旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「相棒season10」第15話“アンテナ” | トップページ | 「相棒season10」第16話“宣誓” »

「平清盛」第6回“西海の海賊王”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「平清盛」第6回“西海の海賊王”
                                                NHK総合   2月12日放送

 

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

今回は、海賊との戦いや船の中のシーンが多かったですね。

本当にむさくるしい画面で、また“汚い”という批判が出てくるのではないかと冷や冷やして観ていました。

個人的には、このドラマも「龍馬伝」(2010年)の映像と似ていて好きですけど・・・。

 

埃はコンスターチを利用しているとか聞くと、スタッフの苦心のほどを感じますね。

今回も、清盛(松山ケンイチ)が海賊船に向けて小舟を出そうとした時に、櫂の先の方をアップにした奥行きのある撮影に、思わず“おおっ”とか声が出そうになりました。

あくまで個人的な楽しみ方ですが・・・。

 

海賊との団体戦?にしても、個人戦(清盛VS兎丸)にしても、なかなか迫力があって楽しめたのですが・・・

本当は戦いシーンは苦手で、特に矢が駄目で、まともには観ていませんでした。

 

 

 

清盛対兎丸(加藤浩次)は、お互いに恨みがあっての対決ですが・・・

自分の出生の秘密を知らされたことに対する清盛の恨み辛みは、もうひとつ響かなかったですね。

敵も味方も注目する中での一騎打ちで、感動のシーンなのでしょうが・・・。 

 

いつも清盛を否定していた叔父の忠正(豊原功補)が捉えられていた清盛を救ったし、その叔父を含めて、父・忠盛(中井貴一)ら大勢に見守られての対決であり、本音を思いっきり吐き出したシーンでした。

これですっきりして、これからは成長した清盛が見られるのでしょうか。

 

兎丸役の加藤浩次さん、お笑いタレントや司会者としては知っていましたが、俳優としては初めて観ました。

松山さんを相手に、互角に渡り合って大奮闘でしたね。

とても大きく見えました。

 

加藤浩次 を検索

 

 

宋へ行きたいと海賊船(唐船)に乗り込もうとして、清盛と一緒に捉えられてしまった高階通憲(阿部サダヲ)ですが・・・

やはりこの人というか、阿部さんが出てくるとホッとしますね。

軽くて、でもすべてを見通していて、彼のところだけ空気が違うのが癒しになります。

 

阿部サダヲ を検索

 

 

田中麗奈さん(由良姫)と深田恭子さん(時子)が初登場ですね。

どちらも、現代風な口調なので、ちょっと違和感がありましたが・・・。

去年の「江~姫たちの戦国~」では、上野樹里さん演じる江が、行列をする明智光秀(だったか?)に向かって叫ぶシーンで、挫折してしまいました。

今回もドキッとしたのですが、まったく史実を知らない分だけ展開が楽しみ・・・ということで観続けられそうです。

 

 

<これまでの感想>

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回

                   大河ドラマ「平清盛」公式サイト

 

【送料無料】うさぎドロップ

うさぎドロップ

松山ケンイチ を検索

 

【送料無料】平清盛(1)

平清盛(1)

【送料無料】NHK大河ドラマ 平清盛 オリジナル・サウンドトラック

NHK大河ドラマ 平清盛 オリジナル・サウンドトラック

平清盛 NHK を検索

 

 

« 「相棒season10」第15話“アンテナ” | トップページ | 「相棒season10」第16話“宣誓” »

大河ドラマ「平清盛」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon