旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 布施明さんの「落葉が雪に」を聴く | トップページ | 朝ドラ「あさが来た」清原果耶&三宅弘城さんに注目 »

伊坂幸太郎著「仙台ぐらし」を読む

   

   
伊坂幸太郎さんは、こちら仙台在住の作家であることは有名ですね。    
やはり地元ということで、特別な思いがあり、著書を読んだり、原作の映画をよく観ています。

正直を言えば、最近は著書のほうはご無沙汰ばかりしていますが・・・。   
日常が描かれているかと思っていたら、奇想天外な展開になっていく、というかたちには付いていけなくなっていました。    
やはり、若者向けかな、と思って・・・。

映画化されたものは好きですね。   
「あひると鴨のコインロッカー」(2007年)とか、「ゴールデンスランバー」(2010年)とか。    
{ポテチ」(2012年)もそうでしたね。

この「仙台ぐらし」(集英社文庫)は、東日本大震災のことを書いていることを知って、手に取りました。   
今、エッセイやハウツーものを選ぶときには、必ず発行年を確認することにしています。    
あのときから、人は意識が変わったと思っていますから、書く人も、読む人も・・・。    
   
“被災地にいて、被災しなかった者”の、当時も今も感じる複雑な思いが書かれています。
私の中にずっとあった滓のようなものを初めて吐き出した、正確には吐き出してもらったのですが、そんな気がしました。    
ちょっと気持ちが楽になった気がしたものです。    
何もしていないこちらと、そう言いながらも被災地を訪れていたような伊坂さんとでは、だいぶ違いますが・・・。

                     
         
仙台ぐらし [ 伊坂幸太郎 ]            

仙台ぐらし
[伊坂幸太郎]
   

      
 

 

伊坂さんは、よく喫茶店などで原稿を書いているようです。
地震のときもそうだったんですね。
あのとき、被害が無くても、何もする気になれないというのは、誰も同じでした。 
“今やっていることをやり続けなさい”   
罪悪感も後ろめたさもあるけど、とにかく今やっていることをやり続けなさい。
確かにはっきりそう思ったわけではないですが、淡々と、ある意味必死に日常生活をしていたことを思い出しますね。    

この本には短編小説「ブックモビール」が収録されています。    
被災地を舞台にしていますが、伊坂ワールドは健在です。    
とは言え、映画監督の “市街地は無事だから、少しほっとするね” に “建物が無事で、光景が変わっていなければ、被害はないと思うんですか” と、ある人物が反発するシーンには複雑な思いがしました。    
映画監督にも、それに反発する人にも、どちらの思いもわかりますから・・・。

                           
                    

一番共感したのは、伊坂さんが極度の心配性だということですね。    
こんな人気作家でも、こちらとまったく変わりないんだ、という思いです。    
震災の前には宮城県沖地震が間近に迫るニュースにおびえ、体調が悪いと不安になり、アパートの隣の夫婦喧嘩に最悪の状況を想像しまう。    
子どもの頃からのようで、作家になるべくしてなったようなものですね。    
   
北朝鮮のミサイルへの恐怖についても触れていましたが、つい最近は水爆実験に成功したというニュースがありました。    
伊坂さんもやはり気になっているかもしれませんね。

 

                           
          
陽気なギャングは三つ数えろ [ 伊坂幸太郎 ]             

陽気なギャングは三つ数えろ
[伊坂幸太郎]
         

          
         

   
この本には“映画化が多すぎる”というテーマもありました。    
タイトルだけ読むと、不愉快に思っているのかなと確かに思ったものですが、あとがきでそれについて弁解しています。    
それにも何となく心配性の伊坂さんらしさを感じて、その細かさに自分を重ねて、ちょっと笑ってしまいました。    
   
この本には、楽しいエピソードも書かれていて、そちらのほうが多いです。    
“見知らぬ知人が多すぎる” では、声をかけられてつい自意識過剰になってしまったり、というエピソードなどが書かれています。    
それでも、エッセイは苦手らしくて、基本的に書かないと決めたようです。    
貴重なエッセイ本かもしれません。    
それにしても、エッセイって “エッセイに見せかけた作り話” でもいいんですね。

 

         
ポテチ [ 濱田岳 ]            

ポテチ [濱田岳]      

          
         
アヒルと鴨のコインロッカー [ 濱田岳/瑛太 ]            

アヒルと鴨のコインロッカー
[濱田岳/瑛太]
   

 

      

         
      

« 布施明さんの「落葉が雪に」を聴く | トップページ | 朝ドラ「あさが来た」清原果耶&三宅弘城さんに注目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon