旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」第3話 | トップページ | 斎藤明美著「高峰秀子との仕事1 初めての原稿依頼」を読む »

「ごきげんよう」の浅利陽介さん

あとで読む[あとで読む]

 

ごきげんよう」(フジテレビ)の今日のゲストは浅利陽介さん。    
オープニング・コーナーの“逢いたい人”で、チャップリンの名を挙げていました。    
若手俳優の中でも注目していた人ですが、途端に距離がずっと縮まった感じ(勝手にですが)がしましたね。    
   
アメリカでの公演の際に、ハリウッドのチャップリン・スタジオを訪ねて守衛さんに断られた話をしていましたが・・・    
それほどファンなのにも驚きましたが、あの若さでアメリカ公演に参加していたのにも驚きました。    
   
チャップリンの作品をたくさん観ていて、一番好きなのが「黄金狂時代」(1942年)とか。    
雪山であの恰好(燕尾服)で、と笑っていましたが、きっとあのパンのダンス・シーンも観ているんですよね。    
やっぱり距離が縮まりました。(勝手に・・・)    
   
ちなみに、“パンのダンス”はこちらで↓

 

 
   
黄金狂時代   

チャップリン を検索      

浅利さんに注目したのは「僕の歩く道」(2006年・フジテレビ)からです。    
主演の草なぎ剛さんと同じ自閉症で、たった1話だけの出演でしたが、強い印象が残りました。    
ハゲタカ」(2007年・NHK)でも、ワンシーンの出演でしたが、印象的でしたね。
   
    
    
「僕の歩く道」DVD-BOX
   
   
   
    
今日のトーク内容は撮影現場での失敗談でしたが、真面目に懸命に取り組んでいる様子が見てとれました。    
決して上手いトークではなく、一生懸命で、最後には“どうオチをつけたらいいかわからなくなった”と・・・    
とても好感が持てました。    
これからも、期待して観ていくと思います。   
   

   
手のひらの幸せ   

浅利陽介 を検索    

« 「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」第3話 | トップページ | 斎藤明美著「高峰秀子との仕事1 初めての原稿依頼」を読む »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon