旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ラジオ深夜便」萩本欽一の人間塾:タモリさん | トップページ | 羽生結弦選手のアクシデントに・・・ »

ドラマ「信長協奏曲」を楽しむ

 

   

 

「信長協奏曲」(フジテレビ)を毎回楽しんでいます。   
まさかほとんど縁の無かった月9に、というちょっとした気恥ずかしさはありますが・・・。    
高校生が戦国時代にタイムスリップをするという内容を知って、初回をほんの冷やかし気分で覗き、面白くなかったらすぐにも観るのを止めるつもりでしたね。    
   
それが意外に面白くって楽しめました。    
テンポの良さもあったかもしれません。    
一番気に入ったのは、入れ替わった信長を変だと思いながら、それ以上ツッコむことが無い、疑うことをしない、という設定ですね。    
そこが一番観ていて気持ちが良いのです。    
疑心暗鬼のままに進む話って、暗くって嫌ですし、何より観る側としてはストレスが溜まります。    
当然、そちらの方がスリリングで面白いと思う人もいるのでしょうが・・・。    
   

   
BORDER DVD-BOX [小栗旬]   
 
 
 

次々登場する人物の名前を知っている程度で、何をした人なのか、詳しくわからないという歴史オンチなので、型にはめないで観ていられます。   
歴史に詳しい人たちにはストレスが溜まるかもしれませんが・・・。    
かなり破天荒な展開、人物たちと言うことになるのでしょう。    
   
大河ドラマ「軍師官兵衛」に出演している人が、こちらに出てくると、もう混乱しまくりです。   
今回は、徳川家康役で濱田岳さんの登場でした。    
やはり歴史に疎いサブロー(小栗旬)でも、家康の功績は知っているわけで、力強く将来を保証し、それに家康が感激するシーンには笑いながら、なぜか気持ちが良かったものです。    
サブローがどこまで行っても素のままで、それが良い結果を生む(それは周りの力も大きい)というパターンで、毎回何気に感動を呼ぶことになります。    
   
とても高校生とは見えないと言われた小栗さんですが、何だか楽しそうですね。    
演技力があり、華もある俳優さんなので、こちらとしてはまるでねじ伏せられるような感覚で観ています。    
柴咲コウさん(帰蝶)、向井理さん(池田恒興)、山田孝之さん(藤吉郎)らも、こちらが考える本人のイメージに合い過ぎていて楽しいです。
 

   
    
青天の霹靂 通常版   
   
    
小野寺の弟・小野寺の姉 -お茶と映画ー 

 

このドラマ、一応歴史的事実の大まかな部分は外さないのでしょうが、次に何が起きるかわからないですね。   
そう言えば、西田敏行さんの斎藤道三もタイムスリップしていたなんて、唖然としたものです。   
歴史を知らない方が、何とも楽しめる、何だか得した気分で次回を待てます。

 

                       「信長協奏曲」公式サイト

 

<小栗旬さん関連記事>
「ボクらの時代」前編:市川海老蔵、藤原竜也、小栗旬さん  2009.4.7.   
「ボクらの時代」小栗旬&小出恵介&トータス松本さん  2010.7.14.   
小栗旬さんらの「ぴったんこカン★カン」2時間SP  2011.5.7.   
「BORDER~警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」最終話“越境”  2014.6.7.

 

 

   
信長協奏曲ドラマ放送記念スペシャル版 
 
   
信長協奏曲(1) [石井あゆみ]   
 
信長協奏曲 1-11巻セット[石井あゆみ]

 

 

« 「ラジオ深夜便」萩本欽一の人間塾:タモリさん | トップページ | 羽生結弦選手のアクシデントに・・・ »

作品タイトル~な行」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon