旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 映画「滝を見にいく」 | トップページ | 映画「わが青春に悔なし」 »

「相棒season14」第8話“最終回の奇跡”

 

相棒 season13 中 (朝日文庫)

 

   
「相棒season14」第8話“最終回の奇跡”    
                                                           テレビ朝日  12月9日放送   

 

レギュラーの出演者以外まったく知らない俳優さんばかりで、新鮮ではありましたが、誰が誰やら状態で、録画を観なおして初めて納得するような話でした。   
   
容疑者が二転三転するのは「相棒」得意の展開ですが、誰かが“ストレートに犯人を追い詰める話を観たい”と書いていて、笑いながらも同感してしまいました。    
ひねりにひねって、最後に何も余韻が残らないというのも寂しいですから・・・。    
贅沢ですかね。    

冠城(反町隆史)が、右京の推理を即座に理解していて、息がぴったりという感じで展開していますね。   
時には、後ろのほうで受付の女性を口説いているらしい、まめに動くシーンも見せたりして・・・。    
機を見るに敏だけどちゃらい、という性格付けなのでしょうか。    
でも、法務省から出向しているからには、そろそろそれがらみの重厚な話も観たいですね。

 

 
ビーチボーイズDVD BOX    
B003JH5984    
関連商品      
終戦60年ドラマスペシャル 日本のシンドラー杉原千畝物語・六千人の命のビザ [DVD]    
フルタイム・キラー HDマスター版 [DVD]    
ビーチボーイズ・オリジナル・サウンドトラック    
ゴールデン☆ベスト 反町隆史    
GTO DVD-BOX    
by G-Tools

 

 

ラスト、犯人が土下座をして謝るシーンで、加藤晴彦さんの土下座シーン(season11・第5話“ID”)を思い出しました。   
あれは右京(水谷豊)たちにだったので、違和感として残ったのですが、今回は漫画家・箱崎咲良(玄理)に対してだったので、自然な感じはしました。      

ただ、右京が言うように、勇気を出してまずは彼女に大怪我を負わせたことを謝っていれば、今回の事件を起こすこともなかったわけですが・・・。    
それにしても、面倒な遠回りをしてきましたね。    
そうじゃないと、ドラマにはなりませんが・・・。    
   
気になったのは、その後に漫画家が逆にひざまずいて礼を言うシーンでした。    
普通なら、複雑ないきさつを超えた感動的シーンなのでしょうね。    
個人的には、漫画家の無表情とベートーベンの「運命」だけが印象に残ってしまった回でし た。    
   
米沢(六角精児)が、花の里で右京たちに初めて奢るという、記念すべき回でもありましたが・・・。    
米沢と冠城の距離が少し縮まったようでもありますし・・・。

 

<これまでの感想>   
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

                           「相棒season14」公式サイト

 

 

杉下右京の多忙な休日    
碇 卯人   
4022513063    
関連商品    
相棒season13(上) (朝日文庫)    
相棒season13 DVD-BOXII(5枚組)    
相棒season13 DVD-BOXI(6枚組)    
相棒season13 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]    
杉下右京のアリバイ    
相棒 全18巻セット (朝日文庫)    
by G-Tools

水谷豊
B00S7AQ73O
関連商品
 
 

« 映画「滝を見にいく」 | トップページ | 映画「わが青春に悔なし」 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season14」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon