旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「相棒season11」第13話“幸福な王子” | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖」第3話 »

「八重の桜」第4回“妖霊星”


大河ドラマ「八重の桜」
第4回“妖霊星”    
                                           NHK総合  1月27日放送    

 

    
八重の桜(前編)

 

黒船の来航やら、将軍の跡継ぎ問題やらで、世の中が騒然としている中では、なかなかヒロイン八重(綾瀬はるか)中心の話にはなりませんね。 
それだけ、当時の状況をじっくり描いているわけで、勉強にはなります。    
   
登場した人物が攘夷派か開国派か、一橋慶喜(小泉孝太郎)を担ぐのはどっち?とか考えているうちに、新たに人物が登場してきて、正直混乱してしまいました。    
今回の重要人物は井伊直弼ですが、榎木孝明さんがこんなに腹の据わったブラックな印象の人物を演じるなんて珍しいですね。    
結構観入ってしまいました。    
井伊直弼が中心になったという“安政の大獄”を調べてみましたが、本当に凄いことをした人なんですね。    
彼を主人公にした大河ドラマの第1作「花の生涯」(1963年)はどのように描いていたのか、興味が沸いてきました。   

 

猫のくすっ [榎木孝明]    
       

 

 

薩摩藩主・島津斉彬役で林与一さんが出てきて、懐かしいと思ったら、この回でコレラで亡くなったことになってしまいました。    
吉田松陰役の小栗旬さんも、たぶん来週で出番が終わりのようですね。    
何と贅沢な使い方だろう、と今更ながら思っています。    
   
一橋慶喜役の小泉孝太郎さん、本格的に登場です。    
小泉元首相のブームにはまったく乗れなかったのですが、息子さんの方にはなぜか応援したくなっています。    
演技云々より前に、いつまでも聡明さと爽やかさを失っていない印象がいいですね。    
井伊直弼と対峙する緊迫したシーンで、立ち居振る舞いのたびに衣擦れの音がしたのが印象的でした。
 

   
恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか? DVD-BOX    
   

 

 

今回は、覚馬(西島秀俊)の妻・うらとして長谷川京子さんが登場しました。    
八重とは真逆な女性で、それが返って皮肉っぽくて面白さを感じましたね。    
村上弘明さん(松平春獄)や小市慢太郎さん(古川春英)も登場してきて、そのたびにいちいち反応してしまいます。 

そのために、メインの人たちをつい脇に置いてしまいました。   
来週も、“安政の大獄”から“桜田門外の変”まで、怒涛のような展開で、そちらの方に目が行きそうですね。    
それを丁寧に描くことで、その時代を生き、乗り越えていく八重たちが浮き彫りになるわけで、もう少し時間がかかりそうです。

 

ダブルフェイス ~潜入捜査編・偽装警察編~[西島秀俊]    

 

原色[綾瀬はるか]    

 

<これまでの感想>   
第1回 第2回 第3回 

    NHK大河ドラマ「八重の桜」公式サイト 

 

 

    
八重の桜(1)[山本むつみ]   

   
NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 「八重の桜」1 [坂本龍一・中島ノブユキ] 

   
    
新島八重と幕末[由良弥生] 

カメラが撮らえた会津戊辰戦争[「歴史読本」編集部]    

 

« 「相棒season11」第13話“幸福な王子” | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖」第3話 »

大河ドラマ「八重の桜」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon