旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« SMAP解散騒動について | トップページ | 「スペシャリスト」第2話 »

「相棒season14」第12話“陣川という名の犬”

   

 

「相棒season14」第12話“陣川という名の犬”    
                                                           テレビ朝日  1月20日放送 

 

ナット・キング・コールの「アンフォゲッタブル」で始まって、“おっ!”と思ったんですが・・・。 
せっかく洒落た感じで始まったのに、何となく面白さを感じなかったですね。    
   
あの陣川(原田龍二)も、彼らしかったのは周囲の予想とは別に、冠城(反町隆史)を先輩呼ばわりしたことだけでした。    
あとはシリアス一方でしたね。    
   
いつものパターンでは、そろそろ飽きられるという考えだったのかもしれませんが・・・。    
つい、season13のラストで、犯罪者となった甲斐(成宮寛貴)を思い出したものです。    
シリアスな陣川を演じる原田さんの表情に老い(失礼)を感じてしまいました。    
こういうかたちになると、もう陣川の出番は無いのでしょうか。   

 

破門組 [DVD]   
破門組 [DVD]

 
    

連続殺人犯を演じた野間口徹さん、取り調べシーンが主なのに、無表情で不気味な存在感がありました。
「あまちゃん」のヌメッとした地方局のディレクター役を思い出して、俳優って凄いなあ、と思ったものです。      

陣川の例によって片思いの相手で、殺害されてしまったさゆみ役は、黒川智花さん。    
陣川との馴れ馴れしい(ざっくばらんな性格?)会話にちょっと違和感がありました。    
NHK木曜時代劇「ぼんくら2」の寺子屋の先生役がしっとりしていて素敵でしたね。

久しぶりに登場した大河内主席監察官(神保悟志)、ラムネをポリポリ食べる仕草も久しぶりのような気がします。   
その上、“愛する人が殺された気持ちは理解します”なんて・・・。 
古くから「相棒」を観ている人にはピンとくるセリフかもしれませんね。 
あちらは自殺でしたが・・・。   
season2・第18話“ピルイーター”です。

 

                     
         
相棒 season 2 DVD-BOX 2[6枚組] [ 水谷豊 ]            

相棒 season 2
DVD-BOX 2[6枚組]
             

      
      

ラストで、右京(水谷豊)と冠城が、さゆみの本心(あくまで推理・推測ですが)を陣川に伝えたのにはホッとさせられましたけど・・・。
「アンフォゲッタブル」が所々で流れましたが、どうせなら最後は娘のナタリー・コールとのデュエット(父親が亡くなった後に、機械的に録音)したものだったら、もっと盛り上がったのに、と思いましたね。
個人的には、どうも乗り切れなかった回でしたから・・・。

 

                     
         

*ナタリー・コールとのデュエットも収録

 

<これまでの感想> 
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話元旦スペシャル    
第11話

                              「相棒season14」公式サイト 

 

 

相棒 season 13 DVD-BOX 1    
相棒 season 13 DVD-BOX 2    
相棒シナリオ傑作選    
相棒シナリオ傑作選(2)]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】王妃の館 [ 水谷豊 ]

王妃の館 [水谷豊]

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】フルタイム・キラー HDマスター版 [ 反町隆史 ]

フルタイム・キラー
HDマスター版
[反町隆史]

« SMAP解散騒動について | トップページ | 「スペシャリスト」第2話 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season14」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon