旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「出張!徹子の部屋」&改めて「相棒」のこと | トップページ | 「半沢直樹」初回を観ました。 »

「八重の桜」第27回“包囲網を突破せよ”


大河ドラマ「八重の桜」
第27回“包囲網を突破せよ” 
                                                         NHK総合  7月7日放送
 

   
    
八重の桜(前編)    
八重の桜(後編)

 

オープニング映像の前半部分が変わりましたね。   
桜の枝が捻じれていく面白い映像に見とれてしまいました。 

正直、いつまでこの戦いのシーンが続くんだろう、と思ってしまいました。   
どう見ても勝ち目のない戦さに、八重(綾瀬はるか)が髪を切って、“早ぐ追っぱらってしまわねど”と、夜襲までしてしまうのは切ないですね。 
それにしても、至近距離で銃を射ち合うシーンは、正視できません。 

 

原色 [綾瀬はるか]    
 
 

   
   
城に籠って戦っているのに、サブタイトルはどういう意味なのだろうと思っていたのですが・・・。    
山川大蔵(玉山鉄二)が彼岸獅子を先頭にして鶴ヶ城に入ることを言っていたんですね。    
このエピソードを初めて知りました。    
こんな方法が成功するということは、敵味方に分かれていても戦いにルールがあるということなのでしょうか。    
単に敵が混乱しただけでしょうかね。    
   
興味を持って調べてみたら、このエピソードはかなり有名な話なんですね。    
だから、ストーリーに盛り込まれているわけで、私だけが知らなかったようで、ちょっと恥ずかしいですが・・・。    
ただ、知らない分、調べて知る面白さはありますね。    
知将と呼ばれた大蔵は、この戦いの後も出世していくようです。    
会津が負けることは歴史的事実ですから、登場人物のその後が明るいとホッとしますね。 

 

尾根のかなたに ~父と息子の日航機墜落事故~    
     

 

 

今回は女性たちの悲劇が描かれていました。   
中野竹子(黒木メイサ)の“無事に城に戻ったら、八重に鉄砲を教えてもらおう”というセリフには泣けました。    
視聴者にとっては、ナギナタを稽古している時点で、こうなることが見えていましたから・・・。    
母親が負傷した竹子の首をはねようとしたシーンは目を逸らしましたが、結局そのまま置き去り?という感じで、よくわからないまま終わってしまいましたね。

 

ジウ 警視庁特殊犯捜査係 DVD BOX [黒木メイサ]    
     

 

有名(らしい)竹子の最後より、個人的には神保雪(芦名星)のシーンがより印象的でした。    
芦名さんの気丈なのに儚げな雰囲気が何とも素敵(と言っていいのか)で・・・。    
一時は雪を助けようとした男が彼女の意思の硬さを知り、“三途の川を渡るときには、誰それの妻と堂々と名乗れ”と自刃用の小刀を渡すシーンは良かったですね。    
まったく知らない俳優さんなのですが・・・。    
時代劇の良さって、このような様式美的なセリフやシーンがあるからかもしれないと、改めて思ったものです。
 

   
たとえ世界が終わっても CYCLE SOUL APARTMENT スペシャル・エディション [芦名星]    
       

 

城に入れなかった日向ユキ(剛力彩芽)の家族の苦難も描かれていましたが、来週の予告では無事でいたようで、ちょっとホッとしたりしています。    
   
城内では、容保(綾野剛)に開城を進言する西郷頼母(西田敏行)がますます孤立していく感じになっています。    
容保も引くに引けないし、官兵衛(中村獅童)ら若い人たちが台頭してきて、混乱の中にも世代交代のようで・・・。    
大蔵が加わったことで、少しは形勢が変わるのでしょうか。    
この戦い、いったいどこまで続くんだろう、と思っていますが・・・。 
 

   
八重と会津の女たち [山村竜也]    
     

会津維新銘々伝 [星亮一]    
   

 

 

<これまでの感想>   
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回    
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回    
第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 

                   NHK大河ドラマ「八重の桜」公式サイト 

 

 

    
八重の桜(1)[山本むつみ]    
八重の桜(2)[山本むつみ]    
八重の桜(3)[山本むつみ]    
    
NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラックⅠ [坂本龍一・中島ノブユキ]    
NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II  [坂本龍一・中島ノブユキ]

 

 

« 「出張!徹子の部屋」&改めて「相棒」のこと | トップページ | 「半沢直樹」初回を観ました。 »

大河ドラマ「八重の桜」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon