旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

「平清盛」第12回“宿命の再会”

あとで読む[あとで読む]

大河ドラマ「平清盛」第12回“宿命の再会”    
                                 NHK総合 3月25日放送   
   
 

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)    
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
 

 
“宿命の再会”とは、もちろん平清盛(松山ケンイチ)と源義朝(玉木宏)の再会のことですが・・・   
それにしても、義朝も清盛同様に荒々しくなっていて、似た者同士に見えてきましたね。   
 
二人の再会が霞むほどに、ほかのエピソードがありすぎて、どこを観て良いやらという感じの回でした。   
高階通憲(阿部サダヲ)はいつの間にか出家して“信西”になっているし、   
あんなに憎まれ役だった得子(松雪泰子)は、病に倒れた待賢門院璋子(檀れい)に情を見せるし、   
鳥羽院(三上博史)は狂乱して、思い出の水仙を探すように命令するし・・・。   
 
武士が出世できないことにいら立っていた清盛よりも、水仙を持ち帰った義朝のほうが、一段上だったのはこれまでと変わりませんでしたね。   
どんなに朝廷のために働いても、上に取り立ててもらえない平氏に対して、源氏がその立場であったらと考えると同じような目に合っていそうですが・・・。   
史実に詳しくないので、この後の展開に興味があります。   
知らないということは、結構楽しいものです。   
 
 
 

    
ただ、君を愛してる プレミアム・エディション    
    
玉木宏
を検索   

 

続きを読む "「平清盛」第12回“宿命の再会”" »

「最後から二番目の恋」また、いつかどこかで

あとで読む[あとで読む]

 

    
最後から二番目の恋

最後から二番目の恋 DVD-BOX
 

   
   
ドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ)の最終話も楽しかったですね。    
たいていのドラマは、最終話ひとつ前が面白さのピークと言われているようですが、これは本当に最後まで楽しかったです。    
   
   
いつもどおりの千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)。 
ヤンキーポイントにお地蔵さん顔、しばらく顔を合わせないように合意したはずがすぐ“会っちゃった”、とタイトル前から飛ばしに飛ばした掛け合いシーン・・・    
その後も、神社を後にしての千明のペンギン歩きシーンなど、怒涛のような二人の掛け合いに笑ってばかりいました。    
   
だからこそ、真平(坂口憲二)と知美(佐津川愛美)に、それぞれに別れを切り出した話をするシーンはしみじみとしていましたね。    
大人の分別を見せながら、自分を見つめ直し反省し、お互いに素直に気持ちを打ち明けていました。    
典子(飯島直子)夫婦のすったもんだが解決した後ということもありますが、何とも良い感じでした。    
“モテキ終了”でしたね。   
   
    
    
壬生義士伝   

中井貴一 を検索   

 

      
   

続きを読む "「最後から二番目の恋」また、いつかどこかで" »

「相棒season10」最終回スペシャル“罪と罰”

あとで読む[あとで読む] 

「相棒season10」最終回スペシャル“罪と罰”    
                                  テレビ朝日 3月21日放送

   

   

相棒(season 8 上)   
相棒(season 8 中)    
相棒(season 8 下)   
   

 

とうとう今シーズンの放送も終わりました。   
何より、神戸こと及川光博さんの卒業が寂しいですね。    
最初に言ってしまえば、良い終わり方でホッとしました。    
右京(水谷豊)が神戸を信じて、理解をしていたことが、よくわかる展開でしたから・・・。    
   
始まってしばらくは、嘉神母娘(真野響子浅見れいな)、息子で兄である被害者(窪塚俊介)のシーンが多かったような気がします。    
入れ替わっての殺害シーンが繰り返されたり、ましてクローンの話だったり・・・    
と、いつも以上に重たくて、正直挫折しかかりましたね。    
   
それが一変したのは、神戸が妊婦をさらったシーンからです。    
その前に、右京が母娘に推理を披露しているシーンで、中央奥にたたずむ神戸が印象的でした。    
一切セリフが無いのに、何かを考えていることがよく伝わってきましたね。    
神戸は女性や子供に優しい性格である上に、時には反発していても右京の信条を理解してもいましたし・・・。   
   
    
    
ヘアスタイル   
   
    
君の望む死に方   
   

 

続きを読む "「相棒season10」最終回スペシャル“罪と罰”" »

「アダモより愛をこめて」を聴く

あとで読む[あとで読む]

 

    
アダモ

 

昨夜は、久しぶりにラジオでアダモの「雪が降る」を聴きました。   
震災以来、常にテレビかラジオを点けっ放しでいます。    
耳鳴りをまぎらすために、一晩中ラジオを点けたままでいるのは、昔からですが・・・。    
   
「雪が降る」をリクエストした人のコメントが、“50年ぶりに・・・”とのことで、“まさか”と思ったものです。    
“そんな昔であるはずがない”と思って調べてみたら、本当に50年前(1963年発表)の曲で驚きました。    
   
思い出せば、私がアダモに夢中になったのはそのだいぶ後でした。    
それでも、もう40年近くにはなります。    
まだ東北新幹線が通っていなかった頃、夜行で東京のコンサートに行き、また夜行でとんぼ返りをしてそのまま職場へ・・・。    
今は、その情熱や体力が信じられないですね。    
   
   
   
    
アダモのすべて


 

続きを読む "「アダモより愛をこめて」を聴く" »

「平清盛」第11回“もののけの涙”

あとで読む[あとで読む]

大河ドラマ「平清盛」第11回“もののけの涙”    
                                 NHK総合 3月18日放送

 

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)    
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

今回は、女性陣というか女優陣というか、大活躍の回でしたね。 

自分が蒔いた種とはいえ、得子(松雪泰子)の陰謀で仏門に入ることになる待賢門院璋子(檀れい)。    
あくまで、璋子をかばう堀河局(りょう)。    
それにしても、得子は恐ろしいですね。    
崇徳帝(井浦新)をだまして、自分の子供(それも3歳)を天皇にしてしまうんですから・・・。    
松雪さんにしては珍しい役ですが、迫力を感じさせます。
   
   
   
    
daydream 

松雪泰子 を検索    
 

下々では・・・   
源義朝(玉木宏)を待つ由良姫(田中麗奈)が、例の傲慢な態度を一変させましたね。   
義朝の父・為義(小日向文世)に逆襲されて、とたんに素直に可愛らしさいっぱいになるのが笑えました。   
それだけ、義朝を恋しく想っているということですが・・・。   
それにしても、義朝も清盛に負けず、汚くなって無頼派になっていますね。 

 
   
   
ただ、君を愛してる プレミアム・エディション 

玉木宏
を検索      

続きを読む "「平清盛」第11回“もののけの涙”" »

朝ドラ「カーネーション」奈津、再登場

あとで読む[あとで読む]

 

 
カーネーション(2)

 

朝ドラ「カーネーション」の放送もあともう少しだから、ラストに向けてまとめに入っているなあ、などと最近はぼんやり観ていました。    
   
ブランドの立ち上げ発表会も相変わらず精力的にこなす糸子(夏木マリ)ですが・・・    
里香(小島藤子)も東京へ帰り、一人になって、亡くなった人たちの写真に向かってついしみじみと寂しさをかみしめるシーンが印象的でした。    
“寂しいのは、それだけ相手を好きなせいじゃないか。好きな人だらけで困る”とつぶやきますね。    
北村(ほっしゃん。)にだけは相変わらず悪態をついて、こちらをホッとさせましたが・・・。   
北村は良いポジションにいますよね、写真も・・・。    
   
   
 
    
aBUTTON VOL.7_言葉 小島藤子 

小島藤子 を検索    
 
 

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」奈津、再登場" »

「最後から二番目の恋」が楽しい

あとで読む[あとで読む]

ドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ)を、毎回楽しんでいます。    
面白すぎて、逆に感想が書けないほどですね。    
   
   

   
最後から二番目の恋   
 
 
 

昨夜も、千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)の酔っぱらってキスしたことからの“フユミって誰?”とか・・・    
母娘(美保純佐津川愛美)からモテモテのはずの和平が“踏み台”にされていた?とか・・・    
笑いどころがいっぱいでした。    
細かいことまで言うと、一条さん(織本順吉)のサーフィンボードを持った後ろ姿で、“まさか?”と思わせて、頼まれて持っていただけというフェイントなどもありましたね。    
   
   
それにしても、千明と和平の息の合った口げんかシーンを観ていると、小泉さんと中井さんの俳優としての凄さを感じます。    
特に中井さんは大河ドラマ「平清盛」の平忠盛役もありますし・・・。    
中井さんは、父親の佐田啓二さんを早くに亡くし、確か家計のために俳優の道へ進んだ(あくまで当時の噂です)と長い間信じていました。    
それだけに、このところの圧倒的な存在感には嬉しくてならないですね。    
軽い役も重い役も、持ち前の生真面目さでこなしていっている様子が素敵です。    
   
   
    
ステキな金縛り スタンダード・エディション 

中井貴一 を検索   

 
 

続きを読む "「最後から二番目の恋」が楽しい" »

「月刊MEN 大森南朋」

あとで読む[あとで読む]

   

雑誌の整理をしていたら、大森南朋さんが表紙の「NHKステラ」が出てきました。    
大河ドラマ「龍馬伝」(2010年)で武市半平太を演じていた頃のものです。    
懐かしくなって、読み直したりしました。    
   
最近は、めっきり大森さんの作品を観る機会がありませんでした。    
運命の人」(TBS)も、第1回で挫折してしまって・・・。

 

ついでにいろいろ調べてみたら、「月刊MEN 大森南朋」という雑誌が出ていたんですね。

 

【送料無料】月刊MEN 大森南朋

月刊MEN 大森南朋   

 

 

続きを読む "「月刊MEN 大森南朋」" »

朝ドラ「カーネーション」年をとる

あとで読む[あとで読む]

 

      

   
朝ドラ「カーネーション」は、糸子役が尾野真千子さんから夏木マリさんにバトンタッチされましたが、相変わらず観ています。    
最初は、一気に年をとったとはいえ、イメージが重ならなくて困りました。    
あのゆっくりした岸和田弁もですが・・・。    
でも、慣れましたね。    
尾野さんの顔が思い浮かべられなくなってしまって、ちょっと寂しいですが・・・。   
   
   
今朝の放送での、糸子の独白には参りました。    
年をとると、自分の思うようには出来なくなること、出来ることがひとつひとつ無くなっていくこと・・・    
そのふがいなさ、哀しさ、寂しさ・・・    
糸子のつぶやき一言一言に、“そうだね。そうだね。”とつい声が出てしまいました。   
   
    
   

 
夏木マリ を検索    

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」年をとる" »

「平清盛」第10回“義清散る”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「平清盛」第10回“義清散る”    
                                  NHK総合 3月11日放送

 

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)    
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

このところ、週替わりに主役登場するという感じですね。 

今回は、佐藤義清(藤木直人)でした。

 

正直、史実を知らないで観ているので、驚きの展開ですね。 

特に、今回は西行が誕生するエピソードですから・・・。

 

義清が待賢門院璋子(檀れい)の首を絞めたりしますが、璋子のためとか王家のためとか言いながら結局嫉妬だったり・・・ 

本人も“人を想う気持ち”とは、結局自分のためだったと語っていますが・・・。 

璋子がただの人形じゃなく、ひとりの女性、妻や母に変貌する感じはよかったですが・・・。

 

【送料無料】檀れい写真集 Ray

檀れい写真集 Ray 

檀れい を検索   

 

璋子と鳥羽上皇(三上博史)が“水仙”の描写で、今でもお互いを想い合っていることがわかるシーンの後・・・ 

藤原頼長(山本耕史)が上皇の前で義清を糾弾しようとしたときの、罪を問わない上皇の冷たい言葉に、二人はもう終わりかとこちらは(清盛も)思ったのですが・・・ 

義清に言わせると“逆に、愛しく思うから、自分を罰しない”との解釈なんですね。 

複雑すぎて、こちらはあっけにとられることが多い回でした。

 

【送料無料】冬の絵空

冬の絵空

藤木直人 を検索   

 

 

続きを読む "「平清盛」第10回“義清散る”" »

「相棒season10」第18話“守るべきもの”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第18話“守るべきもの”
                                             テレビ朝日   3月7日放送

 

相棒(season 8 中)
相棒(season 8 下)

 

今回は、落ち着いて地味な「相棒」らしい回だと思いました。

ゲストが、CMで知っているけど名前を知らなかった今井朋彦さん(研究者・泊役)に、名前は知っていたけど顔を知らなかった合田雅吏さん(元SP・土方役)・・・

その他の重要な関係者役もまったく知らない俳優さんばかりでした。

あくまで個人的な認識ですが・・・

その分、シリアスな感覚で、どこに着地点があるのだろうと、最後まで引っ張られて観てしまいましたね。

 

SPという仕事を詳しく知りませんが、合田さんはストイックなSP(警備員)のイメージにピッタリでした。

こんなふうに地味な(失礼ですが)俳優さんを揃えて、じっくり見せるのが「相棒」の魅力のひとつだと改めて思いましたね。

 

合田雅吏 を検索

 

 

土方が泊を守らずに逃げたのではないか?という疑問の答えに出てきた“銃衝撃音”・・・

右京(水谷豊)と神戸(及川光博)の説明に、へぇ~と思ってしまいました。

射程距離300メートルを超えた場合、“銃声<弾丸<銃衝撃音”ということですよね。

別に知らなくても良い知識でしょうが・・・。

 

水谷豊 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第18話“守るべきもの”" »

「平清盛」第9回“ふたりのはみだし者”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「平清盛」第9回“ふたりのはみだし者”
                                                NHK総合   3月4日放送

 

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

雅仁親王(後の後白河法皇)役の松田翔太さん、派手な登場でした。

こう次から次へと贔屓の俳優さんが登場してきて、個人的には楽しくて仕方が無いですね。

映像的にも気に入っていますし・・・。

低い視聴率と言われていますが、そうなると私などはかなりの少数派になりますね。

 

松田翔太 を検索

 

 

得子(松雪泰子)が鳥羽上皇(三上博史)の皇子を産んで、その誕生祝のシーンが圧巻でした。

王家から藤原摂関家、そして清盛(松山ケンイチ)や義清(藤木直人)まで一同に会して、それぞれの思惑が乱れ飛ぶシーンでした。

語らずとも、それぞれの立場での複雑な思いが表れていて、緊迫感に溢れていましたね。

 

松雪泰子 を検索

 

 

続きを読む "「平清盛」第9回“ふたりのはみだし者”" »

朝ドラ「カーネーション」この世の極楽

あとで読む[あとで読む]

 

 

朝ドラ「カーネーション」を毎日楽しみに観ています。

予感があったのですが、今日が糸子役の交代の日でしたね。

 

尾野真千子さん、ラストカットが充実した表情を丁寧に撮られて終わりました。

役柄そのままに強く元気に駆け抜けてきた感じがして良かったです。

夏木マリさん、尾野さんとはまったく違ったタイプに見えますから、大変でしょうね。

でも、期待しています。

 

だんじりの夜の、糸子と北村(ほっしゃん。)のシーンは良かったですね。

北村は、こちらが期待したとおり、糸子の良いパートナーで居続けたことが嬉しかったものです。

テレビの小さな画面ですから、ほとんど顔つき合わせる感じで、本音をぶつけ合うシーンが楽しかったですね。

 

ほっしゃん。 を検索

 

 

続きを読む "朝ドラ「カーネーション」この世の極楽" »

「相棒season10」第17話“陣川、父親になる”

あとで読む[あとで読む]

 

「相棒season10」第17話“陣川、父親になる”
                                             テレビ朝日   2月29日放送

 

 

久しぶりに陣川警部補(原田龍二)の登場でした。

美人に恋をするいつものパターンなのに、何だかテンションが低い気がしたのはこちらの気のせいでしょうか。

 

自殺と見られた事件は、右京(水谷豊)と神戸(及川光博)プラス?陣川の活躍で、殺人と明らかになりますが・・・

それは、偶然と思い違いで起きたものでした。

それが無いと、やはりドラマにはならないですけど、ちょっと気にはなりましたね。

第8話“フォーカス”に続いて、守口悠介さんの脚本でした。

それにしても、20代で「相棒」の脚本を手がけるなんてやはり凄いと思いますね。

 

三人で由香里(松本莉緒)のアパートを訪ねたシーン・・・

陣川と神戸の、妊婦の由香里に対する態度の違いに笑ってしまいました。

同じ優しさなのに、完全に恋する目線の陣川と、冷静に余裕で対応できる神戸・・・。

 

原田龍二 を検索

 

 

続きを読む "「相棒season10」第17話“陣川、父親になる”" »

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon