旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 朝ドラ「純と愛」が始まりました。 | トップページ | 「平清盛」第39回“兎丸無念” »

映画「最強のふたり」

 

 

 

昨日は、本当に久しぶりに映画館に行ってきました。   
観た人の評判がかなり高くて、気になっていたフランス映画「最強のふたり」です。    
   
身体障害者の大富豪・フィリップ(フランソワ・クリュゼ)と、雇われた黒人の介護者・ドリス(オマール・シー)との交流が描かれています。    
笑えるとの評判で、気晴らしに行ったはずなのに、なぜかわけもなく泣いていました。    
気がついたら、目じりが濡れていました。    
   
映画のドリスはスラム街出身、一見ガサツで、障害者を障害者と見たりしていません。    
時には、動けないフィリップを平気でおちょくったりもします。    
それでいて、彼にも背負っているものがあり、根っこの部分には相手を思いやる優しい気持ちを持っているのが見えてきます。    
生き方が定まらない彼を追い出す養母の悲しさ、働くその養母を陰ながら見つめ、一緒に帰っていく後ろ姿など、語らないでも伝わってくるシーンがそこここにありました。    

 

   
最強のふたり / Intouchables 輸入盤 【CD】 

 

 

フィリップは大富豪ゆえによけいに孤独であったと思われます。   
特に大きな出来事があるわけでもなく映画は進み、何もかも正反対のふたりが、いつしかかけがえの無いふたりになっていきます。    
一見乱暴なんだけれども、ふたりが自然に寄り添い触れ合っていく様子は心地よかったですね。    
ポップスからクラシックまで音楽も楽しめましたし・・・。    
   
一番好きなのは、フィリップのバースディ・パーティのシーンです。    
毎年、表面的なありきたりのパーティだったのでしょう。    
今年はドリスがクラシックの演奏をポップスに変え、周囲の人まで巻き込んで、フィリップの目の前で踊ります。    
一歩間違えば身体が動かないフィリップを傷つけていたかもしれません。    
でも、そこには楽しそうなフィリップの笑顔があり、ふたりの思いやりと信頼の気持ちが溢れた、素敵に楽しいシーンでした。

 

↓実話のようです。

 

    
A Second Wind [フィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ]   

   
   
↓オマール・シー出演    
   
    
    ミックマック(DVD) 

 

   
久しぶりに映画館に行って・・・    
今更ながらですが、ごろ寝してタダで(正確には違いますけど)観るテレビドラマと、わざわざ足を運んでお金を出して観る映画とでは、こちらも気合が違うと思ったものです。    
アンディ・ラウ出演の香港映画「桃さんのしあわせ」の予告編を観ただけでウルウルしました。    
これからは出来るだけ行きたいんですが・・・。 

 

    
唇を閉ざせ [フランソワ・クリュゼ]   

 
主婦マリーがしたこと [イザベル・ユペール]   

フランソワ・クリュゼ を検索   


<映画「最強のふたり」 スタッフ&キャスト>

脚本/監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
撮影:マチュー・ヴァドピエ
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
編集:ドリアン・リガール=アンスー
出演:フランソワ・クリュゼ オマール・シー アンヌ・ル・ニ
    オドレイ・フルーロ クロティルド・モレ

 

     

« 朝ドラ「純と愛」が始まりました。 | トップページ | 「平清盛」第39回“兎丸無念” »

作品タイトル~さ行」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon