旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 渡部篤郎さんが、とんねるずの“食わず嫌い”に | トップページ | 「平清盛」第21回“保元の乱” »

「スタジオパークからこんにちは」の染谷将太さん

あとで読む[あとで読む]

 

染谷将太さんが出演した、24日「スタジオパークからこんにちは」(NHK)を観ました。    
このところ大注目の俳優さんですから・・・。    
   
それにしても、子役時代があるとはいえ、今19歳の染谷さんは落ち着いていましたね。    
司会者が大人二人がかりなのに、臆することなく、的確な受け答えで、それもとても自然体に見えて、驚かされました。    
ヴェネツィア国際映画祭で最優秀新人賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞・園子温監督作品「ヒミズ」で)を受賞していますが、特に気負いも感じられなくて・・・。 

映画がとても好きだということ、それだけでも好感度が上がりましたね。   
子供のころから、とにかく演じること、スタッフに交じって作品を作ることが好きだったようです。    
何度も“楽しかった”“楽しい”という言葉が出てきて、“なんと幸せな人なんだろう”とため息が出てしまいました。    
高良健吾さんの時にも感じたのですが、若くしてすでに天職とも呼べる仕事に出会い、それに向かって真っ直ぐに熱い(見た目冷静な)姿勢がまぶしいですね。
   
   
   
    
ヒミズ コレクターズ・エディション   
   
    

 

「ヒミズ」をきっかけに、自由に演じることを覚えたが、その難しさも感じていること、役にこだわり過ぎないことなどを、問われるままに語っています。   
特に戸惑うこともなく、かと言ってベラベラ喋り捲るのでも無く、どうしたらこの年頃でこんなに自然に対応できるのだろうと、やはり驚くばかりでしたね。    
それでいて、最後はおじいさんの形見のカメラで司会の二人を撮影するという、思いがけない行動で和ませてくれました。    
NHKのアナウンサーも、とっさにミーハーっぽい対応をしてくれるんですね。
   
   
   
    
塀の中の中学校   
↑こちらも印象的な作品でした。   
17歳当時に22歳の役を演じていたんですね。
   
   

本当にまつ毛が長くて、目の印象が強かったのはそのせいだったようです。   
「相棒season1」第5話“目撃者”の時は、まだ10歳。   
それでいて、殺人者という衝撃的な役でした。   
ラスト近く、大人な扱いで冷静に事件の顛末を解き明かす右京(水谷豊)に、無表情でその話を聞くシーンがあります。   
もちろん、ラストには子供らしい表情で泣きじゃくるシーンもありました。   
重たい話でしたが、印象に残る回でしたね。   
最近、この回の再放送を観て、やはり胸が詰まり後味が良くなかったのですが、大人になった染谷さんと水谷さんの一対一のシーンをぜひ観てみたいと思ったものです。

 
   
   
相棒 season 1 DVD-BOX   
 
 
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
    
染谷将太
を検索    

 

« 渡部篤郎さんが、とんねるずの“食わず嫌い”に | トップページ | 「平清盛」第21回“保元の乱” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon