旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」第10話 | トップページ | 「平清盛」第24回“清盛の大一番” »

大河ドラマ「平清盛」の影響で・・・

あとで読む[あとで読む]

 
   
平清盛(前編) 
 
   

相変わらず、NHK大河ドラマ「平清盛」の視聴率の低さが取沙汰されていますが・・・。    
個人的には面白く観ています。    
史実を知らないので、次に何が起きるかわからない、人物がどう動くかわからない、という興味が尽きないですね。    
何しろ、歴史としては、”平清盛の隆盛の時代があって、後に源氏の時代がくる”程度しか知らないものですから・・・。    
登場人物は初めて見聞きする人たちばかりです。    
   
知らないから楽しみだと思いながらも、ここにきて、やはり少しは知っておきたい気持ちが沸いてきました。    
そこで、図書館で「日本の中世8  院政と平氏、鎌倉政権」(中央公論新社)と「吉川英治全集33  新・平家物語(一)」(講談社)を借りてきました。    
意外に、この時代の資料は無いものですね。    
それとも、同じような気持ちで借り出した人たちがいたのでしょうか。 
 
   
   
    
日本の中世(8) 

 

 

「日本の中世8 院政と平氏、鎌倉政権」の方は、申し訳ないですけど、該当する部分だけの拾い読みをしました。   
詳しすぎて、ちょっと疲れたもので・・・。    
たまたまNHKEテレ「高校講座 日本史」で“院政”を取り上げていたので、観てみました。    
こちらはわかりやすかったです。    
やはり、映像の方が楽ですね。    
何となく大河ドラマを意識しての説明のような気がしないでもなかったですが・・・。    
   
「新・平家物語」の方は、読み始めてすぐに笑ってしまいました。    
社交嫌いで出世欲もない父・忠盛、気位の高い母、その夫婦喧嘩にうんざりさせられ、果ては叔父・忠正のところに借金に行かされる清盛・・・    
と、こちらも小説ですが、ドラマともまったく違う展開です。    
まるで現代の小説を読んでいるような気分になりました。    
   
本当に久しぶりに吉川英治の著書を読みましたが、さすがに惹き込まれますね。    
若い頃、この全集の「三国志」全3巻を、徹夜して夢中で読んだことを思い出しました。    
あの時の情熱を思い出して、読み続けられたらいいのですが・・・。    
残念ながら、とにかく字が小さくて、ルビは読めない状態です。    
歳はとりたくないものです。    
   
全6巻、文庫ならば全16巻、読み続けられたら、読み終えられたら、達成感は半端ないでしょうね。    
文庫ならば読みやすいので、ブックオフで探してみたんですが、残念ながら1冊も無かったです。    
同じように挑戦している人がいるのでしょうか。    
ぼちぼちやっていこうと思っています。

 

<大河ドラマ「平清盛」 これまでの感想>   

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回   
第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回   
第21回 第22回 

 

   
新・平家物語(1) 
 
   
新・平家物語 全16巻セット   

吉川英治 を検索      

 

 

     
 

« 「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」第10話 | トップページ | 「平清盛」第24回“清盛の大一番” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon