旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「古畑任三郎」season3“再会”<再放送> | トップページ | 映画「リトル・フォレスト 夏・秋」 »

「相棒season13」第15・16話“鮎川教授最後の授業”

「相棒season13」第15・16話“鮎川教授最後の授業”   
                                                        テレビ朝日  2月11日・18日放送

 

 

“なぜ人を殺してはいけないのか”   
深くて重たいテーマが出てきて、惹き込まれて観た前編でした。    
さすがに一筋縄ではいかない、観る側にざわつきを感じさせる脚本は、輿水泰弘さんのものでしたね。    
   
少し前まで、“人を殺してみたかった”として殺人を犯した女子大生や、シリアで殺害された日本人の衝撃的なニュースがありました。    
女子大生も後藤さんも、こちらの出身者なので、全国ニュースに更にローカルニュースと、連日とてもテレビを正視できませんでしたね。    
その後ということで、何とも複雑な思いで観ましたし、この命題に例えドラマでもどんな答えを出してくるのだろう、そう思って後編を待ったものです。    

    
相棒season12 DVD-BOX1(6枚組)    
相棒season12 DVD-BOX2(6枚組)  

 

 

でも、後編を観たら、ちょっとスケールが小さくしぼまった感がありました。   
これだけ難しいテーマを持ち出したのに、結局、右京(水谷豊)や社美彌子(仲間由紀恵)、教え子たちを理不尽に巻き込んで、実の娘・黎子(石野真子)に復讐させるためのきっかけにしたということでしたから・・・。    
肩すかしを食ったという感覚がありますね。    
ドラマですから、エンターテインメントですから、そう真面目に期待して観るものではない、とは思いますが・・・。    
   
右京たちの恩師・鮎川役の清水紘治さんは、2度目の登場です。    
前回は、season2・第1話「ロンドンからの帰還~ベラドンナの赤い罠」・第2話「特命係復活」(2003年)でした。   
娘(須藤理彩)との複雑な愛憎が描かれた(こちらは娘の一方的なものでしたが)、かなりインパクトの強い作品ではありましたね。
脚本はやはり輿水さんで、ヒッチコックの「サイコ」(1960年)をそのまま持ってきたようなシーンもありました。   

 


相棒 season 2 DVD-BOX 1[5枚組]

 
   
右京に“正当防衛か、殺意があったか”と問い詰められて、殺意があったと認めた黎子ですが・・・。    
ラスト、美彌子が右京へ “一種の暗示だったのでは?”と語るシーンは興味深かったですね。    
やはり簡単には終わらない、終わらせないドラマです。    
弾きがねをひいた瞬間、頭は空白になり、殺意があったかどうかわからなかったが、右京が追及することで気づいた気になっただけではないのか。    
   
憎しみに強迫観念、その後の後悔なども複雑に絡まって、そう認めてしまったのではないか、と私も思いました。    
あのシーンで、やはり仲間さんが次の相棒かな、と思ったりしたものです。    
及川光博さんの神戸がイメージに重なって、歓迎したくなりましたね。 

 

 
SAKURA~事件を聞く女~ 

 

 

<これまでの感想>    
第1話 ・・・ 第10話 ・・・   

 

                    「相棒season13」公式サイト

 

 

   
相棒シナリオ傑作選 [輿水泰弘] 
相棒シナリオ傑作選(2) [輿水泰弘] 
 
   
相棒 -劇場版3- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 豪華版DVD BOX

 

« 「古畑任三郎」season3“再会”<再放送> | トップページ | 映画「リトル・フォレスト 夏・秋」 »

作品タイトル~あ行」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season13」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon