旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« CMの淀川長治さん | トップページ | 「相棒」season7・第3話“沈黙のカナリア”<再放送> »

「スタジオパークからこんにちは」の高橋一生さん

昨日の「スタジオパークからこんにちは」(NHK)のゲストは、俳優の高橋一生さん。   
昨年の大河ドラマ「軍師官兵衛」が終わったばかりですが、引き続いての「信長協奏曲」(フジテレビ系)の浅井長政役も印象的でしたね。    
井上九郎右衛門役もそうでしたが、物静かさが逆に強い印象を残す俳優さんに思えます。    
   
オープニングで、MCの竹下景子さんに久しぶりと挨拶をしていましたが、まさか「吾輩は主婦である」(2006年・TBS)での共演以来ということではないでしょうね。    
「吾輩」では、脚本を手掛けた宮藤官九郎さんに似た感じがして、宮藤さんが出演もしたのかと思ったものです。    
当時はそのくらいの印象でした。    
   
印象深かったのは、「相棒」(season4・第4&5話)(season5・第5話)での精神科医の助手役でした。    
殺人鬼役の小日向文世さんが凄まじい演技をした後に続いて、高橋さんの普通さが奥深い怖さを感じさせる、何とも忘れがたいミニシリーズになりましたね。 

 

相棒 season 4 DVD-BOX 1 *第4&5話 収録   
相棒 season 5 DVD-BOX 1  *第5話 収録   

 

「軍師官兵衛」に関わった1年は生活サイクルの一部になっていて、家族のようになり離れがたく、”黒田官兵衛ロス”になった気持ちを語っています。   
その一年という時間が無ければ、構築できなかったなあ、とも・・・。    
物静かでクールなイメージの九郎右衛門について、“歌舞伎の拍子木みたいなイメージだった” “間をすごく任されているような気がして、何も音が無い空間を自分は背負わなくては、という気になってやらさせてもらった”と・・・。    
   

 

    
軍師官兵衛 完全版 第壱集 DVD-BOX   
軍師官兵衛 完全版 第弐集    
軍師官兵衛 完全版 第参集      
   
   

 

官兵衛役の岡田准一さんは高校の同級生で、今回が初共演。   
現場では“殿”と呼んで、周囲に気を遣われるような空気を作らないようにしたそうです。    
VTRで出演の岡田さん、“共演が夢だった。学校の屋上で語り合った” “演技が上手くて、天才と呼ばれていた”と・・・。    
   
ここで視聴者向けにクイズ・・・しばらくこの番組を観ないうちに、こういうことをやるようになったんですね。    
大河で、高橋さんが一瞬で出来たこととは?    
1.鎧で馬に乗る   2.縦笛   3.毛筆    
正解は、縦笛。    
普通音が出るのに3か月はかかると先生が驚いたようです。    
そのシーンが紹介されましたが、吹き替えじゃないことの方に驚いてしまいました。    
今朝の「あさイチ」(「花燃ゆ」特集)でも、高良健吾さんの三味線とか東出昌大さんの詩吟の稽古シーンが紹介されましたが、俳優って凄い、大河って手抜きしないのだと、やはり並の世界ではないと思わせられました。
 

   
ライクドロシー   
ライクドロシー 

 

   
竹下さんよりプロフィールの紹介。    
10歳でデビュー、中3の時に宮崎アニメ「耳をすませば」(1995年)の声優になり、その1週間後には声がガラガラになり声変わりしたと明かしています。    
舞台は「4 four」(2013年)で文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞。    
NHK大河出演は、「元禄繚乱」(1999年)「新選組!」(2004年)「風林火山」(2007年)「軍師官兵衛」(2014年)。    
現在、2月の舞台(マーキュリー・ファー)稽古中。    
すでにセリフが入っていることに対する竹下さんの驚きの声に、気持ちが焦ってしまって頭に入れないと動けないから、と・・・。

 

    
耳をすませば

 

   
趣味は登山で、「クライマーズ・ハイ」(2005年・NHK)に出演したのがきっかけとか。    
40山ほど登っているようです。    
登山の魅力を、一人で登ると、人に会いたくなりしゃべりたくなるから、と・・・。    
岡田さんと登った(大河の前)写真も紹介されています。    
先回りをして点検をしてくれている高橋さんに、文句を言いながら登った、とVTRの岡田さん。    
   
驚くことに(何しろ、この番組を観るのが久しぶりなので)生歌の披露がありました。    
曲は、THE BOOMの「からたち野道」。    
高橋さんは中学時代にバンドを組んでいたとのことですが、作った宮沢和史さんの特徴のある歌い方がわかるほどに難しそうな曲でした。    
その間の視聴者からの“拍手”(こういうシステムも初めてです)が29万超えで、記録更新だそうです。    
ピアノ伴奏が菅野祐悟さんで、「軍師官兵衛」のオープニングテーマをちょっとだけ弾いてくれました。    
改めて良い曲だったと思いますね。    
大河ドラマは、やはり何から何まで力の入れようが凄い、と感動したものです。    
   
ラスト、視聴者からのFAX紹介。    
素顔がイケメンとか、“大好きだよ”と言ってほしい、とか、ちょっとこちらが恥ずかしかったですね。    
家電や植物に名前を付けるらしく、それをファンが知っているのも凄いですが、“寄生植物に、しげる先生”には笑ってしまいました。 

   
モザイクジャパン   
   
    
NINAGAWA×SHAKESPEARE DVD-BOX7

 

 

« CMの淀川長治さん | トップページ | 「相棒」season7・第3話“沈黙のカナリア”<再放送> »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon