旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 朝ドラ「まれ」と小日向文世さん | トップページ | NHKドラマ10「美女と男子」鑑賞中 »

「スタジオパークからこんにちは」長谷川きよしさん

 

 

昨日23日の「スタジオパークからこんにちは」のゲストは、シンガー・ソングライターの長谷川きよしさん。   
   
久しぶりに見かけた長谷川さんは白髪交じりで、歳月の流れを感じてしまいました。    
昔、加藤登紀子さんとのジョイント・コンサートを見に行ったことがあります。    
加藤さんが長谷川さんをエスコートして登場したシーンを思い出しました。    
二人とも似たような声質、歌い方で、好きでしたね。    
   
2歳で失明、20歳でデビューし、今年は46年目とのこと。    
椎名林檎さんと「灰色の瞳」、大竹しのぶさんと「死んだ男の残したものは」をデュエットしている映像が紹介されました。    
VTR出演の大竹さんが、長谷川さんの集中力、その圧倒的な歌声とギターの世界を絶賛しています。    
   
記録映画「若い心の詩」では、馬とびや棒を持って元気に動き回る、盲学校小2の長谷川さんが観られました。    
中学時代に歌手を夢み、ギターを始めたものの、高校時代は進路に悩み、友人に進められたシャンソンコンクールで上位入賞。    
在学中に「銀巴里」のオーディションに受かって歌い始め、そこでスカウトされデビュー。

    
After Glow [長谷川きよし]

 

 

「愛の讃歌」と「心震える時」を生歌で披露しています。
「愛の讃歌」は、よく知られた訳詞(岩谷時子さんの?)ではなく、よりピアフの歌詞に近いものという説明がありました。    

「心震える時」は、毎晩「ラジオ深夜便」から流れてきています。    
いつもうつらうつらしながら聴いているので、あまり感慨がなかったのですが・・・。    
埼玉命の電話主催のコンサートのために作った曲とのことで、これからは違って聴こえるでしょうね。    
様々なことに押しつぶされそうになり、死を考える人たちと、24時間つながる命の電話。    
“ひとつ息をする もうひとつ息をする”    
繰り返されるフレーズが印象に残ります。    

   
   
    
心震える時 [長谷川きよし]

 

   
現在、京都に住んでいるんですね。    
これは意外でした。    
昔はこちら仙台に住んでいると聞いていたので、そのままこちらにいるものと思っていました。
函館に住んでいて、私生活での事情(2度の結婚)があって後の京都生活らしいです。    
   
京都移住が2011年、その年号を聞いただけで、すぐ察してしまうのはこちらの事情ですね。
東日本大震災の10日後に京都・神戸でのコンサートが予定されていたとのこと。    
阪神淡路大震災のこともあって、“こういうときこそ、音楽”とアドバイスをもらって、決行したようです。    
   
視聴者へ、長谷川さんが京都でわくわくすることの3択クイズ・・・    
“和菓子のにおい” “お寺の鐘の音”ではなく、一番少なかった“観光客の声”でした。    
楽しくて仕方がない、そういうところに自分は住んでいるんだ、と答えています。    
   

   
    
Sunday Samba Session [長谷川きよし]

 

   
   
本当に久しぶりに長谷川さんの伸びやかな歌声と見事なギターさばきを楽しめました。    
もしかして、と探しみたら、LPレコード「遠く離れたおまえに」(1979年)が出てきました。    
我ながら、何にでも首を突っ込む(柔軟性があって、広範囲に関心が行くと思いたい)というか、物持ちがよいというか。    
せっかくなので、久しぶりに聴いてみます。

 

   
長谷川きよし TWIN BEST -Early Works 1969~1977-   
   
加藤登紀子 長谷川きよし LIVE [加藤登紀子 長谷川きよし]    

 

 

« 朝ドラ「まれ」と小日向文世さん | トップページ | NHKドラマ10「美女と男子」鑑賞中 »

音楽」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon