旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 半村良著「湯呑茶碗」読了 | トップページ | 特集ドラマ「ラジオ」芸術祭大賞&28日再放送 »

「全日本フィギュアスケート選手権2013」羽生結弦選手たち

フィギュアスケートファン2014 

 

昨夜の「全日本フィギュアスケート選手権2013」(フジテレビ)、4時間弱の放送にしっかり付き合いました。   
   
羽生結弦選手は、こちら仙台の出身ですから、特別な思いで観てしまいます。    
幼さを残した頃から、ローカル放送で取り上げられていたので、今の活躍が何とも頼もしく、嬉しいですね。    
   
100点超えとなった一昨日のショートは、最初から笑顔で、滑っていくたびに自信に満ちてきて、ダイナミックでスケールの大きい演技が圧巻でした。    
つい最近まで、女性コミックに登場するような華奢で可愛らしいというイメージが強かったんですが・・・。    
昨日のフリーも、言われ続けた課題の体力をクリアして、たくましささえ感じさせ、滑り終えた時にはキリッとした表情を見せていました。    
もうすっかり、堂々と世界に立つ第一人者なんですね。    
   
羽生選手を見ていて気持ちが良いのは、4回転ジャンプに入る直前の演技がスムーズなところです。    
男子は4回転(女子は3回転半)を飛ぶのが常識のようになっていますが、飛ぶ寸前の動作を見ていると、はっきりと飛ぶことの予想がつくので、こちらが緊張感でいっぱいになります。    
いつも思うのですが、例えば100%の成功の確率が無ければ飛ばないという選択は無いのでしょうか。    
本番の機会が少ないから、ということなのでしょうかね。    
仕事などとは別物で、スポーツ選手じゃないとわからないんでしょうか。    
今突然、イチロー選手ならどう考えているんだろうと思ってしまいました。 
   

                              

羽生結弦 カレンダー 2014年        羽生結弦 カレンダー 2014年            
‐            
            
蒼い炎            
ワールド・フィギュアスケート 62            
日本男子フィギュアスケートFanBook CuttingEdge2013+Plus (SJセレクトムック)            
フィギュアスケート2013-2014シーズンオフィシャルガイドブック (アサヒオリジナル)            
フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シ            
by G-Tools

男子は、羽生選手は別にして、高橋大輔選手を応援してきました。   
どうしても一般的にはジャンプに注目が行きますが、高橋選手のステップは魅力的ですよね。    
怪我をしていて、最後のシーズンが不本意に終わったのが、何とも残念です。    
本人が何より悔しいでしょうが・・・。    
今日、ソチオリンピックの代表者が決まるようですが、心情的には入ってほしいとは思います。    
ただ、小塚崇彦選手も織田信成選手も、それぞれに苦難を乗り越えてここまで来た事情があるわけで、みんなに行ってほしいというのが正直な気持ちですね。

誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術 (朝日新書) 
誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術 (朝日新書) 

   
正直、これまで女子はほとんど観ていませんでした。    
人気・実力ともに浅田真央選手が群を抜いて素晴らしいとはわかっていても、報道が彼女一辺倒なのがどうも納得がいかないのです。    
NHKさえも、安藤美姫選手や鈴木明子選手が活躍しても、浅田選手をトップに紹介しますから、ね。    
別に浅田選手本人が悪いわけではありません。    
   
安藤選手の、何かを超越したような、それでいて表情豊かで繊細な演技に感動しました。
スランプを乗り越えてくしゃくしゃの涙と笑顔を見せた村上佳菜子選手、難病で車椅子生活から復活した木原万莉子選手など、感動的なシーンの連続でした。    
   
昨日の放送では、まったく知らなかった、後に続く選手たちの姿を観られたのも良かったですね。    
伸び伸びとした演技で、可能性に満ちていて、何とも気持ちの良いものでした。    
ショートは、それぞれがつられるようにして全員ミスが無いという、こちらにはストレスがかからない幸せな時間でした。    
   
15歳の小柄な宮原知子選手が「戦場のメリークリスマス」で滑った時には嬉しかったですね。    
最近「戦メリ」を聴く機会が多いと思ったら、まもなくクリスマスでした。    
あまりクリスマスの雰囲気など無い映画なんですが、ね。    
どうしても、ラストシーン、“メリークリスマス、ミスターローレンス”と叫ぶビートたけしさん(北野武監督)のまん丸顔のアップが浮かんできます。 

                              

トップスケーターの流儀 中野友加里が聞く9人のリアルストーリー          トップスケーターの流儀 中野友加里が聞く9人のリアルストーリー            
中野 友加里         
         
            
フィギュアスケートDays Plus 2013 Winter 男子シ            
フィギュアスケートファン2014            
ワールド・フィギュアスケート 62            
氷上の奇跡2013-2014 (別冊家庭画報)            
by G-Tools

« 半村良著「湯呑茶碗」読了 | トップページ | 特集ドラマ「ラジオ」芸術祭大賞&28日再放送 »

スポーツ」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon