旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「相棒season12」第5話“エントリーシート” | トップページ | ドラマ「時計屋の娘」沢尻エリカ&國村隼出演 »

「八重の桜」第46回“駆け落ち”

大河ドラマ「八重の桜」第46回“駆け落ち”   
                                                                   NHK総合  11月17日放送   

 

    
八重の桜完結編

 

今回も、サブタイトルを見る限り八重(綾瀬はるか)の影が薄いのかと思ったものですが、後半になって存在感がありました。    
母・時栄(谷村美月)を追い出したと思って、激しく反発する久栄(門脇麦)ですが、あの時の八重の言動を理解するにはまだ大人になっていないということでしょうね。 
賢くて読書好きで、小説家を目指す徳富健次郎(太賀)と愛し合い駆け落ち寸前まで行く流れですが、正直観ていて久栄にイラッとしてしまいました。    
こちらが、もう若くないという証拠のようなものでしょうが・・・。    
それにしても、あんなに真っ直ぐで頑固だった八重が、逆の立場になっているのが、つくづく年月の流れを感じさせますね。 
   
当時の世相を考えても、小説が軟弱なもので、小説家で食べていける状況にはない、ということ。    
真正面から真剣に問いかける八重に、つい若者らしく本音で答える健次郎、というシーンが印象的でした。    
その健次郎がいずれ徳冨蘆花になるんですね。    
八重の桜紀行で、蘆花がその後成功して穏やかに暮らしたような紹介があって、何だかホッとしたものです。 

 

不如帰改版 [徳富蘆花]   
       

 

あっという間に亡くなってしまったみね(三根梓)にも驚きましたが、彼女の勉学への想いがちゃんと久栄に伝わって、立ち直っていく姿が清々しかったですね。    
時代が大きく変わった時に、凛として立ち上がる女性は魅力的です。    
みねの後を追うように、新島襄(オダギリジョー)の父・民治(清水紘治)が亡くなるのにも驚きました。    
久栄の母親代わりとして悩む八重に、しみじみと語った親としての想いが印象的でした。 

   
   
シグナル 月曜日のルカ [三根梓]    
   

 

   
今回の八重の見せ場?に大きく力を貸したのが、ユキ(剛力彩芽)だったんですね。    
再会した彼女から出た“いつも八重姉さまならどうするかと考えた”・・・。    
これは、八重を完全にヒロインとしての位置に持ち上げる言葉ですよね。    
どうしても八重が脇に回るエピソードが続きましたから・・・。    
   
ユキは、本当にしばらくぶりの登場でした。    
戦後、大変な苦労をしていてそのまま音信不通かなと思っていたら、北海道で幸せに暮らしていたんですね。    
何だかホッとしました。    
それにしても、剛力さんが大きな子供のいる役ですか、と驚いたものです。    
前回の「平清盛」では武井咲さんも常盤御前役で同じような状況でしたから、これはこれで様式美のようなものとして結構受け入れられます。
 

 
ビブリア古書堂の事件手帖 DVD-BOX [剛力彩芽]   
     

 

   
考えてみれば、このドラマの放送もあと少しなんですね。    
あまり先が見える感じがしないので気がつかなかったのですが・・・。    
錚々たる俳優さんたちがいなくなってしまって、どうなることかという気がしないでもなかったのですが、個人的には知らない人物やエピソードがあって新鮮な気持ちがしています。
これは前回の「平清盛」も一緒ですが、人物について調べたりして、楽しみ方はいろいろですね。

 

メゾン・ド・ヒミコ [オダギリジョー]    
       

【カレンダー】綾瀬はるか    

 

<これまでの感想>   
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回    
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回    
第20回 第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回    
第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回 第35回 第36回 第37回    
第38回 第39回 第40回 第41回 第42回 第43回 第44回 第45回 

       NHK大河ドラマ「八重の桜」公式サイト

 

    
八重の桜 完全版 第壱集 DVD BOX    
八重の桜 完全版 第弐集 DVD BOX    
八重の桜 完全版 第参集 DVD BOX
 

    
八重の桜(1)[山本むつみ]    
八重の桜(2)[山本むつみ]    
八重の桜(3)[山本むつみ]    
八重の桜(4)[山本むつみ]    
    
NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラックⅠ [坂本龍一・中島ノブユキ]    
NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II  [坂本龍一・中島ノブユキ] 

京に咲く同志の桜 [桜井裕子]    
   

 

 

« 「相棒season12」第5話“エントリーシート” | トップページ | ドラマ「時計屋の娘」沢尻エリカ&國村隼出演 »

大河ドラマ「八重の桜」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon