旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ごきげんよう」の浅利陽介さん | トップページ | 「平清盛」第17話“平氏の棟梁” »

斎藤明美著「高峰秀子との仕事1 初めての原稿依頼」を読む

あとで読む[あとで読む]
   

    
高峰秀子   

 

高峰秀子との仕事1 初めての原稿依頼」(新潮社)を、たまたま図書館で見つけて借りてきました。   
以前読んだ「高峰秀子の流儀」(新潮社)が強く印象に残ったままでしたから・・・。    
   
著者は、同じ斎藤明美さんです。    
今回、斎藤さんが高峰さんの養女になっていたことを初めて知りました。    
「高峰秀子の流儀」を読んだだけでも、二人の間の密度の濃さのようなものが感じ取れましたから、当然と言えば当然でしたね。
   
   
   
    
高峰秀子の流儀 

 

 

「高峰秀子との仕事1 初めての原稿依頼」の最初には、高峰さんが亡くなる時までが書かれています。   
その後に、出会いに遡っての交流(もちろん養女になる経緯も)を、高峰秀子という大女優であり文章家であり、何より一人の女性である対象を、憧れと畏怖と尊敬を持って書かれています。    
   
「高峰秀子の流儀」だけでも、高峰さんの凛とした生き方、考え方が良く伝わってきたものですが、こちらはそれをもっと詳細にした感じですね。    
その意志の強さ、厳しさ、潔さ、洞察力、人としてあるべき能力、そして、何より夫・松山善三氏に対する時の可愛らしさ・・・    
圧倒される思いで読みました。    
   
高峰さんの写真はもちろん、エッセイ、インタビュー、対談など、斎藤さんが関わった仕事の文章も掲載されていて、読みごたえは充分過ぎるほどです。    
2も出ているんですね。    
正直、圧倒されっ放しなので、少し時間を置いて読みたいですね。
 

“今日という日は二度と戻ってきません。一度きりです。
そう思って、毎日私は生きてきました”   
高峰さんの言葉ですが、これは結構こたえます。

 

<関連記事>

高峰秀子さんのこと 「ラジオ深夜便」  2010.5.6.

言葉の味、話の味~高峰秀子さんの流儀 「ラジオ深夜便」  2010.5.6.

「高峰秀子の流儀」を読み終えました。 2011.6.15.

 

    
高峰秀子との仕事(1)初めての原稿依頼
   
    
高峰秀子との仕事(2)忘れられないインタビュー 

高峰秀子 を検索    

« 「ごきげんよう」の浅利陽介さん | トップページ | 「平清盛」第17話“平氏の棟梁” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon