旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「半沢直樹」初回を観ました。 | トップページ | 「八重の桜」第28回“自慢の娘” »

童話「はらぺこおなべ」(神沢利子著)を読む

図書館で、珍しくも童話本コーナーをウロウロしてみました。   
声が出にくいためのリハビリ用に、このところ音読している五味太郎さんの「絵本をよんでみる」(リブロポート)の影響です。 

 
絵本をよんでみる [五味太郎]    
    

 

   
紹介されている「キミちゃんとかっぱのはなし」(神沢利子・作/田畑精一・絵)を中心に探しても探しても見つからず・・・。    
諦めたところで目に留まったのが「はらぺこおなべ」(神沢利子・作/渡辺洋二・絵)でした。    
   
童話を読むなど何十年ぶりか、読んだことさえ記憶に無いほどなのですが・・・。    
これはもうびっくりでしたね。    
自分の中では、童話は残酷な部分は描かないものだ、という思い込みがありました。    
今は別に規制も何も無いんだ(もともと無いのかもしれませんが)と思ったら、この本は1970年に発行されていたんですね。    
はらぺこおなべのおばあさんが、出会ったものを次から次へと食べていくストーリーに、どこかドキドキしながら入り込んで読んでしまったものです。   
子供たちが行ったり来たりしている中で、夢中で読んでいた自分に気がつき、笑えましたが・・・。     

 

はらぺこおなべ [神沢利子]   

 

 

「はらぺこおなべ」の内容は・・・   
台所で料理をするのに嫌気がさしたおなべばあさんが、今度は自分が食べてやろうと旅に出る。    
ソーセージから始まって、めんどりやきゃべつを食べ、川の水を飲みどんどん大きくなっていく。    
トマトやじゃがいも、キツネや牛を食べ、更におなべは大きくなってゆく。    
飢えはとどまるところを知らず、川から海へ出たおなべは魚を食べ尽くし、とうとうくじらを飲み込んでしまうが、それでも飢えはおさまらない。    
食べても食べてもはらぺこで、満腹にならなくて、体はどんどん大きくなるから、またどんどんおなかがすいて、最後は宇宙の彼方に飛んでいってしまう。    
   
つい残酷さに気持ちが行ってしまいましたが、これは大人が読むとかなり深いですよね。
“求不得苦”(求めて得られない苦しみ)という仏教用語を思い出してしまいました。    
これをきっかけに、自分の中ではしばらく童話ブームが続きそうです。   

   

キミちゃんとかっぱのはなし [神沢利子]   
 
しあわせなワニくんあべこべの1日 [神沢利子] 
   

 

 

« 「半沢直樹」初回を観ました。 | トップページ | 「八重の桜」第28回“自慢の娘” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon