旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

「平清盛」第4回“殿上の闇討ち”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「平清盛」第4回“殿上の闇討ち”
                                                NHK総合   1月29日放送

 

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

オープニングが、いつもの源頼朝(岡田将生)登場ではなくて、なぜかホッとしました。

その分、ナレーションには慣れましたが・・・。

 

流鏑馬や、璋子(檀れい)や堀河局(りょう)たちの歌合せでの的確な意見を言えるなど、文武に優れた佐藤義清(藤木直人)・・・

不遇な立場にある源氏そして父・源為義(小日向文世)に熱い思いをぶつける源義朝(玉木宏)・・・

北面の武士になった清盛(松山ケンイチ)ですが、彼らのような大人の素養も思いも無く・・・という感じですね。

弟・家盛(大東駿介)さえ、小さい頃から気遣いのある子で、その後もしっかり成長しているんですが・・・。

清盛のガサツさとか、無教養さとかはどこまで描かれるのでしょうか。

ただ甘い子供のようで、苦悩する青年という感じがしないですから・・・。

 

藤木直人 を検索

 

 

鳥羽上皇(三上博史)と藤原忠実(國村隼)との、忠盛(中井貴一)を殿上人にしたことでの対立シーンは恐ろしかったですね。

怪物は白河法皇(伊東四朗)だけではなかったわけで、三上さんと國村さんが二人ともに涙目になっているのが又恐ろしいシーンでした。

 

三上博史 を検索

 

 

続きを読む "「平清盛」第4回“殿上の闇討ち”" »

「相棒season10」第13話“藍よりも青し”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第13話“藍よりも青し”
                                             テレビ朝日   1月25日放送

 

【送料無料】相棒シナリオ傑作選(2)
相棒シナリオ傑作選(2)

 

右京(水谷豊)と神戸(及川光博)がレストランで食事、という珍しいオープニングでした。

チーズとハムの交換でちょっとしたくすぐりがあって、楽しい展開になりそうでワクワクしたんですが・・・

終わってみたら、何だかあまり印象に残らない回になっていました。

せっかく、梶芽衣子さんの出演を楽しみにしていたんですが、ね。

 

導入部でひとつの事件が解決して、その後に本筋の事件へというパターンは多いですね。

今回は、鑑識の米沢(六角精児)が忙しさのあまり右京に、ついでに角田課長(山西惇)にも切れるという珍しいシーンがありました。

組対五課の二人にも珍しくセリフがあったりと、最初は楽しかったんですが・・・。

 

梶芽衣子 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第13話“藍よりも青し”" »

ダルビッシュ有投手の退団会見

あとで読む[あとで読む]

 

ダルビッシュ有投手の退団会見の映像を観ました。

昨日、日本ハムの本拠地・札幌ドームで、ファンを前にして行われたものです。

 

テキサス・レンジャーズの入団会見では、気負いの無い、自然体な姿が印象的でした。

大リーグへ挑戦した思いを聞かれ、“日本に帰ってから話したい”と答えていたのが、更に印象に残りましたね。

 

どちらの会見の映像もたまたま観たのですが・・・

何だか、とても清々しい気持ちになりました。

スポーツ界でも、芸能界でも、信念と実力があれば、このように真正面から心情を語れるんですね。

そんな時代でもあるのでしょうが・・・。

 

ダルビッシュ有の変化球バイブル
ダルビッシュ有の変化球バイブル (B・B MOOK 623 スポーツシリーズ NO. 496)

 

 

続きを読む "ダルビッシュ有投手の退団会見" »

「平清盛」第3回“源平の御曹司”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「平清盛」第3回“源平の御曹司”
                                                NHK総合   1月22日放送

 

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

オープニングが源頼朝(岡田将生)のシーンから始まるのは決まりになったようですね。

毎回、最初に平清盛(松山ケンイチ)は凄い人!と言われてもねぇ、と思わないでもないですが・・・。

 

今回の清盛は何歳ぐらいの設定なのでしょうか?

父・忠盛(中井貴一)はもちろん、家来たち、母(和久井映見)に弟・平次(元服して家盛・大東駿介)や鱸丸(上川隆也)さえ、終始大人な対応を見せているので、一人だけ清盛の子供っぽさが浮き立ちますね。

出生についての悩みを抱えながら、一生そこから逃れられないのだろうことはわかりますが・・・。

いつの間にか元服して名前が変わっていた源義朝(玉木宏)が又たくましく大人になっていて、競べ馬は清盛の完敗でした。

このまま清盛の未熟さの繰り返しが続くと、いっそう誇りっぽさが目立つ映像とともに視聴者に飽きられるのではないかと、ちょっと心配になったりしたものです。

 

玉木宏 を検索

 

 

続きを読む "「平清盛」第3回“源平の御曹司”" »

朝ドラ「カーネーション」新しきもの

あとで読む[あとで読む]

 

【送料無料】カーネーション
カーネーション

連続テレビ小説 カーネーション Part2

 

朝ドラ「カーネーション」(NHK)を欠かさず観ています。

長丁場のドラマは、たいてい途中からパワーダウンするものですが、この番組は違いますね。

戦後の新しい幕開けとお正月明けの放送が上手く重なって、明るいほうへと、ヒロイン・糸子(尾野真千子)がパワーアップしていて気持ちがいいです。

 

バイタリティー溢れて突き進んでいる糸子ですが、周防(綾野剛)のことだけは別ですね。

とたんに映像の流れがゆっくりとなり、まだるっこく感じたりしたものです。

時代が時代だし、事情が事情ですけども・・・。

観ていて、こういう展開が苦手なので、今日の告白でホッとしました。

とにかく話は動くわけですから・・・。

この先どういうことになるのかわかりませんが、糸子には立ち止まらず常に前へという姿勢で行ってほしいところです。

 

外事警察

尾野真千子 を検索

 

 

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」新しきもの" »

「SONGS」沢田研二 ザ・タイガースを歌う

あとで読む[あとで読む]

 

「SONGS」沢田研二 ザ・タイガースを歌う
                                      NHK総合テレビ   1月18日放送

 

グループ・サウンズ全盛時代のザ・タイガースの人気の凄さを知っています。

こちらは、ジャッキー吉川とブルーコメッツのファンでしたが・・・。

昔の映像など懐かしく観ましたが、たった4年の活動だったんですね。

もっと長く感じたのは、沢田研二さんのソロ時代がまた凄かったからかもしれません。

 

ドラムの瞳みのるさんが、解散後に高校教師になった時には驚いたものでした。

何でも自由な今とは違って、相当の決意と勇気が要ったと思いますね。

まさか今、その瞳さんの姿を観られ、演奏を聴けるなんて・・・

時代が変わったんだなあ、としみじみしてしまいました。

メンバーとは長い間音信不通だった瞳さん・・・

「SONGS」(2008年)で沢田さんが歌った「Long Good-by」が、再活動のきっかけであることを語っていました。

 

 

 

続きを読む "「SONGS」沢田研二 ザ・タイガースを歌う" »

「相棒season10」第12話“つきすぎている女”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第12話“つきすぎている女”
                                             テレビ朝日   1月18日放送

 

【送料無料】相棒シナリオ傑作選(2)
相棒シナリオ傑作選(2)

 

今回は、殺人事件が起きない、シリーズの中でも珍しい回でした。

結論から言えば、月本幸子(鈴木杏樹)がたまき(益戸育江)の後釜になる話でしたね。

そのために、1時間弱を使ったような気がしないでもないです。

 

長いシリーズでも初めてと思える、ストレスを受けたらしい右京(水谷豊)のスランプ・・・

神戸(及川光博)は、最後まで、いつもと変わらないと言ってましたが・・・一般人とちょうど同じ位になったという意味でしょうが・・・

いつもと違う、スランプに陥った右京を演じる水谷さんは、やはり凄いですね。

 

それも、ラストの花の里に向けてのエピソードのひとつに過ぎなかったようです。

確かに食生活が充実していないと、精神的に不安定にはなるのでしょうが・・・

ファンの間では、花の里が閉店して以来、右京はどこで食事をしているのかと話題になっていましたから、これで解決というわけです。

何より、事件の合間や解決後に、本人たちはもちろんのこと、視聴者もホッとするシーンとして、花の里は必要でしたからね。

 

水谷豊 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第12話“つきすぎている女”" »

「めざましテレビ」染谷将太さん

あとで読む[あとで読む]

 

今朝の「めざましテレビ」(フジテレビ)“愛子のあいたいyou”のゲストは、俳優の染谷将太さんでした。

昨年、映画「ヒミズ」で、二階堂ふみさんと共に、ヴェネツィア国際映画祭・最優秀新人賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)を受賞しましたね。

ちょっと前から注目していた俳優さんでした。

と言っても、ドラマ「10年先も君に恋して」(2010年・NHK)や「塀の中の中学校」(2010年・TBS)からですが・・・。

 

「ヒミズ」の園子温監督がVTR出演をして、染谷さんを45歳位と評していました。

50歳の監督と、話が合うということでしょうね。

その証拠が、皆藤愛子さんと行ったレンタルショップでの様子でした。

 

 

 

続きを読む "「めざましテレビ」染谷将太さん" »

「平清盛」第2回“無頼の高平太”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「平清盛」第2回“無頼の高平太”
                                                NHK総合   1月15日放送

 

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

今回も楽しんで観られました。

初回の視聴率が低かったことが話題になっていますね。

やはり汚いイメージが響いたんでしょうか?

平清盛がどちらかというと悪役というイメージがあるからでしょうか?

私など、名前だけは知っているものの、人となりはもちろん歴史的なこともほとんど知らないので、その分興味津々で観ていられますが・・・。

 

オープニングが源頼朝(岡田将生)のシーンから始まるのはパターンなのでしょうかね。

第2回にして、松山ケンイチさんの登場です。

無頼で、汚れている姿は、又視聴者に引かれてしまうかなとちょっと心配ではありますが・・・。

それでも、時々“えっ”とか“はい”とかのセリフが、ちょっと素に感じたり、現代的に響いてホッとしたりしました。

 

続々初登場の俳優さんたちにワクワクしました。

鱸丸役上川隆也さんも、かなり汚くてわかりませんでしたね。

清盛と、仕掛けた落とし穴に落ちた高階通憲役・阿部サダヲさんとのシーン・・・

阿部さんの、重いことを言ってるんですが、軽いセリフ回しが好きでしたね。

阿部さんに初めて注目してしまいました。

 

阿部サダヲ を検索

 

 

続きを読む "「平清盛」第2回“無頼の高平太”" »

「あさイチ」原田知世さん

あとで読む[あとで読む]

 

今朝の「あさイチ」(NHK)のプレミアム・トークのゲストは、女優の原田知世さん。

映画「時をかける少女」(1983年)でデビューしたのが15歳、現在は44歳とのこと。

キュートで、今も変わらない透明感は奇跡とも思えます。

先日、「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演したフランスの女優ソフィー・マルソーさんと、まったく同じ感じですね。

 

角川映画のオーディションで特別賞を受賞したのがデビューのきっかけですが、真田広之さんのファンで相手役に応募していたことは初めて知りました。

トークの合間に、大林宣彦監督がたびたびVTR出演をしています。

まるで可愛い娘の思い出を語るように、当時のエピソードを紹介してくれました。

ラストシーンの「愛なの?」のセリフが、食べた豚汁が出そうでなかなか言えないので、夜中に一人縄跳びをしていたという原田さん・・・

その一生懸命な光景が目に見えるようで、微笑ましかったですね。

 

 

 

続きを読む "「あさイチ」原田知世さん" »

「相棒season10」第11話“名探偵再登場”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第11話“名探偵再登場”
                                             テレビ朝日   1月11日放送

 

【送料無料】相棒シナリオ傑作選(2)
相棒シナリオ傑作選(2)

 

高橋克実さんが演じるマーロウ矢木の再登場でしたね。

前回の、season5第10話“名探偵登場”以来です。

フィリップ・マーロウを気取り、どこか抜けて見えるのに実は・・・という役でした。

ファンの間では人気が高い人物で、再登場の希望が多かったものです。

 

高橋克実 を検索

 

 

その矢木が、捜査一課の3人に聴取されているという、意外なオープニングでワクワクしました。

事件現場では、元日スペシャルで撃たれた芹沢(山中崇史)が元気に復帰するシーンもありましたし・・・。

ずっと後のシーンでも、神戸(及川光博)が“怪我、治ったんだ”と軽く声がけしたりして、細かにちゃんと繋げていたのが、何とも良かったですね。

 

右京(水谷豊)が遅刻した神戸に、矢木を押し付けるかたちで出来上がった、神戸と矢木のコンビは面白かったです。

神戸は、女性や子供、そして陣川(原田龍二)や今回の矢木のような人間を相手にすると、振り回されながらも、個性が発揮されますよね。

 

及川光博ワンマンショーツアー2011「大人の恋。」

及川光博 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第11話“名探偵再登場”" »

「徹子の部屋」ソフィー・マルソーさん

あとで読む[あとで読む]

 

フランスの女優・ソフィー・マルソーさんが、今日の「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演していました。

ラ・ブーム」(1980年)で、13歳でデビューした時と変わらない容貌に驚いてしまいました。

もちろん、大人の女性になって、より美しくなっていますが・・・。

現在は45歳で、9歳と16歳の子供さんがいるとのこと。

 

ラ・ブーム Perfect BOX

 

スキンケアを大切に考えているとかで、自然なメイクが素敵でしたし、髪は前髪を切って、自然にストレートなのが若さを醸し出していました。

服装も大人のカジュアルという感じでしょうか、普段着のように楽に着こなしている感じが又素敵で・・・。

何より、話をするたびにクルクルよく動く目の表情が、若々しさと大人の女性の余裕と、両方の魅力を感じさせていました。

おしゃれ関係が苦手なので、表現が難しいですが、とても自然な雰囲気が素敵でしたね。

 

 

 

続きを読む "「徹子の部屋」ソフィー・マルソーさん" »

「SMAP×SMAP」俳優・女優トークSP

あとで読む[あとで読む]

 

「SMAP×SMAP」人気俳優・女優が大集合!!
国民が聞きたいドラマのぶっちゃけ質問に全部答えちゃいますSP

                                                                  フジテレビ   9日放送

 

主役級の俳優さんたちが大勢出演すると知って、観てみました。

番組改変期には様々な番宣スペシャルがありますが、最近は趣向を凝らしていますね。

前回に、タモリさんの家に各ドラマ出演者が集まってパーティをするという企画がありました。

俳優さんたちの素顔が垣間見えて、評判が良かったようですね。

そちらを観ていなかったので、こちらの新趣向(たぶん)に興味を持ったわけです。

 

和やかで楽しいトークを楽しめました。

ある程度の年齢の人ばかりというのがポイントでしょうね。

中居正広さんのMCぶりはさすがでした。

簡単にやっていそうに見えますが、先日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で、本番前に一人集中する姿がありましたから、プレッシャーが無かったわけはありませんね。

 

詳細はこちらでどうぞ。 ⇒ 「プロフェショナル 仕事の流儀」SMAPスペシャル

 

稲垣吾郎さんは、最近イメージを裏切った“SMAPで一番のおしゃべり”を実証したかたちでした。

“師匠”とまで呼ばれていましたが・・・。

SMAPのメンバーが、タイミングよく自然に口を挟んではトークを上手く回転させて、楽しくしている雰囲気が感じられました。

 

 

 

続きを読む "「SMAP×SMAP」俳優・女優トークSP" »

「平清盛」第1回“ふたりの父”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「平清盛」第1回“ふたりの父”
                                                NHK総合   1月8日放送

 

 

CM無しの75分、一気に観られましたね。

次々と見せ場がやってくるし、ダイナミックなシーンもあって、もちろん豪華な出演者ということもあって、久しぶりに大河ドラマを楽しみました。

脚本が、「ちりとてちん」(2007、8年)の藤本有紀さんなので期待も大きかったですが・・・。

 

これまでに、頻繁に流されたスポットやミニ番組で観ていた限りは、ちょっと汚れがひどくて大丈夫かと思ったりしたものです。

オープニングも、容赦なく荒々しいシーンが続いて、途中で挫折しかかりました。

それほどに、当時の武士の地位は低かったのだと、勉強になりましたけど・・・。

武士の社会が確立する以前の話で、知らないことばかりで、新鮮な気分で観ることができました。

この混沌とした時代を目にすると、江戸時代の描かれ方がいかに様式美になっているかがわかりますね。

 

NHK大河ドラマ≪平清盛≫サウンドトラック

平清盛 NHK を検索

 

 

続きを読む "「平清盛」第1回“ふたりの父”" »

「さんタク」柴田恭兵さんの“ハゲタカ”復帰シーン

あとで読む[あとで読む]

 

ちょっと前になりますが・・・

元日に、明石家さんまさんと木村拓哉さんの「さんタク」(フジテレビ)を観ました。

 

“復活”がテーマで、取り上げられたエピソードのひとつが柴田恭兵さんに関するものでした。

柴田さんは、NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」(2007年)の撮影中に肺がんが見つかり、手術をしています。

「ハゲタカ」スタッフは、代役を立てるか、回復を待つか、検討の結果、柴田さんの復帰を待つことになりました。

そして、柴田さんは4ヵ月後に奇跡的な復活をしています。

 

このエピソードは、「ハゲタカ」ファンなのでよく知っていました。

おかげで、久しぶりに「ハゲタカ」のシーンを観ることが出来たのが、嬉しかったですね。

DVDはもちろん、本放送、再放送のたびに録画したビデオ4セットまで、いまだに持っているんですけども・・・。

 

 

 

続きを読む "「さんタク」柴田恭兵さんの“ハゲタカ”復帰シーン" »

「鈴子の恋」の美山加恋さん

あとで読む[あとで読む]

 

今日から始まった「鈴子の恋」(フジテレビ系)を、チラッとですが観てみました。

昼のこの時間帯のドラマは観たことが無かったのですが、美山加恋ちゃんが出演すると知ってのことですが・・・。

 

久しぶりに見た加恋ちゃんに、びっくりしましたね。

ちゃん付けで呼ぶには申し訳ないくらい大きく、大人になっていました。

一瞬、星野真里さんかと思ったほどです。

 

草なぎ剛さんの娘を演じた「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年・フジテレビ)の時は8歳だったんですね。

そして、現在15歳、大きいわけです。

 


僕と彼女と彼女の生きる道 DVD-BOX〈5枚組〉

 

 

続きを読む "「鈴子の恋」の美山加恋さん" »

萩本欽一さん、「欽どこ」回想

あとで読む[あとで読む]

 

中居正広の怪しい噂の集まる図書館 新春スペシャル」(テレビ朝日)を観ました。

この番組は初めてですが、萩本欽一さんが「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(1976~1986年・テレビ朝日)を語ると聞いていましたから・・・。

 

 

萩本さん(欽ちゃんと呼ぶのは恥ずかしいので)のお笑いは、いつも優しさが感じられるから好きでしたね。

当時、「欽どこ」がある水曜日の夜、個人的にはなぜか辛いことが多くて、悩みながら笑っていた印象があります。

萩本さんの、いつも観ている人を傷つけないような配慮、楽しさを提供しようとしている姿勢は、本人自身が傷つきやすい人なんだろう、と今更に思っています。

 

高部知子さんの喫煙事件を受けての生放送は、微かに覚えている程度でした。

だから、今回の放送での、戸惑いを隠せない誠実な萩本さんの態度に改めて好感を持ちましたね。

それにしても、何とも素朴とも見えるあのお笑いの世界は、気持ちよく楽しかったですね。

 

 

 

続きを読む "萩本欽一さん、「欽どこ」回想" »

「相棒season10」第10話元日スペシャル“ピエロ”

あとで読む[あとで読む]

 

穏やかで希望に満ちた年となりますように
祈りを込めて・・・
思いを込めて・・・
新年のご挨拶を申し上げます。
皆様にとって、より良い一年でありますよう
心からお祈り申し上げます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「相棒season10」第10話元日スペシャル“ピエロ”
                                             テレビ朝日   1月1日放送

 

 

久しぶりの「相棒」、それもスペシャル・・・

これもまた「相棒」らしい「相棒」で、正月気分で楽しめました。

 

始まってすぐは、これで2時間半も持つのだろうかと思ったものです。

寝台特急カシオペア殺人事件!”(season6・第10話)や“特命係、西へ!”(season8・第10話)のような謎解きとは違っていましたから・・・。

どちらかと言えば、“バベルの塔”(season5・第11話)のようなジャンルですか?

 

心配は要らなかったですね。

やはりひねりが効いていて、最後までダレないで観られました。

 

神戸(及川光博)が子どもたちの誘拐事件に巻き込まれてしまって、どのようにして右京(水谷豊)とコンタクトを取って事件を解決するか、というわけですが・・・

神戸が、女性や子どもと関わり合う話は、ファンの間では評判がいいんですよね。

右京と別行動をとることで、存在感が出てくるということもあるようですし・・・。

 

及川光博ワンマンショーツアー2011「大人の恋。」

及川光博 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第10話元日スペシャル“ピエロ”" »

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon