旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「平清盛」第24回“清盛の大一番” | トップページ | 「徹子の部屋」の草笛光子さん »

「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」最終話

あとで読む[あとで読む]

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」最終話    
                            “僕が医者を続けるただ一つの理由”    
                                             フジテレビ系列  6月19日放送

 

    
37歳で医者になった僕研修医純情物語(1)

 

   
とうとう終わりました。    
先週の展開ではどう収められるのか、ちょっと不安だったのですが・・・    
気持ちのいい終わり方でした。    
佐伯(松平健)も森下(田辺誠一)も新見(斎藤工)も、初心を思い出せばみな同じだったわけで・・・    
複雑な現実社会の中で、妥協したりあきらめたり、様々な経験をしているうちに忘れてしまっていること。    
佐伯が紺野を嫌いだといいますが、それは否応なく若い頃の自分を思い出し、これまでを、そして今の自分を考えてしまうことに複雑な思いがあったからなのでしょうね。   
   
   
逆転裁判 

    
DRACULA -ドラキュラ伝説ー

 

 
 
昨日の午後に、このドラマの直前スペシャルを観ました。   
紺野(草なぎ剛)の最初の頃のあのひとり突っ走っているシーンは少なくて、回を追うごとに表情が抑え気味になっているのがよくわかりました。   
草なぎさんのあの表情だから、37歳で医者になったけど、その青臭さや自己満足として信念を曲げない姿勢を自然なものとして、こちらに伝わってきたのだと今更ながら思いましたね。   
 
後半になって、森下が性格が変わったようになってしまって驚いたのですが・・・   
それも、理想の病院改革をしようと思って性急過ぎたということのようでした。   
佐伯の治療方針についての紺野の必死(でも表情はあまり変えない)の提案や、沢村(水川あさみ)のさりげない言葉に耳を傾けられる人物だったわけで・・・   
ドラマ的に予定調和と言ってしまえばそれまでですが、ホッとしました。   
常にお調子者の感じがあった中島(鈴木浩介)もやはり少しずつ変化を見せ、教授選出馬を薦める森下にサポート役に徹することは出来ると言い切るのは良い感じでした。   
自分がわかっているのも大人ですよね。   

 

   
グリークス 10本のギリシャ劇によるひとつの物語   

田辺誠一 を検索    
 

沢村の森下への“青臭いのは、自分を変えようとしている人の特権ですよ”は良かったですね。   
すず(ミムラ)のために涙を流す沢村・・・    
すずと紺野のために、DVDを借り直してくれている沢村・・・    
すずの母親(藤吉久美子)への、“私は医者としてまだ何も出来ませんけど、でも治ってほしいと願うことは出来ます。”    
涙を流すシーンにはもらい泣きをしてしまいました。    
それと同時に、成長したなあ、とも思いましたね。    
研修医の中でも優秀で非の打ちどころがない人でしたけど、人としての優しさとか強さとか、その柔軟性が加わってとても魅力的になりました。
   
   
    
    
アイシテルー絆ー 

水川あさみ を検索    
 

ラスト近く、沢村が紺野に向かっての“がんばりましょう”は、紺野への想いを乗り越えた感じ、医者仲間として共に前に向かっていく感じがして良かったです。   
ただの恋愛テイストを入れなかったストーリーが好きですね。   
それは、すずの最後を映像にしなかったことでも言えます。   
悲しいことではありますが、二人に濃密な時間があったことで、不幸ではなかったと思えます。   
   
 

    
天国からのエール スタンダード・エディション 

ミムラ を検索   

 

 

すずは亡くなったけれども、佐伯は元気でいたというのも救われましたね。   
直前スペシャルの撮影終了の映像に、松平さんはいたけどミムラさんがいなくて、予想はしていましたけど・・・。   
2年後も、入退院を繰り返していたのでしょう、でんでんさんがいたり、来週からの新番組に出演の田山涼成さんが患者役でゲスト出演していたり、とお楽しみもありました。   
 
ベテランたちは初心に帰って、研修医たちはただ前に向かって進んでいく・・・   
紺野は“医者を目指した頃を忘れない、患者を助けることだけ考えていきたい”という思いを貫いていく・・・   
そんな終わり方で満足しました。
   
 
余談ですが・・・   
こん睡状態のすずの胸に管がのぞいていましたね。   
胸の骨に管を刺していたのだと思います。   
私も、あのようにして一本の管から輸血や点滴をして、2か月間ベッドで寝たきりだったことがあります。   
助けてもらったのだ、と今改めて思わせられました。   
感謝とともに、これからも患者側に立った医者が増えていくことを期待したいです。   
ただ、現実には患者ハラスメント(患者からの暴力や悪質クレーム)などもあるようで、複雑な気持ちになりますね。   

 

    
NHK DVD::NHKスペシャル 東京スカイツリー 世界最難関への挑戦   
    
    
冬のサクラ DVD-BOX 

草ナギ剛 を検索   

 

<これまでの感想> 

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話   
    
      「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」公式サイト   
   

 

37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~ オリジナル・サウンドトラック 

    
僕と花 / サカナクション <主題歌> 

    
研修医純情物語 

    
ふり返るなドクター

 

 

« 「平清盛」第24回“清盛の大一番” | トップページ | 「徹子の部屋」の草笛光子さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon