旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ぴったんこカン・カン」の松田翔太さん | トップページ | 三國連太郎さんの訃報、そして佐藤浩市さん »

「八重の桜」第15回“薩長の密約”

大河ドラマ「八重の桜」第15回“薩長の密約”    
                                                NHK総合  4月14日放送 

 

    
八重の桜(前編)

 

   
お正月の八重(綾瀬はるか)の晴れ着姿が素敵でした。    
鉄砲を扱う時とはまったく違って、初々しくて新婚らしくしっとりしていましたね。    
主役なのに、見所がそこあたりしかないのが苦しいところですが・・・。    
   
最初に新島襄(オダギリジョー)が登場してきて、一気に物語は進むのかと思ったものです。    
実際は、長州征伐をするかどうかで、延々と引っ張っている感じでしたね。    
会津藩・容保(綾野剛)と家臣たちの苦悩も、佐川官兵衛(中村獅童)と新選組の斎藤(降谷建志)の気迫の稽古シーンも、もう絵としか見えなくなってしまっていることに、自分でちょっと驚いています。      

 

綾野剛 写真集 『胎響』 [平間至]    
     

エンドロール~伝説の父~ [中村獅童]   
       

 

 

もう、内容よりも俳優さんたち一人一人の演技をじっくり観させてもらっているという感覚に陥っています。   
薩摩藩の西郷吉之助(吉川晃司)大久保一蔵(徳重聡)と、長州藩の桂小五郎(及川光博)とが密約に至るまでのシーンから、覚馬(西島秀俊)の妻・うら(長谷川京子)と姑(風吹ジュン)の何気ない会話シーンまで・・・。    
それぞれの演技に観入っていました。   

   
   
ファンタスティック城の怪人 [及川光博&THE FANTASTIX]    
 

 

   
今回の儲け役は、一橋慶喜を演じている小泉孝太郎さんですね。    
慶喜がこんなにコロコロと姿勢を変え、腹芸を見せる人だとは思いませんでした。    
大政奉還を行った人で、維新後も長生きしたこと程度は知っていましたが・・・。    
松平春獄(村上弘明)と腹の探り合いをするシーンがありましたが、小泉さんがこんな役を、こんな演技が出来るんだと驚いたものです。    
いつも好青年役でしたからね。    
正直、このシーンでの、徳川宗家は継ぐけれども将軍職は拒否するという意味がよくわかりませんでしたけど・・・。 

 

コールセンターの恋人 DVD-BOX [小泉孝太郎] 
       
 

原色 [綾瀬はるか]    
   

 

   
<これまでの感想>    
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回    
第11回 第12回 第13回 第14回 

                  NHK大河ドラマ「八重の桜」公式サイト 

 

 

    
八重の桜(1)[山本むつみ]    
八重の桜(2)[山本むつみ] 

    
NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 「八重の桜」1 [坂本龍一・中島ノブユキ] 

新島八重愛と闘いの生涯 [吉海直人]    
   

 

 

« 「ぴったんこカン・カン」の松田翔太さん | トップページ | 三國連太郎さんの訃報、そして佐藤浩市さん »

大河ドラマ「八重の桜」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon