旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 武田百合子著「日日雑記」を読む | トップページ | 「ブラタモリ」仙台“杜”と“都” »

ミニマリストって?

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

昨日のNHK「おはよう日本」で、“ミニマリスト”が紹介されていました。   
ミニマリスト・・・モノを持たない生活をする人、初めて聞く言葉です。    
   
映像には30代の男性が二人登場しました。    
家具やカーテンなどが一切ないフローリングの部屋の壁に寄りかかって、膝の上のノートパソコンを操作している男性。    
最初から、そのあまりのシンプルさに目を奪われてしまいました。    
   
洋服は数着を着まわし、風呂場には液体石鹸ひとつだけ・・・。    
あらゆる余計なモノを捨てたその光景を、清新と感じるか、壮絶すぎると感じるか、観ていて困惑したことも事実です。    
   
最初の映像だけが印象深く残ってしまって、番組の内容をほとんど忘れてしまいました。   
下記の方のブログに詳しく書かれていますので、どうぞ。
 
    ⇒  にんじ報告

 
 

スマートサイジング    
タミー・ストローベル 増田沙奈    
4905447194    
関連商品      
減らす技術 新装版(仮)    
持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない    
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -      
スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 (DO BOOKS)      
by G-Tools

 

 

断捨離をしたいのになかなかできない自分では、戸惑いを隠せませんでした。
たとえば、本を読みたくなったら、テレビやDVDを観たくなったら・・・。
結局、パソコンに向かう時間が多くなるだけのような気がしました。   

モノを持たないことでできる時間や空間、精神を大切にするという考え方・・・。    
なるほどと思いながらも、世代的なものかな、などとも考えたりしたものです。    
たとえば、家庭を持つことをどう考えているのだろう、という疑問を感じたりしましたが、番組の中では出てきませんでしたね。    
   
私も、これから少しずつ整理していかなければと、かなりまじめに考え始めたタイミングで、目にした番組でした。    
それなのに、最初の何もない部屋の画面を寒々と感じてしまったのが、ちょっと不思議な気がしたものです。    
思い当たったのは、先日の「団塊スタイル」の画面でしたね。 

同じようにほとんど家具のないアパートの一室(こちらは質素感あり)で、本を読んでいる高齢の男性。   
すべてをなくしたものの、読書に目覚めて、これから新しい一歩を踏み出す。    
窓から射す日ざしに暖かさを感じましたね。    
何を感じるかは、世代の違いによるのかもしれません。

          ⇒ 「団塊スタイル」“脳力”アップ大作戦

 

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -   
佐々木 典士   
4847093461 
関連商品    
必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~    
人にはどれだけの物が必要か: ミニマム生活のすすめ (新潮文庫)    
屋根ひとつ お茶一杯 魂を満たす小さな暮らし方    
あした死んでもいい片づけ―家もスッキリ、心も軽くなる47の方法    
もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活    
by G-Tools

 

 

« 武田百合子著「日日雑記」を読む | トップページ | 「ブラタモリ」仙台“杜”と“都” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon