旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「月刊MEN 大森南朋」 | トップページ | 朝ドラ「カーネーション」奈津、再登場 »

「最後から二番目の恋」が楽しい

あとで読む[あとで読む]

ドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ)を、毎回楽しんでいます。    
面白すぎて、逆に感想が書けないほどですね。    
   
   

   
最後から二番目の恋   
 
 
 

昨夜も、千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)の酔っぱらってキスしたことからの“フユミって誰?”とか・・・    
母娘(美保純佐津川愛美)からモテモテのはずの和平が“踏み台”にされていた?とか・・・    
笑いどころがいっぱいでした。    
細かいことまで言うと、一条さん(織本順吉)のサーフィンボードを持った後ろ姿で、“まさか?”と思わせて、頼まれて持っていただけというフェイントなどもありましたね。    
   
   
それにしても、千明と和平の息の合った口げんかシーンを観ていると、小泉さんと中井さんの俳優としての凄さを感じます。    
特に中井さんは大河ドラマ「平清盛」の平忠盛役もありますし・・・。    
中井さんは、父親の佐田啓二さんを早くに亡くし、確か家計のために俳優の道へ進んだ(あくまで当時の噂です)と長い間信じていました。    
それだけに、このところの圧倒的な存在感には嬉しくてならないですね。    
軽い役も重い役も、持ち前の生真面目さでこなしていっている様子が素敵です。    
   
   
    
ステキな金縛り スタンダード・エディション 

中井貴一 を検索   

 
 

面白いばかりじゃないですね。    
千明の誕生日を祝うシーンで、和平が語る誕生日にお祝いすることの二つの意味・・・    
ひとつは、“あなたがこの世に誕生したこと”    
もうひとつは、“今あなたが元気で生きていること”    
そして、“ろうそくの数は、これまであなたが頑張ってきた証し”には参りました。    
   
正直、“もうひとつは・・・”の後には、一瞬、故淀川長治さんの言葉が出てくるのでは、と思ってしまいました。    
淀川さんはいつも“誕生日は、産んでくれた母親に感謝する日”と語っていたと言われています。    
このシーンには合わないですけどね。    
   
脚本が岡田惠和さん。    
無理な恋愛」(2008年・フジテレビ)は好きなドラマでした。    
岡田さん、「ちゅらさん」(2001年・NHK)などのように、楽しさの中にちょっとシリアスが入るのがお得意なのでしょうか。    
今回も真平(坂口憲二)の病気がありますね。    
真平が病院の検査をためらっているという回がありましたが、その気持ちがよくわかって切なかったです。    
祈るような気持ちで結果を待って、問題が無くても、また次の検査日におびえてしまう、その繰り返しですから・・・。    
このあたりは経験者なら胸に来る話なのです。    
   
   
    
無理な恋愛DVD-BOX 

岡田惠和 を検索      

   
鶴瓶の家族に乾杯再会編   

坂口憲二 を検索    
 

 
このドラマ、千明と女ともだちとの会話がリアルで、同世代の女性には身につまされるらしいですね。   
それより下の世代には大うけらしいですが・・・。   
とうに千明の世代を通り過ぎたこちらには、楽しくて仕方がないですね。   
結末への興味よりは、それぞれの会話が楽しいドラマなので、ずっと続けてほしいと思ってしまいます。   
来週が最終回です。   
なんだか、今から残念でなりません。 

                            
                                     「最後から二番目の恋」公式サイト
   
   
   

   
Kyon30 なんてったって30年!
    
小泉今日子
を検索    

 

« 「月刊MEN 大森南朋」 | トップページ | 朝ドラ「カーネーション」奈津、再登場 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon