旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「あまちゃん」月曜日から感動 | トップページ | 「あまちゃん」重要回で、ハンガーやら絶対音感やら・・・ »

「八重の桜」第29回“鶴ヶ城開城”

大河ドラマ「八重の桜」第29回“鶴ヶ城開城”   
                                                      NHK総合  7月21日放送    

 

    
八重の桜(前編)    
八重の桜(後編)

 

八重(綾瀬はるか)の父・権八(松重豊)や山川大蔵(玉山鉄二)の妻・登勢(白羽ゆり)の死、とますます悲劇性が増していって・・・。    
それでも、会津魂で戦う家臣たちを見て、容保(綾野剛)は降伏を決断するわけですが、こちらはそのときの状況をぼんやりして見過ごした感があります。    
あれだけ沈着冷静で聡明な大蔵が、弟・健次郎(勝地涼)に切腹を迫ったりするほどに追い詰められた状況になっていたことはよくわかりましたが・・・。   

 

尾根のかなたに ~父と息子の日航機墜落事故~   
       

 

   
何より印象的だったのは、激しい砲撃が続く前半と、降伏した後の静けさでした。    
どうしてこうなってしまったのだろう、そういう思いは深いでしょうね。    
今回は会津が主役のドラマですが、どんな戦いにも同じような状況が繰り返されていたのだろうと、しみじみと思ってしまいました。    
八重の戦いは格好良かったですが、そういう問題ではないですよね。    

 

綾野剛 RUN GO RUN ~裸にしたい男 プレミアム・エディション~    
   

 

 

城を明け渡すときに、掃除をする二葉(市川実日子)とその娘の会話は切ないものがありました。
板垣退助(加藤雅也)が土足で入ったもののそれに気がつくという、予定調和と言っても、こういう表現にはホッとしますね。    
密命を帯びて降伏嘆願に行った秋月(北村有起哉)が雑兵たちにいいようにあしらわれるシーンなど、辛いものがありましたから・・・。    
“勝てば官軍”とはよく言ったものです。    
   
容保が家臣を前に自分の罪を謝り、“皆を守る。何があっても生き延びよ”に対して、八重が“殿こそ、生き延びて”と反論しますが、こういうやりとりは実際にあったのでしょうか。    
謹慎の会津藩士に交じっていた八重を夫・尚之助(長谷川博己)がわざと明らかにして、八重を残すシーンがありましたが、これも史実でしょうかね。    
歴史に疎いと、こんなシーンに興味が沸きます。    
尚之助のこの後も気になります。    
後に結婚するという斎藤一(降谷建志)と時尾(貫地谷しほり)のツーショットのシーンもありました。    
大河ドラマは歴史への、特に数々の細かなエピソードへの好奇心を呼び、勉強を促しますね。
 

   
雲の階段 DVD-BOX    
     
 

 

先日、「八重の桜ツアー ただいま、東北 いわき編」を観ました。    
佐川官兵衛役の中村獅童さんと西郷隆盛役の吉川晃司さん、そして語り手の草笛光子さんが出演していました。    
獅童さんと吉川さんは、草笛さんと合流することは無く、男臭い二人旅でしたね。    
吉川さんが、“悪役で申し訳ない。石が飛んできたらどうしようと・・・”と仮設商店街の皆さんを笑わせていました。    
獅童さんが意外に無口で、吉川さんがリードする感じでしたね。    
それでいて、獅童さんが小さな女の子の手を握っていたのが印象的でした。    
化石の発掘体験をする二人はなかなか面白かったです。    
草笛さんのフラダンスはさすがでしたね。

 

エンドロール~伝説の父~ [中村獅童]    
     

 

 

<これまでの感想>   
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回    
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回    
第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 

                   NHK大河ドラマ「八重の桜」公式サイト

 

 

綾瀬はるか「戦争」を聞く [綾瀬はるか]   
   

   
    
八重の桜(1)[山本むつみ]    
八重の桜(2)[山本むつみ]    
八重の桜(3)[山本むつみ]   
   
    
NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラックⅠ [坂本龍一・中島ノブユキ]    
NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II  [坂本龍一・中島ノブユキ]    
   
   
新島八重を歩く [星亮一]    
   

 

 

« 「あまちゃん」月曜日から感動 | トップページ | 「あまちゃん」重要回で、ハンガーやら絶対音感やら・・・ »

大河ドラマ「八重の桜」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon