旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「あさイチ」震災から3年、10代の“心の軌跡” | トップページ | 「相棒season12」第18話“待ちぼうけ” »

「緊急取調室」最終話

 

 

昨夜の「緊急取調室」(テレビ朝日系)最終話を観ました。
このドラマは、初回を観ただけだったのですが、再放送でゲストが安達祐実さん(第3話)、根岸季衣さんら3人(第5話)の回を観て俄然興味が沸いてきたものでした。
そして、浅野和之さん(第7話)の回が決定的でしたね。
天海祐希さん演じる真壁の夫(眞島秀和)の死の真相がわかりそうな展開でしたから・・・。
そこには、テレビ朝日の刑事ドラマ得意の、警察内部の不正があるようで、その闇の部分をどのように暴き出すのかという興味で最後まで惹きつけられました。

取調室のシーンが主というちょっと目新しいドラマで、俳優さんのセリフの多さ、その緊張感は大変なものだろうなあと思いながら観ていましたね。
たまたま観た回の取り調べ対象は女性でしたが、同性同士の火花が散って緊張感一杯だったり、逆に緩い会話が交わされたりと、回ごとの緩急に面白さを感じたものです。

 


女信長 ディレクターズカット版 DVD-BOX [天海祐希]

 

何と言っても素敵なのは、出演者でしたね。
初回は、それが目的で観たのですから・・・。
オトコマエな天海さん、豪華なベテランの俳優さんを脇に回して、埋もれることなく堂々とした主役でした。
同僚役の大杉漣さん、小日向文世さん、でんでんさん、とどうしてこれだけ揃えることが出来たのだろう、と奇跡のスリーショットに思えるのですが・・・。

 

DVD>抜け穴の会議室 [大杉漣]
銀のエンゼル [小日向文世]
冷たい熱帯魚  *でんでん

 

それに、最後まで味方か敵かわからなかった管理官役田中哲司さん、とても魅力的でした。
個人的には、一番魅かれるものがありましたね。
そして、ずっと写真だけの出演だった真壁役の眞島さん、出番があってホッとしました。

 

そして父になる DVDスタンダード・エディション   *田中哲司 
なぜ君は絶望と闘えたのか   *眞島秀和

 

 
永遠の二枚目、刑事部長役の草刈正雄さんがこんな役をやるなんて、と魅力が増しましたね。
「相棒」で警察庁次長役の石坂浩二さんと交代してみたらどうなるだろうと、一瞬考えたものです。
捜査一課長役の篠井英介さんも相変わらず怪しさいっぱいでしたし・・・。
これまでは軽い印象が多かった鈴木浩介さん、一人浮いているかなと思った速水もこみちさん、このもつ鍋コンビも最後は決めましたね。

 

0093女王陛下の草刈正雄 [草刈正雄]
MOCO’Sキッチン新レシピコレクション(vol.2) [速水もこみち]

 

結局、ストーリー以上に、俳優さんの魅力を充分に楽しめたドラマでした。

脚本の井上由美子さんは、どうしても「白い巨塔」(2003年・フジテレビ系)を思い出します。
重厚な作品が多いのかと調べてみたら、シリアスからコメディまでジャンルが広いようですね。
また広がったわけで、続編が期待できるのかもしれません。

          木曜ドラマ「緊急取調室」公式サイト

 

緊急取調室 DVD-BOX


緊急取調室 [井上由美子]
緊急取調室(2)

 

 

« 「あさイチ」震災から3年、10代の“心の軌跡” | トップページ | 「相棒season12」第18話“待ちぼうけ” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon