旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 特別展「国宝 吉祥天女が舞い降りた!」へ | トップページ | 朝ドラ「まれ」と小日向文世さん »

「あさイチ」プレミアムトークの松田翔太さん

 

 

15日放送「あさイチ」プレミアムトークのゲストは、松田翔太さん。   
注目している若手俳優の一人です。    
大河ドラマ「篤姫」(2008年)の家茂役、「平清盛」(2012年)の後白河法皇の役、と短い映像での紹介がありましたが、その成長の度合いが素人目にもよくわかりましたね。    
   
それにしても、最後にauのCM映像が出てきたのには笑ってしまいました。    
桃太郎に扮して“ぱっか~ん”というものです。    
このCMシリーズ、何パターンもある上に、桐谷健太さん(浦島太郎)も濱田学さん(金太郎)も適役で、大好きですね。    
   
インタビュー番組は珍しいと言いながらも、自分の好みに合わせてくれたらしい白いワンピース姿の有働さんに対する態度など落ち着いたものでした。    
そんなクールなイメージと違って、本当は盛り上げタイプ、“生粋の次男坊”だからと笑いを誘っていました。    
   
松田さんが師匠と仰いでいるのが、所ジョージさん。    
これには驚きましたね。    
つながりがまったくイメージできませんから・・・。    
もともと所さんのファンだったらしい。    
   

    
大河ドラマ 平清盛 総集編

 

 

その所さん、“ぱっか~ん”とVTRで登場。
松田さんを評して、“汗かいても汗を感じないタイプ。爽やかな感じ。格好つけてもイヤミじゃない”。
所さんの仕事場兼遊び場“世田谷ベース”に遊びに行ったり、電話で車やバイク、週末何した?などと、30分も話したりする仲らしい。
骸骨の模型をもらったので、スポーティに改造して持参したが、“そのまま置いたままだよ”とVTRの所さん。

   
    
所さんの世田谷ベース10 DVD-BOX

 

   
最新作「イニシエーション・ラブ」に共演の前田敦子さんもVTRで出演。    
カラオケでは英語の歌を格好良く歌うと暴露。    
本人曰く、カラオケにハマッたとのこと。    
   
映画は80年代が舞台ということで、ボードでテクノカットやカセットテープなどの紹介。    
有働さんも井ノ原さんも生き生きとして、松田さんへ説明をしていました。    
映画は遠距離恋愛が描かれていて青春映画に見えますが、“最後の5分ですべてが覆る”という衝撃的な展開があるらしいです。    
   
松田さん、“イニシエーション・ラブ”の思い出を聞かれ、小6のときにもらったラブレターを、疎遠になった中1の夏に、返してくれと訪ねてこられた話を・・・。   

 

   
    
名探偵の掟 DVD-BOX [松田翔太]

 

   
17歳で、イギリス留学。    
当時イラク戦争があって、アメリカではなくイギリスへ。    
自分の世界の狭さ、窮屈さを感じて、何かを得たい、変わりたい、母親への恩返しもあって、とのこと。    
   
イギリスでは、アートの学校を受験、建築デザインを専攻。    
空き巣被害にあったり、母親に啖呵を切ってしまって送金が無く経済的に苦しかったり・・・。言葉の壁もあって差別を感じたりする中で、今も続く親友を得たようです。    
   
19歳で帰国するときに、やれなかったこと(ホテルに泊まれなかったことなど)を箇条書きにして、10年目の今年、それを全部やり返してきた、らしい。    
それは特に楽しくなかった、と・・・。    
俳優として変わったことをみんなが褒めてくれたこと、友達がいるということを確認できたことが楽しかった、と語っています。    
   
今年、30歳になることで、俳優としての本番と考えている。    
人として説得力ができるし、自分がわかってきている。    
20代は苦手なものもやってきたが、得意なことを突き詰めてやっていきたい。    
自分らしく、自分が楽しいと思うことを、つらくても乗り越えてやっていきたい、と・・・。    
   
“父親(松田優作)が死んだ歳が目標になっている。良い指標になっている”    
父親の映像を見ることがあるかとの問いには、“当時は当時の感覚があるので(観ても比べることは無い)”と・・・。    
   
自撮りしながら、バックカントリースキーをしている映像が紹介されています。    
スキーは小学生時代からで、70、80歳まですべれれば、いい。    
特に雪山が好きで、美しく過酷で、普通の感覚ではいられない、スイッチを入れないと、とその魅力を語っています。    

   

    
アフロ田中 [松田翔太]

 

   
FAXコーナーでは・・・    
俳優でなかったら?~デザイン関係    
20代、どう生きれば?~失敗を楽しんで    
今後演じてみたいものは?~時代物(1950年代?)    
高2、クラスになじめない~どう思われるか考えず、自分は自分。ユーモア、失敗してみんなに笑ってもらう。    
身体作りは?~ホットヨガにハマっている。    
綺麗と可愛い、どっちが好き?~どっちも    
好きなタイプは?~品のある、女性らしい。    
   
遠距離恋愛で、手紙やカセットテープを利用した内容に、松田さんも手紙が好き、    
消した跡がわかるし、気持ちがそのままのるので、感謝の手紙を良く書くとのこと。    
遠くの彼氏より近くの彼に、という内容には、自分もそっちのほうとコメントしたとたんにエンドマークが出ました。    
   
番組中、MC側からは松田優作さんの名前は一言も出ませんでした。    
松田さんも、特に意識する様子も無く、話の流れで自然に“父親”という言葉が出ていました。    
松田翔太という俳優が認知されていて、本人も自信があって・・・。    
親の七光りという言葉はすでに死語なのかもしれない、そう思えたインタビューでした。    
   
私は、どちらかというと、松田龍平さんのほうのファンなのですが、これだけ落ち着いて先を見据えて、俳優としての自分を語れる翔太さんも頼もしいと感じましたね。    

   

   
海の上の診療所 DVD-BOX [松田翔太]

 

 

« 特別展「国宝 吉祥天女が舞い降りた!」へ | トップページ | 朝ドラ「まれ」と小日向文世さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon