旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「フィギュアGP・中国杯」浅田真央&本郷理華選手 | トップページ | 「人生を三度生きた女 “魂のブルース”アルバータ・ハンターの生涯」を読む »

映画「リオの男」

「リオの男」公開:1964年/フランス映画   

リオの男 [DVD]   

   
監督:フィリップ・ド・ブロカ    
脚本:ジャン=ポール・ラプノー他    
撮影:エドモン・セシャン    
音楽:ジョルジュ・ドルリュー    
キャスト:ジャン=ポール・ベルモンド フランソワーズ・ドルレアック ジャン・セルヴェ 

 

<あらすじ>   
アドリアン(ベルモンド)は休暇を利用してパリの恋人・アニュス(ドルレアック)に会いに来た。 ところが、アニュスは何者かに誘拐されてしまう。    
アニュスの父親はアマゾンで石像を発掘していて、その石像も美術館から消えていた。   
アドリアンはアニュスの後を追いかけて、ブラジルのリオへ向かう。

 

ジャン=ポール・ベルモンド主演のアクション・コメディ。   
当然若くて、終始軽快な動きを見せています。    
「勝手にしやがれ」(1959年)などの問題作に出演しながら、こういう軽めの作品に出ていたのも、彼らしいですね。    
   
今回も、昔のように深夜のテレビ放送を録画して観てみました。    
なぜ、長い間自分の意識の底に残っているのか、を知りたかったもので・・・。   
   

 

勝手にしやがれ [DVD]   
勝手にしやがれ [DVD]

 

 

今回、観てわかったことは、ジャッキー・チェンの映画の原点のような作品だったということです。   
主人公は困難を軽々とクリアしていきます。   
車椅子の乗客を利用して、リオ行きのチケットまで失敬したり、と冒頭から無茶なシーンの連続ですが、あくまで理屈抜きの娯楽作品ということで・・・。 
 
テレビ局の技術でしょうが、半世紀前の映像がほとんど劣化していないのが意外でした。 
さすがに光景などは時代を映して、スカスカしているというか余裕があるというか、それが何とものどかに感じさせますね。   

恋人を追いかけてリオまで行ってしまう わけですが・・・。   
その恋人を救うために、海岸近くの高層ホテルの窓から窓へと移ったりするシーンが印象に残っています。    
こちらが高所恐怖症だからというわけでもなく、なぜか切ない印象になっているのが、ずっと不思議で仕方がありませんでした。    
   
理由がわかったような気がします。    
あのシーンに音楽が流れていたかどうか、今回も聴き逃しましたが、音楽がジョルジュ・ドルリューだったんですね。    
これを書くために調べて、初めて気がつきました。    
   
ドルリューといえば、「アメリカの夜」(1974年)や「イルカの日」(1973年)の音楽を担当していました。    
「アメリカの夜」では、映画を作る側、観る側の溢れる想いを高みに誘い、「イルカの日」では、イルカと研究者夫婦の想いの切なさが表現されていて、好きでしたね。    
「イルカの日」は、上映館の休憩時間に流れていて、何とも切ない想いがしたことをいまだに覚えています。

というわけで、観終わってみれば相変わらず他愛も無く、気楽に観られる作品とわかりましたが、でも、これからも何となく意識していく気がしています。   

   
   

イルカの日 [DVD] 
イルカの日 [DVD]   

リオの男 [DVD] 

B00IEXW5YY 

関連商品   
カトマンズの男 [DVD]   
ボルサリーノ <デジタル・リマスター版> [DVD]   
パリは燃えているか [DVD]   
気狂いピエロ [DVD]
by G-Tools

 

 

« 「フィギュアGP・中国杯」浅田真央&本郷理華選手 | トップページ | 「人生を三度生きた女 “魂のブルース”アルバータ・ハンターの生涯」を読む »

作品タイトル~や・ら・わ行」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon