旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「相棒season14」初回2時間スペシャル第1話“フランケンシュタインの告白” | トップページ | 映画「BALLAD 名もなき恋のうた」 »

「相棒season14」第2話“或る相棒の死”

 

杉下右京の冒険 (朝日文庫)   

 

「相棒season14」第2話“或る相棒の死”    
                                                 テレビ朝日  10月21日放送 

 

今回は、ちょっと安心しての鑑賞となりました。   
それだけ、初回は新相棒・冠城亘の反町隆史さんに対する期待と不安があったわけですね。    
落ち着いて観ていると、いつの間にかブルー映像が無くなっていることに気がつきました。
神戸(及川光博)のときの映像は結構好きでしたね。    
賛否両論でしたけど・・・。    
   
最初は大河内(神保悟志)、右京(水谷豊)に、最後は冠城も参加しての甲斐(石坂浩二)によるお茶のもてなしのシーンがありました。    
カフェインの量にこだわる右京と冠城に笑わせられました(右京には2度目は出さないし)が、それぞれの思惑が交錯して面白かったです。    
甲斐が気の毒にも思えましたが、彼自身これまでのシーズンを忘れていいほどに役が固まってきたような気もします。    
息子(甲斐享)のことでの周囲からのプレッシャーも流せるようになって、それを背負った上で、これから本格的に見せ場が作れるのかもしれません。

 

杉下右京の多忙な休日   
碇 卯人   
4022513063   
関連商品   
相棒season13(上) (朝日文庫)   
相棒season13 DVD-BOXII(5枚組)   
相棒season13 DVD-BOXI(6枚組)   
相棒season13 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]   
杉下右京のアリバイ   
相棒 全18巻セット (朝日文庫)   
by G-Tools   

 

 

あの部屋のシーン、特に必要でも無いかもしれませんが、何となくの空気が個人的には気に入っていますね。
それにしても、あの部屋に大の男が緊張しながら思惑がらみでぎゅうぎゅう詰まっている感じに笑えます。
小野田官房長(岸辺一徳)が健在だった頃の右京とのシーンを思い出します。
官房長一人にはかなわないけれども、みんなでかかればあの重たさと軽い空気が作れるかもしれないとちょっと期待してしまいました。   

放送前は、部外者としての相棒の設定に驚いたものですが、始まってみれば良かったですね。    
右京と本当に対等でいられるわけで、細かいことが気になるという右京に、会話の中でサラッと“それを直しません?”と言える人なんて初めてですよね。    
今回は最初から右京を利用しているし、右京もそれを知っていながら利用されているし・・・。
反町さんが見栄えのいい人なので、無理なく対等感があっていいですね。      

ゲストは宅間孝行さんで、埼玉県警の刑事役でした。    
何となく、もったいない感がありましたね。    
最初から重要人物の感じがしていても、映像の中でも外でも、長い間ただ立たされている感じがして仕方がありませんでした。    
終始、冠城の行動や長セリフの外にいる感覚がして、気になってしまったものです。

 

   
くちづけ   
宅間 孝行    
4344023757   
関連商品      
くちづけ [DVD]      
東京セレソンデラックス『くちづけ』 [DVD]      
by G-Tools

 
 

   
冠城のメガネに撮影録音機能があることに驚きました。    
そして、冠城のかばんが本人から右京、そして大河内へと暗黙の了解、まるで呼吸を読むようにリレーされていくのにも驚いたものです。    
最後は、大河内が盗聴器を仕掛けたんですよね。    
   
事件が解決して、特命の部屋に二人が戻るシーン、スローモーションになるのはどういう意味があるのでしょうね。    
格好いいのでいいですが・・・。    
   
ストーリー自体には特に新鮮味が感じられなかったのですが、右京と冠城の丁々発止に見えて意外に阿吽の呼吸があったりして、その点が楽しめた回でした。    
それにしても、冠城の“あなたは必ず警察官を逮捕する。自分の相棒も逮捕した人ですから”は重いですね。    
   
大詰めのシーン、埼玉県警の連中に“証拠は?”と聞かれた右京が“ウッフッフッ”と笑います。    
そのわざとらしい笑い声に思い出したのは“招かれざる客”(season9・第12話)でした。    
詐欺師に扮した右京と刑事の神戸との下手な小芝居シーンです。    
冠城ともこんなシーンができるかもしれませんね。

 

<これまでの感想>   
第1話

                      「相棒season14」公式サイト

 

 

終戦60年ドラマスペシャル 日本のシンドラー杉原千畝物語・六千人の命のビザ [DVD]    
B000BUN0RE    
関連商品           
フルタイム・キラー HDマスター版 [DVD]    
ビーチボーイズDVD BOX    
ビーチボーイズ・オリジナル・サウンドトラック    
ゴールデン☆ベスト 反町隆史    
GTO DVD-BOX    
by G-Tools


 

時の旅人2015    
水谷豊 
B00S7AQ73O    
関連商品    
GOLDEN☆BEST    
王妃の館 [DVD]    
by G-Tools

 

 

« 「相棒season14」初回2時間スペシャル第1話“フランケンシュタインの告白” | トップページ | 映画「BALLAD 名もなき恋のうた」 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season14」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon