旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「八重の桜」第37回“過激な転校生” | トップページ | 「八重の桜」第38回“西南戦争” »

「あまちゃん」“それを作れば・・・”からクドカンさんまで

連続テレビ小説 あまちゃん Part2    

 

朝ドラ「あまちゃん」を相変わらず楽しんで観ています。    
残り少ないと思うから、よけいにですね。    
   
毎回、印象的なシーンやセリフがあるんですが、今日は“それを作れば、ヤツがやってくる”・・・。    
鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が、被災したあまカフェでのチャリティーライブを希望している話に、副駅長・吉田(荒川良々)がつぶやき、妻・しおり(安藤玉恵)が受けていました。    
映画「フィールド・オブ・ドリームス」(1989年)は好きな作品でしたから、こちらもすぐに反応しました。    
相変わらず、クドカン(宮藤官九郎)さんの“わかる人だけわかればいい”というスタンスでの、セリフのひとつでしょうね。    
   
映画「フィールド・オブ・ドリームス」の感想などを書いていますので、    
よろしかったらどうぞ。 ⇒ フィールド・オブ・ドリームス  2008.5.31. 

 

フィールド・オブ・ドリームス [ケヴィン・コスナー]   
 

 

   
   
現在、クドカンさんの「いまなんつった?」(文春文庫)を読んでいます。    
ひとつひとつのエピソードや文章が面白くて、ゆっくり時間をかけて楽しんでいます。    
これを読むと、本当にたくさんの作品を観ていることがよくわかりますね。    
本の中で紹介された黒澤明監督の「どですかでん」(1970年・山本周五郎原作「季節のない街」)やティム・バートン監督の「ビッグ・フィッシュ」(2003年)を観たくなりました。    
どちらも、父と息子の物語のようです。 

 

いまなんつった? [宮藤官九郎]    
     

どうして人はキスをしたくなるんだろう? [宮藤官九郎]   
   

 

 

想像通り、薬師丸ひろ子さんの「Wの悲劇」(1984年)も観ていたようです。    
大女優役の三田佳子さんのセリフ“女優!女優!女優!”を紹介していますから、今回の鈴鹿ひろ美に投影しているのがよくわかりますね。   

   
   
Wの悲劇 デジタル・リマスター版 [薬師丸ひろ子]   
    

   
   
クドカンさん、20歳の頃、会話について行けず、“つーか知らねーし”みたいな態度をとっていて、先輩から“知らないっていうのはなあ、恥ずかしい事なんだぞ”と言われたそうです。 
結果的にその言葉に救われたと言い、とにかく無性に悔しくて、映画や演劇、音楽はもちろん、本や新聞まで読んで知識を増やした、とのこと・・・。    
いつしか自分にとって知らないということは“恥ずかしい”ではなく、“悔しい”ことに変わっていた、と書いているのが印象に残りました。    
他の文章が、面白おかしく書いてあるので、よけいに目立ったかもしれません。    
何より、今こうしてみんなを楽しませてくれているのは、そんな積み重ねがあってのことで、あまり表に出ない部分を見ることができて良かったですね。    
一見して軽くヘラヘラした(失礼!同郷の誇りです)ように見える文章を読む機会が多かったので、真面目な文章に当たると驚かされます。    
   
鈴鹿ひろ美のライブがどうなるのか、ドラマを観ている側もドキドキものですよね。    
歌唱指導の春子(小泉今日子)の迫力におびえて、“褒められて伸びてきたんです”のセリフには笑いながら、デビューの頃の初々しい薬師丸さんが重なって見えたりしたものです。
指導を受けている薬師丸さんの歌声が無音になっているのが凄いです。
いったい結果はどうなっているのか・・・。   
この辺に感動を持ってくるのも、クドカンさんの上手いところでしょうね。    
ドラマ的に、ある程度回復?した状況にするのか、それともドラマを完全に無視して、薬師丸さんの天使の歌声で聴かせるのか。    
両方に興味がありますが、最後の最後ですから、薬師丸さんの歌で聴けたらと思ったりしています。    
あんなに綺麗な声で上手く歌えるのに、よくオンチの役を引き受けたものだと言われ続けた薬師丸さんですから・・・。    
 

   
歌物語 [薬師丸ひろ子]    
      

 

あまちゃん 歌のアルバム    
*「地元に帰ろう」収録   

NHKウィークリーステラ増刊 あまちゃんメモリアルブック 2013年 10/30号    
    *2014年カレンダー
 
NHK連続テレビ小説あまちゃん 能年玲奈 featuring天野アキ完全保存版    
     

 

 

<関連記事>   
宮藤官九郎さんが朝ドラ脚本を・・・ 2012.6.5.    
「おはよう日本」宮藤官九郎さんインタビュー 2013.1.11.    
「あまちゃん」に松田龍平&薬師丸ひろ子さん 2013.1.19.    
朝ドラ「あまちゃん」始まりました。 2013.4.1.    
「あまちゃん」もやしと梨明日 2013.4.3    
「あまちゃん」あまりに楽しすぎて・・・ 2013.4.20.    
「あまちゃん」あまりに楽しすぎて・・・Part2 2013.4.23.    
「あまちゃん」宮藤官九郎さんのちょっとした話 2013.5.8.    
「あまちゃん」すべては来週の予告編に・・・ 2013.5.11.    
「あまちゃん」松田龍平さん登場 2013.5.17.    
「あさイチ」プレミアムトークの宮藤官九郎さん  2013.5.24. 
「あまちゃん」パロディ連発&松田龍平さん&種市高校  2013.6.7. 
「あまちゃん」“第1部・故郷編”最終回  2013.6.22. 
「あまちゃん」“第2部・東京編”に突入・3日目  2013.6.26. 
「あまちゃん」薬師丸ひろ子さん登場  2013.6.29. 
「あまちゃん」月曜日から感動  2013.7.22.   
「あまちゃん」重要回で、ハンガーやら絶対音感やら・・・  2013.7.26. 
「あまちゃん」奇跡のツーショット  2013.7.27. 
「あまちゃん」勢いに乗せられて  2013.8.9. 
「あまちゃん」改めて、松田龍平&薬師丸ひろ子さん  2013.8.24. 
「あまちゃん」今日は、ミズタク(松田龍平)祭り  2013.9.4. 

    NHK連続テレビ小説「あまちゃん」公式サイト 

 

 

    
あまちゃん 完全版 DVD-BOX 1    
あまちゃん 完全版 DVD-BOX 2    
あまちゃん 完全版 DVD-BOX 3 

   

連続テレビ小説 あまちゃん オリジナル・サウンドトラック [大友良英]   
連続テレビ小説 あまちゃん オリジナル・サウンドトラック2   

   
春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ビクター編 [ 宮藤官九郎(監修、選曲) ]    
    
春子の部屋~あまちゃん 80’S HITS~ ソニーミュージック編 [ 宮藤官九郎(監修、選曲)]    

 

 

« 「八重の桜」第37回“過激な転校生” | トップページ | 「八重の桜」第38回“西南戦争” »

作品タイトル~あ行」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon