨を引き取ってくる、そしてお葬式の行列・・・すれ違う行列・・・。

切り替わりの早い映像ですが、それだけで、糸子の思いや当時の悪化していく状況が伝わってきますね。

 

余計な描写をしないで、尾野さんの演技にまかせた感じがあって、いつも以上に観入ってしまいました。

戦争による相次ぐ悲劇に思考が停止して、ただひたすら家族や従業員のために動いている糸子・・・

だんじりの前で泣けた糸子に思わず、“良かった”と思わせられました。

恒例のナレーションを、尾野さんのモノローグにしているのは効果がありますね。

 

外事警察

尾野真千子 を検索

 

 

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」終戦(今年最後の放送)" »

「99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~」再放送

あとで読む[あとで読む]

 

 

昨年11月に放送された「99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~」(TBS)が、今日明日の2日間再放送されます。

“東京国際ドラマアウォード2011グランプリ受賞記念”ということですが・・・。

 

橋田壽賀子さんのドラマが苦手だったのですが、SMAP草なぎ剛さん目当てで観たドラマでした。

でも、観て良かったですね。

アメリカロケでのスケールの大きな撮影、人間ドラマとしても感動しました。

 

今回の一挙放送、全部はとても観ることはできないと思いますが、またあの感動を味わいたいですね。

放送スケジュールは、以下のとおりです。

                          <前編> 26日(月)午後9:00~11:54 
                          <後編> 27日(火)午後6:30~11:34

 

<関連記事>

本放送時の感想  第1話 第2話 第3話 第4話 最終話  201011.4.~11.8.

草なぎ剛さんの涙「やじうまテレビ!」  2011.5.11.

 

                       「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」公式サイト

 

「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」 オリジナル・サウンドトラック

 

 

「全日本フィギュアスケート選手権」を観て

あとで読む[あとで読む]

 

昨日で「全日本フィギュアスケート選手権」(フジテレビで放送)が終わりましたね。

女子では、浅田真央選手が優勝しましたが・・・

個人的に注目していたのは、男子のほうでした。

 

男子は、華やかさとか話題性とかで比べられるのか、これまでは女子より冷遇されている印象がありました。

今回は、選手の充実振りに加えて華やかさも感じられて、良かったですね。

優勝した高橋大輔選手のスケーティング、特に後半のステップなどドキドキさせられます。

プロ的な見方では、4回転ジャンプなどへの挑戦が不可欠なのでしょうが、個人的、素人的には、それ抜きでも魅力的な見せ方のほうが好きですね。

荒川静香さんが2006年のトリノオリンピックで、高得点が見込めなかったらしいイナバウアーを取り入れたように、ですけど・・・。

それは、エキシビションで楽しめばいいとか言われそうですが・・・。

今晩7時からエキシビションの放送があるようです。

 

 

続きを読む "「全日本フィギュアスケート選手権」を観て" »

「ボクらの時代」山崎貴監督&香取慎吾さん&宮崎吾朗監督

あとで読む[あとで読む]

 

「ボクらの時代」“人気者の告白”   
           出演:山崎貴(映画監督) 香取慎吾(SMAP) 宮崎吾朗(ジブリ・映画監督)      
                                                                             フジテレビ    12月18日放送

 

SMAP香取慎吾さんを真ん中に、山崎貴監督と宮崎吾朗監督がそれを挟む形での鼎談でした。

香取さんは30代、両監督が40代ですが、意外なほど物静かだった香取さんにはオーラがありましたね。

何より、肩書きが“SMAP”であることに、特別さを感じました。

 

香取さんと山崎監督は、最新作「フレンズ もののけ島のナキ」の監督と声優としての関係ですが、「ジュブナイル」(2000年)からの付き合いのようです。

宮崎監督の出演は、香取さんが“日本一のジブリファン”ということからなのでしょうか?

香取さん、毎日のように家では環境ビデオ代わりにジブリの作品を流しているとのこと。

それもスロー再生で・・・。

SMAPとして常に仕事のことを考えているので、そうじゃない時は“ジブリ”とのことでした。

 

アニメ好きで、アニメの実写化に出演することが多い香取さん・・・

自分でも無茶だと思いながらも、自分でと乞われれば受けるけど、違うと言われることにも一番賛同できると笑いながら語っています。

 

SPACE BATTLESHIP ヤマト」(2010年)を監督した山崎監督も、香取さんに同意していました。

喜んでくれる人がいる一方で、“死ねっ!”とか過激な批判をされることもあることに・・・

“ですよねぇ”と思うことがある、とやはり笑いながら語っています。

山崎監督は、「ジュブナイル」撮影当時も、香取さんに“いつかヤマトを”と熱く語っていたようです。

 

香取慎吾 を検索

 

 

続きを読む "「ボクらの時代」山崎貴監督&香取慎吾さん&宮崎吾朗監督" »

「南極大陸」最終話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」最終話
                                                     TBS  12月18日放送

 

【送料無料】南極越冬隊タロジロの真実

南極越冬隊タロジロの真実

 

とうとう最終話でした。

クライマックスの、倉持(木村拓哉)とタロジロの対面シーンはさすがに泣けました。

太陽をバックに一匹の犬、それが二匹になって、と素敵なシーンでした。

タロジロが倉持に向かって走ってくるシーン・・・

無理でも、ここはヴァンゲリスの音楽が流れて欲しかったと思ってしまいましたが・・・。

 

犬たちは演技を頑張っていましたね。

ここまで出演シーンが多く、丁寧に撮りすぎたために、逆に感動が少し薄れた感じがします。

史実を知っている人にとっては、どのように描かれるかという方に興味が行きがちですから、難しいものだとは思います。

 

【送料無料】南極大陸 DVD-BOX

南極大陸 DVD-BOX

【送料無料】TBS系 日曜劇場「南極大陸」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 日曜劇場「南極大陸」オリジナル・サウンドトラック

南極大陸 を検索

 

 

続きを読む "「南極大陸」最終話" »

朝ドラ「カーネーション」和解と万歳

あとで読む[あとで読む]

 

 

朝ドラ「カーネーション」を毎日観ています。

昨日今日と感動シーンが続きました。

 

以前、糸子(尾野真千子)が勘助(尾上寛之)に良かれと思ってしたことが逆効果になり、結局安岡家と絶縁状態になっていましたね。

あの時、逆切れをしてしまう糸子に、恨み言を言いに来た母・玉枝(濱田マリ)やそれを謝りに来た義姉・八重子(田丸麻紀)に同情したものでした。

特に、優しい八重子は糸子の勢いに驚いていましたね。

あの後、八重子は姑や勘助に気を遣う日々だったことが想像できたものです。

 

昨日は、八重子の夫・泰蔵(須賀貴匡)が出征することになって、八重子がモンペ教室へ・・・

八重子の必死の頼みに、理由を聞かずに、定員オーバーでも受け入れてくれた糸子でした。

糸子と八重子、その和解のシーンに泣けました。

二人っきりにしてくれた縫い子が“グッジョブ”という感じですね。

この縫い子さん、知らない女優さんですが、面白くて印象に残ります。

 

外事警察

尾野真千子 を検索

 

 

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」和解と万歳" »

「相棒season10」第9話“あすなろの唄”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第9話“あるなろの唄”
                                             テレビ朝日   12月14日放送

 

相棒 シナリオ傑作選2
相棒 シナリオ傑作選2

 

今回は、ほとんど「刑事コロンボ」方式のようでしたね。

ゲストの利重剛さん、出ずっぱり感がありました。

これが個性的な俳優さんだと鬱陶しくなるところですが・・・。

利重さんは気になる俳優さん(映画監督でもあります)の一人です。

 

利重剛 を検索

 

 

右京(水谷豊)がやたら独走している感じがしました。

もともと細かいことが気になり、自分が思うがままに、という人ではありますが・・・。

事件の匂いに張り切るあまりという感じで、現場に駆けつけてきた神戸(及川光博)に嫌味を言ったりして・・・

神戸の方が慣れてしまって、一方的なギスギス感ではありましたが、この感じは久しぶりでしたね。

 

それでも、二人の間はかなり息が合っているということのようです。

栗田(利重剛)と会話しながら、亡くなった高松教授が持っていた名刺の束をやりとりするシーン、その息の合い方に笑ってしまいました。

神戸が、刑事部長(片桐竜次)から叱られる役回りを、軽く引き継ぐシーンもありました。

ラスト、右京の“グッジョブ”とばかりに指を立てるシーンもありましたし・・・。

 

水谷豊 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第9話“あすなろの唄”" »

「相棒」コラボパンを昼食に

あとで読む[あとで読む]

 

相棒」コラボパンを、やっと手に入れました。

ヤマザキパンとのコラボ商品で、1日に発売されたことは知っていたのですが・・・

これまで、スーパーやコンビニで注意していても、なかなか見つけられませんでしたね。

 

2ちゃんねるの「相棒」スレでも、見つけられなくて苦戦している人の書き込みがあって、よけいに気になっていました。

きょう、ヨークベニマルでは、山積みになっていて、値引き価格でしたけど・・・。

 

aibopan1    aibopan2

 

 

続きを読む "「相棒」コラボパンを昼食に" »

「刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~」再放送

あとで読む[あとで読む]

 

 

刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~」の再放送(東日本放送)をたまたま眼にしたもので・・・

結局、最後(今日は、第一部)まで観てしまいました。

このドラマは、2009年にテレビ朝日の開局50周年記念ドラマスペシャルとして放送されたものです。

 

今観ても重厚に作りこまれていて、惹き込まれてしまいましたね。

渡辺謙さんが平塚八兵衛役で、圧倒的な存在感を見せています。

時には粗暴な態度を見せ、人情味も見せる“落としの八兵衛”役を熱演しています。

イメージを裏切る、凄い俳優さんだと改めて思わせられました。

 

塀の中の中学校

渡辺謙 を検索

 

 

続きを読む "「刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~」再放送" »

「南極大陸」第9話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第9話
                                                     TBS  12月11日放送

 

【送料無料】南極越冬隊タロジロの真実

南極越冬隊タロジロの真実

 

倉持(木村拓哉)が第三次越冬隊に参加できるまでの過程に、1時間ちょっとをかけていましたね。

その間に、南極では犬たちが一匹一匹死んでいくシーンが挟まれて・・・。

観ていて切ないものだから、逆に、犬って他の犬のために餌を獲ってきたりするのかとか、助け合ったりするのかとか、考えたりしましたね。

詳しい事実はわからないわけで、あくまでも創作ですが、演技させている感がありました。

そう感じることで、こちらも観続けるためのバランスをとっているわけです。

それでも、犬たちの哀しげな表情、特に目の表現には参りましたが・・・。

 

白崎(柴田恭兵)の尽力で星野(香川照之)の参加が認められて、その代わりに倉持が参加できることになるわけですが・・・

代わりを許されたことが、ちょっと不思議な気がしました。

氷室(堺雅人)の力が大きく働いたことは間違いないのでしょうが・・・。

 

南極大陸 を検索

 

 

続きを読む "「南極大陸」第9話" »

「相棒season10」第8話“フォーカス”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第8話“フォーカス”
                                             テレビ朝日   12月7日放送

 

【送料無料】相棒 season 9 ブルーレイ BOX【Blu-ray】

相棒 season 9 ブルーレイ BOX【Blu-ray】

 

オープニングでの通り魔のシーンに驚きました。

今、現実に通り魔事件のニュースが流れています。

それも一人の犯行なのか別の事件なのか、わからないまま、実際に動いている事件・・・

こんなシーンを流してよかったんだろうか、と思ってしまいました。

 

サブタイトルの“フォーカス”が重要だった回でしたね。

被害者の心情が時間を追ってわかっていくという・・・

真実を追究するために、相変わらずしつこい、細かなことが気になる右京(水谷豊)ならではの事件解決でした。

神戸(及川光博)が最初は被害者に対する嫌悪感があり、事件を追うことで最後は真実を知るわけですが、どの時点からだったのかちょっと気になりました。

それにしても、神戸の死体が苦手(血が苦手?)という設定は有名なところですが、あからさま過ぎて笑ってしまいました。

 

水谷豊 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第8話“フォーカス”" »

朝ドラ「カーネーション」糸子の強さ

あとで読む[あとで読む]

 

 

朝ドラ「カーネーション」(NHK)を毎日観ています。

あまりこのブログで書かないので、気が乗らないのかと思われるかもしれませんが・・・

逆ですね。

安心できる出演者、奥行きのある映像、そしてテンポの良い演出など・・・

最近の朝ドラには珍しく、興味深く、気合を入れて観ています。

だから、逆に感想が書けないような気がしています。

 

それでも、昨日今日と驚きましたね。

これほどヒロインの嫌な部分が描かれたのは珍しいのではないでしょうか?

単にこちらが嫌な感じを持っただけかもしれませんが・・・。

 

昨日の髪結いの玉枝(濱田マリ)とのシーン

戦地から戻って人が変わったようになった勘助(尾上寛之)のために、糸子(尾野真千子)が良かれと思ってしたことだけれども・・・

玉枝の言うことが、いちいち理解できましたね。

例え、妬みなどの気持ちが入っていたとしても、ですが・・・。

“人はそんなに強くないこと、勝っているばかりではないこと”

全面的に共感できるのは、歳のせいでしょうか。

人はみんな同じではないわけで、傷つきやすいし・・・

いつも前向きで、元気に突っ走る糸子には、そのあたりの配慮が欠けているように思えたものですが・・・。

 

濱田マリ を検索

 

 

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」糸子の強さ" »

「南極大陸」第8話

あとで読む[あとで読む]

 

日曜劇場「南極大陸」第8話
                                                     TBS  12月4日放送

 

【送料無料】南極越冬隊タロジロの真実

南極越冬隊タロジロの真実

 

予想以上に、南極に残された犬たちのシーンが多かったですね。

南極の景色が素敵と思っていても、さすがにこれには参りました。

犬たちがそれぞれに自然な演技?をしているので、よけいに・・・。

さすがに、割れ目に落ちかけている犬をもう一匹が鎖で助けるのは、ちょっと行き過ぎている気がしましたが・・・。

 

映画「南極物語」(1983年)の時もそうでしたが、南極の景色とは真反対な北海道の緑が眼にまぶしかったですね。

明るい日差しの緑の中、犬の飼い主にお詫びをして回る倉持(木村拓哉)の姿が、いっそう鮮明な印象を与えます。

倉持なりのけじめの付け方が自己満足と思われても仕方が無いですけど・・・。

 

【送料無料】木村拓哉 プレミアムボックス!【木村拓哉×HYS 特製コラボTシャツ付】

木村拓哉 プレミアムボックス!【木村拓哉×HYS 特製コラボTシャツ付】

木村拓哉 を検索

 

 

続きを読む "「南極大陸」第8話" »

「あさイチ」由紀さおり特集

あとで読む[あとで読む]

 

今、「あさイチ」(NHK)で由紀さおりさんの特集をしていました。

由紀さおりさんのアルバム「1969」が世界的にヒットしているということで、「夜明けのスキャット」を聴く機会が多くなりましたね。

 

 

 

よく、曲を聴くとその頃のことを思い出す、と言われていますが、私の場合ほとんどそういうことが無いのですが・・・

この「夜明けのスキャット」だけは特別です。

 

東日本大震災の被災地・気仙沼市の大島には亀山という小高い山があります。

昔、途中のロープウェイや頂上から、四方に広がる海を眺めている時に流れてきたのがこの曲でした。

何かを探していた、若い頃の思い出です。

今回、大島も大変な被害を受けていて、あの亀山が今どうなっているのかわかりません。

曲を聴くたびに懐かしく、そして複雑な思いをしています。

 

 

 

続きを読む "「あさイチ」由紀さおり特集" »

「相棒season10」第7話“すみれ色の研究”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第7話“すみれ色の研究”
                                             テレビ朝日   11月30日放送

 

【送料無料】相棒 season 9 ブルーレイ BOX【Blu-ray】

相棒 season 9 ブルーレイ BOX【Blu-ray】

 

今回は、右京(水谷豊)と神戸(及川光博)は別行動でしたが・・・

久しぶりのギスギス感に驚きましたね。

右京の大学時代の友人(柴俊夫)の研究所でのシーンですが・・・。

 

まあ、脚本家が違えばこういうこともあるかも、とは思いましたが・・・

さすがに、神戸の“性格に多少問題があっても・・・”のセリフや、挙句に右京を殴ってしまう展開には変だとは思いました。

それでも、その直前のシーン、特命部屋での険悪な空気は普通じゃなかったですよね。

その後で打ち合わせをしたということでしょうが・・・。

 

二人の小芝居と言えば、“招かれざる客”(season9・第12話)がありますが・・・

あれはもうバレバレの演技でした。

今回も、水谷さんの右京とは違う目つきとか、小馬鹿にした笑いとかがありましたけど・・・。

 

【送料無料】熱中時代 DVD-BOX

熱中時代 DVD-BOX

水谷豊 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第7話“すみれ色の研究”" »

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon