旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「SWITCHインタビュー」阿川佐和子vsふなっしー | トップページ | 「あさイチ」プレミアムトークの小日向文世さん »

「あさイチ」プレミアムトークの武田鉄矢さん

 

 

今朝のNHK「あさイチ」プレミアムトークのゲストは、武田鉄矢さん。   
武田さんと言えば、“金八先生”であり、物知りで探究心が強く饒舌というイメージがあり、人によってはその説教臭さが苦手という人もいますね。    
こちらも、ちょっとその感じが無きにしも非ずだったのですが・・・。    
とは言っても、高倉健さんが亡くなったばかりなので、ちょっと心配していました。    
   
さすがに金八先生も老いを感じさせましたが、相変わらず話は面白かったですね。    
ホワイト&ブラックを使い分ける(表裏だけで、結局つながる)話から入りました。    
いつまでも“金八先生”で、“僕は死にましぇ~ん”では、辛いですよね。    
後で、中年期にうつ病っぽくなる話がありましたが、求められ続けることの疲れは想像以上のものがあったのでしょう。

 

    
幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター2010[高倉健]

 

   
「贈る言葉」の歌詞の1番も2番も彼女にフラれたから、3番は夫婦喧嘩の末に、という話には笑いと驚きがありました。    
だからと言って、歌の価値が下がるというわけでもありませんが・・・。    
   
フォークソングについてのこだわりの話も面白かったです。    
拡大解釈して大きくしても、事実はあるべきだ、というのが持論のようです。    
“匂いが無いシクラメン” “料金が取られるのにフリーウェイ”と笑いでちょっと批判していました。    
名前を挙げた中の一人井上陽水さんに、「母に捧げるバラード」はジョン・レノンの「Mother」をリスペクトして作ったということを一蹴された話も打ち明けてくれて、姿勢は違っても仲はいい様子を想像させたものです。    
   
思い出したのは、さだまさしさんのコメントでした。    
綺麗すぎる音楽との意見に対して、“綺麗な上澄みの部分だけをすくって作っているが、常に底には泥があることを意識している”というような言葉でした。    
ミュージシャンとして向っている方向は違っても、それぞれに凄いなあと改めて思いますね。       

   

    
武田鉄矢 & 海援隊 REUNION WORKS [武田鉄矢] 

 

 

新曲「そうだ病院へ行こう」の話は、笑いながらとても納得しながら聞きました。   
病院との付き合いが長いのでよくわかるのです。    
笑いにならないことが多いですが、確かに病のパワーのようなものを感じますね。    
大動脈の弁を取り替えるのが3回目という86歳の患者さんの、“86歳になるのは初めてなので怖いです”という言葉はとても胸に来ました。    
いくつになっても、その年齢は初めてですものね。    
   
“なんで歳をとるんでしょうね” “若死にしなかったから”の会話には笑いながら、何だか切なかったものです。    
“たったひとりで 健康よりも みんなで少し 病気のほうが 人に優しくされるしできる”(歌詞のラスト)には納得するばかりでしたね。    
病気話になると、元気になる私ですけど・・・。      

 

*「そうだ病院へ行こう」収録   
去華就実~花散りて次に葉茂り実をむすぶ~[海援隊]

 

後半の、MCの名前(快&有)に関する授業も面白かったのですが、その前の、人生や仕事を山に例えた話が一番印象的でした。   
40代にうつ状態になって、先輩たちから大きな影響を受けたと・・・。    
司馬遼太郎さんの、辛いけど黙って歩きなさいという“男の関所”の話から始まって、50代60代になって感じたことのようです。    
“山へ登ったということは、山を降りるということ”    
“降りることをダメになると思っちゃダメ。来たところへ戻る旅”    
   
有働さんから降り方について聞かれ、降り方の勉強を開始して、バタバタしない毎日を過ごすこと、一日の歩幅を決めること、と語っています。    
私もこの年齢(どの年齢?)になって、どうしても降りることは衰えることのようにばかり感じてしまっていたので、とても沁みる言葉でした。    
こちらのブログのタイトル「疲れたら休め・・・」もその辺の感覚かなあ、と自画自賛してみました。
 

 
   
西の窓辺へお行きなさい [武田鉄矢]

 

 
ちょっとよけいなことを思い出しました。    
「3年B組金八先生」(TBS系)の第1回放送を観ています。    
金八先生が生徒のトラブルの知らせを聞いて、台所のガスを点けっ放しで出かけてしまったシーンがいまだに気になって仕方がありません。    
私の記憶違いだといいのですが・・・。    
それで、期待値が少し下がってしまったことを覚えています。    
まさか長いシリーズになるなんて思いもしませんでしたね。 

 

   
3年B組金八先生 第1シリーズ DVD-BOX [武田鉄矢] 
 
   
刑事物語 <詩シリーズDVD-BOX> [武田鉄矢] 
 
くじけないで [八千草薫]

 

 

« 「SWITCHインタビュー」阿川佐和子vsふなっしー | トップページ | 「あさイチ」プレミアムトークの小日向文世さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon