旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

「平清盛」最終回“遊びをせんとや生まれけむ”


大河ドラマ「平清盛」
最終回“遊びをせんとや生まれけむ”    
                                                      NHK総合 12月23日放送

 

平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)    
平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

とうとう最終回。   
最初に、頼朝(岡田将生)と平頼盛(西島隆弘)のシーンがあって驚かされました。    
そこから、清盛(松山ケンイチ)の最期、平家の滅亡へと遡るという展開でした。 
   
高熱に倒れる清盛、その熱のCGにはちょっと笑ってしまいました。    
生霊として西行(藤木直人)の前に現れて、執着心を諭されたりしていますが・・・    
西行がこれほど重要な位置にある人物だとは思いませんでしたね。    
ドラマでは、平家一門一人一人へ遺言を伝えるシーンでは、上手くそれぞれの紹介にもなっていました。    

 

映画 ホタルノヒカリ 豪華版 [DVD]    
映画 ホタルノヒカリ 豪華版 [DVD] 映画 ホタルノヒカリ DVD通常盤 forty 

 

 

清盛が最初の方で亡くならないと、その後の有名な出来事が紹介しきれないわけで・・・   
でも主役なので、出演させるシーンに苦心したようですね。    
それにしても、ものすごいスピードでその後の展開が紹介されていました。    
   
平家から武士の世を引き継いだはずの源氏もあっという間に滅亡して、足利の世に・・・    
清盛と別れて福原に残った兎丸(加藤浩次)の妻と子供が印象的だったのですが、最後に、夢がかなって幸せな笑顔を見せられたのは彼らでしたね。   

   

宇宙兄弟 スタンダード・エディション [DVD]    
宇宙兄弟 スタンダード・エディション [DVD] 聖なる怪物たちDVD-BOX 未来日記-ANOTHER:WORLD- DVD BOX (初回限定版) 

 

 

続きを読む "「平清盛」最終回“遊びをせんとや生まれけむ”" »

宮藤官九郎著「きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)」音読中

現在、宮藤官九郎さんの「きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)」(太田出版)を読んでいます。    
数年前から声が出にくくなり、リハビリがてら本の音読をしているのですが・・・    
目の前に積読している本の中から、この本を選んだのは、宮藤さんが同郷であるという理由が大きいですね。    
   
一応小説と言っていますが、ほとんど実話のような気がします。    
白鳥が来る以外に、特に何かがあるわけではない小さな町(あくまで私がいた当時の印象です)・・・。    
今読んでいるところは、そこから抜け出そうと必死になっている高校時代のエピソードが綴られています。    
   
宮藤さんが通った高校はエリート校として知られていましたが、校風が相当にバンカラ(死語?)というか、ほとんど上級生の集団いじめのようで驚かされました。    
高校名は漢字を変えただけなのですぐわかりましたが、友人が通った“藤高”とはどこなのでしょうね。    
一番思いつくのはあまり競争率が激しくない(あくまで昔の話)私の母校のような気がしています。    

 

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)    
きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) (本人本)   

 

 

続きを読む "宮藤官九郎著「きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)」音読中" »

「相棒season11」第10話“猛き祈り(後編)”


「相棒season11」第10話“猛き祈り(後編)”
    
                                                  テレビ朝日  12月19日放送 

 

相棒season11 オリジナルサウンドトラック   
相棒season11 オリジナルサウンドトラック  (初回生産限定) (2枚組ALBUM)   

 

先週の第9話“森の中(前編)”が終わった後、「相棒」関連の掲示板ではすぐに即身仏に関する話だろうと、既定の事実のように書かれていました。    
さすがの私でも、竹筒と鈴の音ということですんなり受け入れてしまったものです。    
   
そのままの展開に、もうひとひねりあればいいなあと願いながら観ていました。    
前後編に分けないで、間延び部分を縮めて、1時間半ぐらいで一気に観ていたら、気分は違っていたでしょうね。    
そうなると、甲斐(成宮寛貴)の快復が速すぎて不自然だったかもしれませんが・・・。    
長老の生方を演じた山本學さんの熱演を観ていても、どこか冷めてしまっていた自分がいて残念でした。 

話にひねりがないとなれば、あとは小ネタ探しでしたね。   
前編で刑事部長(片桐竜次)に切れてしまった参事官(小野了)が、今回はどのように対応するのかと思ったら・・・    
参事官はいつものとおりの低姿勢に戻っていましたが、刑事部長は更にエスカレートして、これまで以上に傍若無人なのには笑いました。      

 

名作の風景 絵で読む珠玉の日本文学2 芥川龍之介2 [DVD]    
名作の風景 絵で読む珠玉の日本文学2 芥川龍之介2 [DVD] 白い巨塔 DVD7 眉山-びざん- [DVD] 

 

 

続きを読む "「相棒season11」第10話“猛き祈り(後編)”" »

「平清盛」第49回“双六が終わるとき”


大河ドラマ「平清盛」
第49回“双六が終わるとき”    
                                              NHK総合 12月16日放送    
   

平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)   
平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)   

 

とうとう、あと1回というところまで来ましたね。   
   
亡くなる高倉上皇(千葉雄大)と后の徳子(二階堂ふみ)とのしみじみとしたシーンがありました。    
いろいろ言われた今年の大河ドラマですが、若い俳優さんたちにきちんと見せ場があることにいつも感動してます。    
成長のようなものが見えますし・・・。    
   
時子役の深田恭子さんなど、過去のシーンなどが出てくると、その変貌ぶりがよくわかります。    
どこか不思議ちゃんキャラで浮いて見えていたのに、今はしっとりとしていますから・・・。    
ただし、メイクが若すぎますけどね。   

   
深田恭子 写真集 『 Blue Moon 』   
深田恭子 写真集 『 Blue Moon 』 夜明けの街で 特別版 [DVD]   

 

 

それにしても、堀河局(りよう)がここで現れるとは意外でした。    
何か深い意味があるのかと思ったのですが、西行(藤木直人)との歌合せだけにということでしょうか。    
美男美女だった二人の今の姿は、時の流れを感じさせますね。      

 

映画 ホタルノヒカリ 豪華版 [DVD]   
映画 ホタルノヒカリ 豪華版 [DVD] 映画 ホタルノヒカリ DVD通常盤 forty   

 

 

続きを読む "「平清盛」第49回“双六が終わるとき”" »

「相棒season11」第9話“森の中(前編)”


「相棒season11」第9話“森の中(前編)”
    
                                              テレビ朝日  12月12日放送   

 

相棒season11 オリジナルサウンドトラック   
相棒season11 オリジナルサウンドトラック  (初回生産限定) (2枚組ALBUM)   

 

来週へ続くことを知っていたので、意外なほどのんびり観てしまいました。   
まったく事件の真相がわからないまま“つづく”となりましたね。    
   
脚本が輿水泰弘さん、「相棒」の生みの親とも言える人ですね。    
記憶喪失になった甲斐(成宮寛貴)のシーンの合間に映る映像は、どこかおどろおどろしさを感じさせて、輿水さんの世界だなと・・・。    
久しぶりにワクワクしました。    
神戸(及川光博)が初めて登場した、season7・最終話“特命”を思い出したものです。   

 

陽だまりの樹 [DVD]    
陽だまりの樹 [DVD] 逆転裁判 [DVD] BLUE PACIFIC STORIES~Micro・カモミールの羽 [DVD]

 

   
甲斐が動けない、記憶が無い状態で、彼の背景が自然にこちらにわかる、という方法は面白かったです。    
母親と兄が海外にいたり、悦子(真飛聖)と出会ったきっかけとか。    
それにしても、父・警察庁次長(石坂浩二)の冷たさには驚かされましたが・・・。    
記憶が無いはずの甲斐が、父親が来ないことに触れてどこか寂しそうだったのは、やはり二人の確執部分がいずれ明らかになるということでしょうか。   
 

   
昭和の名作ライブラリー 第9集 俺はご先祖さま DVD-BOX デジタルリマスター版    
昭和の名作ライブラリー 第9集 俺はご先祖さま DVD-BOX デジタルリマスター版 金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX NHK大河ドラマ総集編 草燃える [DVD]   

 

 

続きを読む "「相棒season11」第9話“森の中(前編)”" »

「平清盛」第48回“幻の都”


大河ドラマ「平清盛」
第48回“幻の都”    
                                            NHK総合 12月9日放送

 

平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)   
平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)   

   
清盛(松山ケンイチ)を批判し、自害しようとした忠清(藤本隆宏)と、それを止める盛国(上川隆也)・・・    
二人の髪に白髪が混じっているのを観て、ここまで来たのだなという実感を持ちました。    
このドラマもあと2回ですね。    
回想シーンで、過去の人物が次々登場して、懐かしく思い出したものです。    
涙目の鳥羽上皇(三上博史)は、特にインパクトがありますね。
 

 
武骨なカッパ 藤本隆宏 (ワニプラス)   
武骨なカッパ 藤本隆宏 (ワニプラス)   

遺留捜査2 DVD-BOX    
遺留捜査2 DVD-BOX ステップファザー・ステップ BD-BOX [Blu-ray] NHKスペシャル 未解決事件 グリコ・森永事件 [DVD]

 

 

各地で源氏が蜂起、公卿も寺社も平家に反目する状況で、福原遷都の夢も危うくなっています。   
棟梁・宗盛(石黒英雄)が、全身全霊をぶつけるようにして清盛に還都を箴言するシーンは印象的でした。    
宗盛は重盛(窪田正孝)に比べられて無能と言われ、そのままで終わるのかと思っていたものです。    
相当のコンプレックスもあったでしょうが、こんなシーンがあって、何だかホッとしました。    
   
それにしても、やはりこの重要なシーンのバックにはピアノ曲が流れました。    
違和感があったまま、ここまで来てしまいましたね。   

   

100シーンの恋 ~石黒英雄 編~ [DVD]   
100シーンの恋 ~石黒英雄 編~ [DVD] 舞台「ジャンヌ・ダルク」 [DVD] HOME―石黒英雄ファースト写真集   

 

 

続きを読む "「平清盛」第48回“幻の都”" »

「相棒season11」第8話“棋風”


「相棒season11」第8話“棋風”
    
                                      テレビ朝日 12月5日放送

 

相棒season11 オリジナルサウンドトラック    
相棒season11 オリジナルサウンドトラック  (初回生産限定) (2枚組ALBUM)

   

   
今回は、「相棒」ブルーの映像がふだんより目立ちましたね。    
「相棒」を初めて担当したらしい脚本家の金井寛さん。    
それも関係していたんでしょうか。    
それにしても、過去の作品をかなり研究したのかなという印象を持ちましたけど・・・。    
オープニングの夜の大仏とか、野外での対局風景とか、映像的には惹かれました。    
   
今回、甲斐(成宮寛貴)の立ち位置が、亀山(寺脇康文)や神戸(及川光博)と似ていたような気がします。    
研究室にこっそり入って備品のチェックをする右京を、あわててたしなめる甲斐とか・・・。    
一人暴走したりしないで、右京(水谷豊)に寄り添って、フォローしたりブレーキをかけたり、という感じがしました。    
右京自体は、いつもそれにかまわず暴走しますけれども・・・。    
この関係は、タイトルの“相棒”と呼べないじゃないか、という批判はあったりしますけど、個人的には好きですね。

 

陽だまりの樹 [DVD]    
陽だまりの樹 [DVD] 逆転裁判 [DVD] BLUE PACIFIC STORIES~Micro・カモミールの羽 [DVD] 

 

 

続きを読む "「相棒season11」第8話“棋風”" »

「スタジオパークからこんにちは」吉田羊さん


吉田羊
さんがゲスト出演した「スタジオパークからこんにちは」(3日・NHK)を観ました。    
何と言っても、朝ドラ「純と愛」で大注目した女優さんですから・・・。    
吉田さんが出ているから、キツイなあと思いつつ、毎朝テレビに向かっているわけです。    
何だか、まともなのは吉田さんが演じている桐野富士子だけ、そう思って観ているのは私だけでしょうか。    
   
桐野はクールな美人ですが、吉田さんはそれと又違って美人ですね。    
溌剌として表情が豊かだし、柔らかだけどテキパキとした物言い、何より聡明さが伝わってきて、終始気持ちの良いインタビュー番組になっていました。    
どんな質問にも打てば響く感じで、時にはユーモアを交えて即答していましたね。    
   
“不幸な女性役が似合う”と言われるのは、木村多江さんだけではなかったんですね、初耳でした。    
撮影の合間の、社長役の舘ひろしさんとのツーショット写真が紹介されましたが、足には白いレッグウォーマー・・・    
脚フェチの舘さんから見たいのにと言われたことを語り、なぜと問う司会者に“風邪などをひかないため、冷え症にならないための予防”と答える吉田さん。    
その即答、そのプロ意識に、思わず“カッコいいなあ”と思ったものです。    
   
小劇場の舞台に出ている頃のバイトについても語っていました。    
葬儀場のセレモニースタッフ、引っ越し屋の梱包係など、何よりホテルでのバンケットコンパニオンを10年以上勤めたというのは驚かされました。    
それが今、生きているわけで、女優という仕事に無駄なことはひとつもないんですね。      

 

最後から二番目の恋 DVD-BOX   
最後から二番目の恋 DVD-BOX 
*第2話~第6話に出演   
現在こちら(仙台)で再放送中ですが、初めて気がつきました。   
   
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)   
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)   
*第9話“予兆”に出演   
気がつかなかったので、録画したものを観直すのが楽しみです。 

 

 

続きを読む "「スタジオパークからこんにちは」吉田羊さん" »

中村勘三郎さんの訃報に

   
歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが亡くなりましたね。    
今朝方、ニュース速報の音にテレビ画面を観て驚きました。    
まさかそれほど病状が悪化しているとは、夢にも思っていませんでしたから・・・。    
   
57歳とは・・・若いですね。    
とっさに映像として思い浮かべたのは、子供の頃の勘三郎さん(当時勘九郎)。    
先代の勘三郎さんの傍で、やんちゃに動き回る姿でした。    
   
歌舞伎界のことはわかりませんが、いつも先頭に立って、新しいことに挑戦してきた方だということはわかっています。    
大きな柱を失ったことになりますね。    
何より、ご本人が一番無念だったと思います。    
   
ご冥福をお祈りいたします。    
   
余談ですが・・・    
ニュース速報を観たのは、今朝6時過ぎ。    
いつもの音読(現在は「竹西寛子の松尾芭蕉集|与謝蕪村集」を読書中)をしていた時でした。    
読み上げていたのは、蕪村の有名な俳句・・・      
“菜の花や 月は東に 日は西に”    
特別に、意味深い句になりました。 

   

襲名十八代―これは勘三郎からの恋文である

 

 

「平清盛」第47回“宿命の敗北”


大河ドラマ「平清盛」
第47回“宿命の敗北”    
                                        NHK総合  12月2日放送

 

平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)    
平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 

 

何が何でもと福原遷都にこだわる清盛(松山ケンイチ)は一門の人々の声にも耳を貸さない情況に陥っていますね。    
忠実で冷静な盛国(上川隆也)も、困惑した様子を見せていて、孤立した清盛に哀れを感じます。    

 

遺留捜査2 DVD-BOX    
遺留捜査2 DVD-BOX ステップファザー・ステップ BD-BOX [Blu-ray] NHKスペシャル 未解決事件 グリコ・森永事件 [DVD]

 

 

平家が富士川で水鳥の飛び立つ音を敵襲と勘違いしたというエピソードは有名ですが、総大将は孫の維盛(井之脇海)だったんですね。    
その前の頼りない風情から、とても清盛が目指した武士の世の大将には見えませんでした。    
清盛が、武士が頂きに立つために為してきたことのうちには、朝廷や公卿との関係に重きを持つことがあったわけですね。    
財力を使い、位を得ているうちに、一門はみんな、特に若者は雅な方に流れてしまったということでしょうか。
    
   
   
やつらは多分宇宙人! エピソード.ゼロ 馬場徹×井之脇海 編 [DVD]   
やつらは多分宇宙人! エピソード.ゼロ 馬場徹×井之脇海 編 [DVD]    
   
   
   

同じ“武士の世”を目指していた源氏が息を吹き返してきましたが、もしこの順番が逆(源氏が先に立つ)になっていたら、どうなっていたのだろうと興味が沸いてきました。    
その源氏ですが・・・    
頼朝(岡田将生)が石橋山の戦いで、敵方の武将・梶原景時(浜田学)に見逃してもらったエピソードも知っていました。    
もし、あの時景時が見逃してくれなかったら、歴史は大きく変わっていたのでしょうね。    
その変わった歴史を見たかったなあ、とつい無責任に思ってしまいました。    
というか、“たら、れば”はどの歴史にも言えるのでしょうが・・・。   

   

宇宙兄弟 スタンダード・エディション [DVD]   
宇宙兄弟 スタンダード・エディション [DVD] 聖なる怪物たちDVD-BOX 未来日記-ANOTHER:WORLD- DVD BOX (初回限定版)   

 

 

続きを読む "「平清盛」第47回“宿命の敗北”" »

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon