旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「平清盛」第18回“誕生、後白河帝” | トップページ | 「仕事ハッケン伝」の平岳大さん »

「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」第5話

あとで読む[あとで読む]

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」第5話    
                              “医者から近くて遠い存在” 
                                                   フジテレビ系列  5月8日放送 

    
研修医純情物語 

    
ふり返るなドクター   

 

新見(斎藤工)の指示ミスなのに、研修医・谷口(桐山漣)を経由して結局看護師のミスに・・・    
最初から、医者と看護師の間にある“広くて深い川”が表現されていて、ドキドキして観入ってしまいました。    
昔、ある程度の規模の病院に勤めていたことがあり、見聞きしていた光景がありましたから・・・。    
医者でも看護師(当時は看護婦)でもなかったため、逆に冷静に見ていられたものです。   
これはドラマですが、いまだにこうなんでしょうか?   
   
   
    
QP DVD-BOX スタンダード・エディション 

斎藤工 を検索   
 

 
カンファレンスに看護師が参加できていないことにも驚きました。   
大学病院だからですか?   
紺野(草なぎ剛)の提案を、即却下した佐伯教授(松平健)のシーン・・・   
“高度な医療技術を議論するところだから、同じレベルで参加できない。   
日常の患者の世話はナースに任せる。   
同じ土俵に立つ必要が無い。”   
説得力がありすぎて、逆に怖かったです。
 
   
任侠ヘルパー  << 草なぎ剛×松平健 

 
 
めげずに紺野が提案したドクター・ナース・カンファレンスに参加したのは、沢村(水川あさみ)、下田(八乙女光)に森下(田辺誠一)、そして看護師長・相沢(真飛聖)と二人の看護師・・・   
予想されたメンバーですが、そこにたどり着くまでが面白かったですね。   
指導医師の新見に対等に渡り合えてしまう、それどころかやり込めてしまう沢村に“オトコマエ!”と思いましたし、相沢とその娘のエピソードも自然に繋がって良かったです。   
参加する下田が谷口に言った一言“広くて深くても、川は渡らなくては・・・”   
彼も紺野の影響を受けて、確実に変わってきていますね。 
   
   

    
11人もいる! DVD-BOX 

田辺誠一 を検索   

 

仕事と娘のことで悩みながら、それでも前進しようとする相沢が描かれていたのも印象的でした。   
実際に、医者と看護師の間に立って難題を抱えながらも、毅然として仕事をする人たちを見てきましたから・・・。    
それにしても、真飛聖さん、いつものキリッとした印象と違う、髪をといた時の女性らしい美しさに驚きました。   
   
    
    
真飛聖メモリアルブック 

真飛聖 を検索    
 

一見可愛げがない11歳の娘(大出菜々子)の心情の細やかな変化も伝わってきました。   
父親の再婚のこと、母親を恋しく思う気持ち、子供なりに重たい事実を背負っているところに、紺野たちと付き合い、母親の働く姿をまざまざと見せられたわけですからね。   

   
娘が紺野と沢村と鍋を囲むシーン・・・ついCMを思い出して、ニヤリとしましたが・・・。    
“綺麗ごとをやめて本音を言ったら・・・本音って受け止めるの覚悟がいるけど”    
大人として対応する沢村、やっぱりカッコいいですね。    
“そうやって割り切れるほど、大人になる必要なんてないと思うよ”    
仕方がないという娘に語りかける紺野、やはり思いやりがあって優しいですね。      

 

    
犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~ DVD-BOX 

水川あさみ を検索   

 

いろいろなエピソードが丁寧に描かれていて、シーンごとにしみじみしたものです。   
今回も、印象的なセリフが多かったですね。    
もっとも強く残ったのは、紺野が相沢に言った言葉・・・    
“仕方ないな、であきらめようとは僕思わないよ。状況は変わらなくても、自分は変われるから・・・”    
これには、年甲斐もなく、泣けそうになりました。 

   
すず(ミムラ)のほうにも、別な展開が始まっていますね。    
紺野とは真逆な青年のことが気になるようですが、体調にも異変が起きて・・・と、ドラマとしては盛り過ぎのような気がします。    
来週は、大変な展開になるようですし・・・。
    
   
前回の、第4話 「医者として僕はそこに線を引く」が、個人的にはいまだに尾を引いています。    
どこに線を引くか?・・・“たとえ自己満足であっても、自分で考えて線を引けばいいのだ”   
今更ながら、とても気が楽になりましたね。   
   
    
    
ミムラの絵本散歩 

ミムラ を検索    
 

<これまでの感想> 

第1話 第2話 第3話 第4話 

                   「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」公式サイト   
   

 

    
僕と花 / サカナクション <主題歌> 

    
NHK DVD::NHKスペシャル 東京スカイツリー 世界最難関への挑戦    
    
冬のサクラ DVD-BOX 

草ナギ剛 を検索   

 

     

« 「平清盛」第18回“誕生、後白河帝” | トップページ | 「仕事ハッケン伝」の平岳大さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon