旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「あさイチ」プレミアムトークの堤真一さん | トップページ | 「流星ワゴン」第1話 »

朝ドラ「マッサン」鴨居か堤真一さんか

   

   
今朝の朝ドラ「マッサン」を注目して待ちました。    
堤真一さんが「あさイチ」プレミアムトークで話していたシーンがありましたから・・・。    
   
マッサン(玉山鉄二)がエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)とともに鴨居(堤真一)を訪ねて、退職届を出すシーン。    
マッサンの甘さを徹底的に指摘し、独立して何もかも背負う仕事の厳しさを教え、そして最後には資金援助を申し出る・・・。    
その間には、期待し信頼していたマッサンを失う寂しさ、悔しさも感じさせながら・・・。    
それでも、マッサンを羽ばたたかせようという大きな度量を見せる、という本当に魅力的な演技でしたね。    
あくまでドラマ(実話とは言え)のシーンなのに、圧倒されて観てしまいました。    
鴨居に成りきった堤さん、というかどっちがどっちかわからなくなって、最後は何だか泣けそうになりました。    
   
“セリフを信じて言うしかない”    
“カメラに撮られているという意識がほとんど無かった”    
そう語っていたシーンでした。    
もう感動して、“第1部、終わり!”みたいな感じで、このまま終わってもいいような気がしたものです。    
次回からは、風間杜夫さんがその立ち位置に来るような気がして、期待しています。 

 

    
俺はまだ本気出してないだけ [堤真一]

 

 

最初の頃、マッサンがウイスキー造りに成功するまでの紆余曲折を半年かけて観なければならないのか、とちょっとした不安を感じたものです。   
それが当たって、これまではマッサンが理想ばかり追いかける自分本位の甘ちゃんにしか見えなくて、それの繰り返しで、観るのに挫折しかけていました。    
でも、ここに来て、本気が感じられるようになりました。    
まだまだこれからも挫折などがあるのでしょうが、ぜひ強さ(頑固さでもいいから)を見せる大人として描かれるといいですね。    
   
玉山さん、今朝のシーンでは受け身で見せどころにはならなかったでしょうが、映画「ハゲタカ」(2009年)で見せたような若くして存在感のある演技を期待しています。 

 

映画 ハゲタカ 

 

<関連記事>   
朝ドラ「マッサン」のメイキングを観ました。  2014.9.15. 
朝ドラ「マッサン」1週間経って  2014.10.4.    
朝ドラ「マッサン」エリーは長屋のおかみさん  2014.10.28.   
「あさイチ」プレミアムトークの堤真一さん  2015.1.16. 

 

                NHK連続テレビ小説「マッサン」公式サイト

 

 

    
連続テレビ小説 マッサン 完全版 DVDBOX1   

麦の唄 [中島みゆき] 
   
   
「マッサンの妻」竹鶴リタが大切にしたもの [竹鶴孝太郎]

 

« 「あさイチ」プレミアムトークの堤真一さん | トップページ | 「流星ワゴン」第1話 »

作品タイトル~ま行」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon