旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 萩本欽一さん、「欽どこ」回想 | トップページ | 「さんタク」柴田恭兵さんの“ハゲタカ”復帰シーン »

「鈴子の恋」の美山加恋さん

あとで読む[あとで読む]

 

今日から始まった「鈴子の恋」(フジテレビ系)を、チラッとですが観てみました。

昼のこの時間帯のドラマは観たことが無かったのですが、美山加恋ちゃんが出演すると知ってのことですが・・・。

 

久しぶりに見た加恋ちゃんに、びっくりしましたね。

ちゃん付けで呼ぶには申し訳ないくらい大きく、大人になっていました。

一瞬、星野真里さんかと思ったほどです。

 

草なぎ剛さんの娘を演じた「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年・フジテレビ)の時は8歳だったんですね。

そして、現在15歳、大きいわけです。

 


僕と彼女と彼女の生きる道 DVD-BOX〈5枚組〉

 

 

「僕と彼女と彼女の生きる道」の凛ちゃんは可愛かったですね。

このドラマでは、印象的なシーンが多かったのですが、中でも好きなシーンがありました。

 

仕事中心で家庭のことに無関心だった徹郎(草なぎ)が、突然妻(りょう)から離婚を切り出され家を出て行かれる。

戸惑う徹郎は、凛ちゃんを妻の実家に預けようとする。

その前に、父親らしく、どこか後ろめたさもあって、凛ちゃんと寒々とした冬の動物園へ・・・

最初は気まずい二人も、ペンキ塗りたてのベンチに腰掛けてしまい、思わず笑い合う。

帰り道、凛ちゃんの風船が空へ舞い上がってしまう。

高く舞い上がる風船をいつまでも見上げる二人・・・。

何とも切なくて、忘れられないシーンでした。

もちろん、徹郎は凛ちゃんと暮すことになりますが・・・。

 

あやかし神楽 [DVD]
あやかし神楽 [DVD]

美山加恋 を検索

 

 

こんなに大きくなった加恋さんなのに、このドラマではヒロインの幼少期だけの出演のようですね。

この時間帯はドロドロした昼ドラという印象がありましたけど、加恋さん主演ということで、違ったジャンルになるのかと思ったものです。

ミヤコ蝶々さんの人生が描かれていくようです。

それにしても、片岡鶴太郎さんとか浅野ゆう子さんとか、豪華な出演者ですね。

 

子役から大人の女優になるのは難しいとよく言われています。

加恋さんには頑張ってほしいですね。

 

                       「鈴子の恋」公式サイト

 

 

 

 

« 萩本欽一さん、「欽どこ」回想 | トップページ | 「さんタク」柴田恭兵さんの“ハゲタカ”復帰シーン »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon