旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 日本シリーズ・東北楽天日本一に | トップページ | 朝ドラ「ごちそうさん」最後の視聴? »

「八重の桜」第44回“襄の遺言”

大河ドラマ「八重の桜」第44回“襄の遺言”   
                                                                   NHK総合  11月3日放送   
 

    
八重の桜完結編

 

先週の予告でのこのサブタイトルに驚いて、つい調べたものです。   
そこで、新島襄(オダギリジョー)は亡くなっていないことを知っていましたら、安心して?観ていられましたね。   
   
オープニングの映像が、いろいろ趣向をこらして頻繁に変わっています。   
低い視聴率を気にしての苦心なのかな、とつい余計なことを考えたりしていますが・・・。    
今回は、絵ろうそくの美しさと、それを作る作業も映っていて、観入ってしまいました。    
絵ろうそくは会津の伝統工芸品なんですね。    
初めて知りました、というか、歴史も含めて初めてのことばかりです。    
隣の県なのに・・・。      

 

会津絵ろうそく 梅 10号(約17cm)2本箱入【会津鶴千代】   


 

今回は、同志社は徴兵免除にならない私学のために、退学者が続出するという窮地に陥るという状況・・・。   
嘆願に行った襄に冷たい伊藤博文(加藤虎ノ介)が、個人的にはツボでした。    
襄は大学設立の資金集めにヨーロッパへ行き、そこで心臓病になり、遺書が無事を知らせる手紙より遅れて届いたおかげで、ホッとさせました。    
出発の前の、八重(綾瀬はるか)との手紙についてのやりとりは良かったですね。    
ひとことだけで良いと気遣い、慌ててせめて二言三言だけでもと甘え、お互いを思う気持ちが伝わってきて、ほのぼのとしたひと時でした。 

   
 
メゾン・ド・ヒミコ [オダギリジョー]    
     

 

   
唐突なように、松平容保(綾野剛)と照姫(稲森いずみ)のシーンがあって驚きました。    
このときは、二人とも健在だったんですね。    
それにしても、過去があまりにも重たくて、明治17年になっても、戦後からまるで時間が止まったような二人で、切ないものがありました。 

   
 
綾野剛 RUN GO RUN ~裸にしたい男 プレミアム・エディション~   
   

 

   
襄の留守を預かり、生徒の謹慎処分で外国人教師と激しく対立する八重ですが、母・佐久(風吹ジュン)が舎監を辞めることでいったんは治まったようですが・・・。    
こんな状況が繰り返されるのかと思うと、観ている側は辛いですね、正直なところ・・・。    
   
書生の青木栄二郎(永瀬匡)と時栄(谷村美月)のことは、おおごとになり、来週に続くようですが・・・。    
なんだか、覚馬(西島秀俊)の前妻・うら(長谷川京子)の立場はどうしてくれるという気分になりました。    
でも、谷村さん、自然な色っぽさを感じさせて、大人っぽくなりましたね。

   

谷村美月 写真集 『FAKE』   
     
 

【カレンダー】綾瀬はるか    

 

<これまでの感想>   
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回    
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回    
第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回    
第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回 第35回 第36回 第37回    
第38回 第39回 第40回 第41回 第42回 第43回 

            NHK大河ドラマ「八重の桜」公式サイト 

 

    
八重の桜 完全版 第壱集 DVD BOX    
八重の桜 完全版 第弐集 DVD BOX    
八重の桜 完全版 第参集 DVD BOX 

    
八重の桜(1)[山本むつみ]    
八重の桜(2)[山本むつみ]    
八重の桜(3)[山本むつみ]    
八重の桜(4)[山本むつみ]    
    
NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラックⅠ [坂本龍一・中島ノブユキ]    
NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II  [坂本龍一・中島ノブユキ] 

京に咲く同志の桜 [桜井裕子]    
   

 

 

« 日本シリーズ・東北楽天日本一に | トップページ | 朝ドラ「ごちそうさん」最後の視聴? »

大河ドラマ「八重の桜」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon