旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 特集ドラマ「ラジオ」6/2再放送 | トップページ | 「八重の桜」第22回“弟のかたき” »

ジョルジュ・ムスタキさんの訃報に

歌手のジョルジュ・ムスタキさんが、23日に亡くなりました。    
久しぶりに名前を聞いたら、訃報だったのが悲しいですね。    
   
昔、コンサートに行ったことがあります。    
彼の歌は、たった一曲しか知らなかったのですが・・・。    
テレビドラマ「バラ色の人生」(1974年・TBS)のテーマ曲「私の孤独」がその一曲でした。    
   
寺尾聰さん主演のドラマは、とても救いが感じられない内容でしたね。    
草笛光子さんがアパートの一室で孤独に死んでいくシーンが忘れられません。    
ムスタキさんのボソボソと語るような静かな歌は、ドラマにあまりに似合いすぎていました。    
   
ドラマのオープニングシーン&テーマ曲 ↓    
Ma Solitude / Georges Moustaki 「バラ色の人生」最終回より 

 

私の孤独~ジョルジュ・ムスタキ    
   

 

 

コンサートのムスタキさんは、あの哲学者のような雰囲気がそのままの人でした。   
ニコリともしないで、こちらの方が息を飲むようにして、緊張していたような気がします。    
司会者や通訳が付いていたかどうか、記憶にないのですが、常に自分のペースで静かに歌っていたという感じでした。 

印象的だったのは、二人の女性に挟まれて、ギリシャのダンスを踊ったことです。   
映画「その男ゾルバ」(1964年)で、アンソニー・クインが踊ってみせたダンスですね。    
両腕を真横に広げ、二人と肩を組むような感じで、静かに踊ってみせました。    
ちょっと異空間、異国情緒を感じさせたものです。    
   
コンサートの後は、恒例で、レコード(当時)を集めまくりましたね。    
ニュースでは、代表曲「異国の人」を恋の歌と紹介していましたが、あれだけ聴いたのに内容はまったく知りませんでした。    
それだけ重たい印象がありましたが、彼の歌は気持ちにフィットすると癒しにもなりました。    
絶望的気分をエスカレートさせることも、無かったとも言えませんが・・・。    
   
シャルル・アズナヴールジルベール・ベコー、そしてアダモも、シャンソン歌手と言われながら、その枠組みには入りきれないミュージシャンですよね。    
ムスタキさんも含めて、みんな祖国はフランスではない人たちということもあってか、背負っているものが伝わる骨太さを感じさせます。    
彼らの前に存在した軟派に感じるシャンソンは苦手でしたが、彼らの歌は大好きになりました。    
みんな、実際にコンサートに行ったことがあるからかもしれませんが・・・。    
   
久しぶりに、ムスタキさんのレコードを引っ張り出して、聴いてみたくなりました。

 

ムスタキ自伝思い出の娘たち [ジョルジュ・ムスタキ]    
 

 

 

ジョルジュ・ムスタキ「私の孤独」
 
 
 

« 特集ドラマ「ラジオ」6/2再放送 | トップページ | 「八重の桜」第22回“弟のかたき” »

音楽」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon