旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「鶴瓶の家族に乾杯」の唐沢寿明さん | トップページ | ドラマ「とんび」鑑賞中 »

「メイドインジャパン」第1回

テレビ60周年記念ドラマ「メイドインジャパン」第1回(全3回)    
                                                     NHK総合  1月26日放送 

 

   
メイドインジャパン [井上由美子]    
    

 

メイドインジャパン」は、テレビ60周年記念ドラマとして、NHKはかなり力を入れてPRしていますね。    
NHKらしく硬派で、「ハゲタカ」(2007年)以来、ワクワクするドラマかと期待していました。    
   
唐沢寿明さんがNHKドラマの主演なんて、意外で新鮮ですね。    
つい、「あさイチ」やら「鶴瓶の家族に乾杯」やら、観てしまったものです。    
どちらでも、若々しくて爽やかな青年のようでしたが、ドラマになると一変するのは流石だと思いました。 
   
   
   
白い巨塔 DVD-BOX 第一部 [唐沢寿明]    
白い巨塔 DVD-BOX 第二部 [唐沢寿明]    
      

 

 

まず驚いたのはキャストの豪華さ、贅沢さですね。   
中でも、「相棒」(テレビ朝日)のレギュラーだった人から準レギュラー、そして犯人だった人まで、大勢い過ぎて笑ってしまいました。    
「相棒」が10年以上続いているので、珍しいことでもないのでしょうが・・・。    
亡き官房長・岸部一徳さんと旧相棒神戸・及川光博さんが親子だったり、今は閑職の長谷川・國村隼さんが7人の侍?の一人になったり、私立探偵マーロウ八木・高橋克実さんが、中国に行って敵対関係になっていたり・・・。    
取り上げたら、きりが無いですね。    
それだけで、この記事が終わりそうです。   

 

相棒ー劇場版2-警視庁占拠!特命係の一番長い夜    
   

 

 

ほんの短いシーンでしたが、(岸部さん曰く)無能の社長らしい及川さんが、神戸とはまったく違っていることに、不思議に嬉しかったものです。   
どうしても書いておきたいのは、穴掘り3人組の一人・金井勇太さん、とても気のいい役でしたが、今回はスクープをねらう記者で重要な役ですね。    
役者って凄いんだなあ、と今更ながら感心させられています。    
   
「相棒」話はこのくらいで・・・    
正直、唐沢さん以上に注目しているのが吉岡秀隆さんです。    
勝手に名づけますが、7人の侍の一人ですね。    
スーツ姿で、サラリーマン役など珍しい気がします。    
吉岡さんの出演作品は出来るだけ観るようにしていますが、いつも丁寧な仕事をしているなあという印象があって、目が離せないでいます。 

 

猫弁~死体の身代金~ [吉岡秀隆]   
     

   
   
   
   
第1回は本当に始まりの回という感じでした。    
あくまで内密で始まった再建のための作業ですから、大きな動きを感じさせたのは中国での迫田(高橋克実)との再会シーンからで、そこで終わってしまいました。    
何だか75分が長かったですね。    
それぞれの家庭まで描いているから、よけいにそう感じたのかもしれません。    
   
正直、家庭部分などをほとんど排除して、仕事部分だけ、それぞれの理想に向かう(あるいは挫折から立ち上がる)男たちを描いた「ハゲタカ」には半端ないほどの緊張感、スピード感があったなあ、と思っています。    
今回のドラマは、これからなんでしょうね。    
あと2回で描き切れるか、ちょっと心配ですが、期待しています。

 

        テレビ60周年記念ドラマ「メイドインジャパン」公式サイト

 

 

ハゲタカ DVD-BOX 
   

 

« 「鶴瓶の家族に乾杯」の唐沢寿明さん | トップページ | ドラマ「とんび」鑑賞中 »

作品タイトル~ま行」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon