旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「八重の桜」第3回“蹴散らして前へ” | トップページ | 「八重の桜」第4回“妖霊星” »

「相棒season11」第13話“幸福な王子”

「相棒season11」第13話“幸福な王子”    
                                         テレビ朝日  1月23日放送 

 

    
相棒season11 オリジナルサウンドトラック
 

   
今回は、いい話を盛り込んだ事件でしたが、それほど複雑な展開ではありませんでしたね。    
それよりも、陣川(原田龍二)回として、ネタ回としての面白さを期待していたものです。    
   
それなのに、最初から、捜査一課を前にしての右京(水谷豊)の強気で強引な言動に違和感を覚えてしまって・・・。    
これほど大っぴらに彼らを無視し、偉そうに行動をする人でしたっけ?    
確かに変人で、突飛な行動をする人ではありましたが・・・。
あの切手を貼り換えるシーンも嫌な感じがしました。   

気になるとすべてが気になってしまって、なかなか内容に集中できませんでした。   
甲斐(成宮寛貴)とは意気投合しすぎていて、まるで分身みたいですね。    
謎解きシーンなども、甲斐が右京の言葉をそのまま引き継ぐかたちで参加していて、その息の合い方が逆に気になってしまったものです。      

 

逆転裁判
 

 

 

おかげで、今回のある意味主役であるはずの陣川が目立ちませんでしたね。   
二人がかりで陣川を馬鹿にしていると見えてしまったのは気のせいでしょうか?    
特に右京の態度が冷たく感じましたけど・・・。    
甲斐の“何だ、経理なの”とか、右京の“(陣川を特命に引っ張ることを)まるで思いつきませんでした”とか、いちいち気になりました。    
セリフの言い方もかなり大きいような気がします。    
これまでは、陣川がどんなに鬱陶しく、ドジをしても、周囲には彼に対する好意を感じさせたし、そういう温かい空気を感じたものです。    
今回は、幸子(鈴木杏樹)さえも、初対面のはずの悦子(真飛聖)も、一緒になって馬鹿にしているように見えてしまいました。
 

   
メイド刑事 DVD-BOX    
   

 

 

映像はこれまでのブルー中心を避けて、かなり明るくなっていましたね。   
真犯人のシーンで珍しく映像を斜めにしていたのが印象的でした。    
内容に集中できなかったのは確かですが、さすがに社長(山下規介)が自分で手紙に切手を貼るものだろうか、という疑問は持ちましたね。    
   
例によっての陣川がフラれるシーンですが、あずみ(足立梨花)のそれまでとはうって変わって、妙に明るい言動(演技)に引いてしまいました。    
何だか、ほかの刑事ドラマと同じようになってしまったように感じたものです。    
今シーズンは、明るく軽くわかりやすくがテーマなのでしょうかね。    
新しい相棒になって、視聴者も一新しようとしているのかな、とちょっと意地悪に考えてしまいます。    
官房長(岸部一徳)がいた頃の、重くて深くて陰影があり、でもユーモアもあって、というどこか余裕のある大人な「相棒」は望めないのでしょうか。    
   
来週は放送が休みのようです。

 

HOME 愛しの座敷わらし スペシャル・エディション    

 

   
   
   
これからは、昨日の放送の感想から離れます。    
   
本放送の前に、録画していた“神の憂鬱”(season8・最終話)を久しぶりに観ました。    
神戸(及川光博)が特命に左遷された本当の理由、本人もわからなかった真実が明かされる回です。    
   
どこかギクシャクしていた二人の関係がワン・シーズンかけて近づいていき、この回のラストで“ようこそ、特命係へ”と、右京が照れくさげに語りかけるシーンで終わります。    
その感動的なシーンに“暇か?”と角田課長(山西惇)が現れて、バックに流れたテーマ曲を一瞬止めてしまう、というのがまた楽しくてなりません。    

捜査一課の伊丹(川原和久)が刑事部長(片桐竜次)にたて突いて、“たまに、ああなる”という名言?を吐かれた回でもあります。    
片桐さん、このところドラマの合間に車のCMで登場していて、ちょっと笑ってしまいます。

及川さんが2代目相棒に選ばれたものの、キャラクターが出来ていなくて、役作りは本人に丸投げされたと言われています。   
及川さんの繊細で自然な所作は、本当に神戸のイメージを創っていましたね。

櫻井武晴さんが、その及川さんの頑張りに応えたいとこの回を書いたと言われています。 
このシーズンは、複数の脚本家がそれぞれに伏線を散りばめていて、それを櫻井さんが一気に見事に回収した、とファンの間で大絶賛されたのが、この“神の憂鬱”です。    
   
全国的に頻繁に再放送があるのに、この回はなぜか再放送されることが極端に少なく、こちら(仙台)でも、一度観たことがあるだけです。    
理由の一つに、防犯カメラ顔認証システムについてどこからかクレームが入っているから、などと言われていますが、本当のところはどうなのでしょう。    
本放送を録画していた自分としては、ちょっと自慢ですね。   
   
この回に興味のある方は、こちらでどうぞ。   
「相棒 season8」最終回スペシャル“神の憂鬱”  2010.3.11. 

 

   
相棒 season 8 DVD-BOX 1   
相棒 season 8 DVD-BOX 2   

 

 

<これまでの感想> 

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話    
第11話元旦スペシャル 第12話 

<関連記事> 

「相棒season11」今夜放送開始 2012.10.10.   

                          「相棒」公式サイト 

 

 

    
相棒 season 10 DVD-BOX 1    
相棒 season 10 DVD-BOX 2 

相棒 を検索   

 

     

« 「八重の桜」第3回“蹴散らして前へ” | トップページ | 「八重の桜」第4回“妖霊星” »

ドラマ「相棒season11」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon