旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「相棒season10」第12話“つきすぎている女” | トップページ | 朝ドラ「カーネーション」新しきもの »

「SONGS」沢田研二 ザ・タイガースを歌う

あとで読む[あとで読む]

 

「SONGS」沢田研二 ザ・タイガースを歌う
                                      NHK総合テレビ   1月18日放送

 

グループ・サウンズ全盛時代のザ・タイガースの人気の凄さを知っています。

こちらは、ジャッキー吉川とブルーコメッツのファンでしたが・・・。

昔の映像など懐かしく観ましたが、たった4年の活動だったんですね。

もっと長く感じたのは、沢田研二さんのソロ時代がまた凄かったからかもしれません。

 

ドラムの瞳みのるさんが、解散後に高校教師になった時には驚いたものでした。

何でも自由な今とは違って、相当の決意と勇気が要ったと思いますね。

まさか今、その瞳さんの姿を観られ、演奏を聴けるなんて・・・

時代が変わったんだなあ、としみじみしてしまいました。

メンバーとは長い間音信不通だった瞳さん・・・

「SONGS」(2008年)で沢田さんが歌った「Long Good-by」が、再活動のきっかけであることを語っていました。

 

 

 

沢田研二さん、岸部一徳さん、森本太郎さん、そして瞳みのるさん・・・

ザ・タイガース時代、そしてこれからのことなど、4人でのトークがありました。

その中に、加橋かつみさんがいなかったのが残念でしたね。

でも、今後も働きかけて、活動をしていくようなことを語っていましたから、期待できるのかもしれません。

岸部四郎さんは体調的に無理なようですね。

 

 

 

昔の映像と歌が流されましたが、今の方が音楽的(音的?)にはずっと素晴らしいと思いましたね。

素人のこちらが言うのも何ですが・・・。

60代の今、容姿の衰えは自然なことで、それを超えるエネルギーや充実感が伝わってきました。

正直、トークの時よりも、歌って演奏している時が素敵でしたね。

 

録画してまで観たのは、「相棒」(テレビ朝日)の官房長こと岸部一徳さん目当てでした。

一部で言われた(あくまで一部で)、「相棒」を降りてまで選んだザ・タイガースのコンサート・・・その様子を観たかったのです。

無理とわかっていても(亡くなった設定なので)戻って欲しい一徳さんですが、何とも楽しそうでしたね。

ちょっと嬉しかったです。

 

<歌唱・演奏曲>

僕のマリー(1967年)
モナリザの微笑(1967年)
君だけに愛を(1968年)
青い鳥(1968年)
誓いの明日(1970年)

 

 

ザ・タイガース を検索

 

 

« 「相棒season10」第12話“つきすぎている女” | トップページ | 朝ドラ「カーネーション」新しきもの »

音楽」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon