旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「スペシャリスト」第3話 | トップページ | 「相棒season14」第14話“スポットライト” »

大河ドラマ「真田丸」第4回“挑戦”

 

大河ドラマ「真田丸」第4回“挑戦”   
                                                     NHK総合  1月31日放送

 

家康役の内野聖陽さんが本格的に登場しました。   
イメージと違うんですが、内野さん流というか、脚本担当の三谷幸喜さん流というか、面白いですね。    
梅雪(榎本孝明)相手に、“同じ裏切り者でも、格が違う” には笑ってしまいました。

                     
               
         
罪の余白 [ 内野聖陽 ]          

罪の余白
[内野聖陽]
 

      
      

   
今回も、真田昌幸(草刈正雄)の器の大きさというか、食わせ者感が更に発揮された回でしたね。    
戦国の世を生き抜くって、こういうことなんだろうなあ、と思ったものです。    
まだ始まったばかりなんですが・・・。    
   
信長(吉田鋼太郎)に会う前の、信忠(玉置玲央)、そして続く家康との駆け引きシーンは緊迫感があり、見ごたえがありました。    
家康とは、完全に腹の探りあいでしたからね。   

 

真田昌幸 [ 黒田基樹 ]    
真田昌幸[黒田基樹]

 

 

信幸たちが会見の場に向かうシーンのカメラが斜めから持ち直すという方法で、不安と緊張感を漂わせて、面白かったです。
信長の登場、そして下からあおる写し方も迫力を感じさせましたし・・・。      

信繁(堺雅人)は、まだまだ傍観者でしかないわけで、でもそれが経験として積み重なっていくのだ、と思わせる堺さんの佇まいでした。    
まだ少年役で大変ですが、これからですよね。    
   
結果を待つしかなかった信幸(大泉洋)にも、見せ場?がありました。    
姉・松(木村佳乃)と夫・茂誠(高木渉)の件は、きり(長澤まさみ)の機転に乗った感じで見逃してくれて・・・。    
その上、織田への人質の件でも、最終的に彼の意見で松に落ち着いたりして・・・。    
常に長男としての真面目さが出て、大泉さん、よい感じですね。

 

真田信幸 [ 岳真也 ]
真田信幸 [岳真也]

駆込み女と駆出し男 [ 大泉洋 ]
駆込み女と駆出し男 [大泉洋]


 

   
人質の決定までの流れは、今回の緊迫したシーンの中で、コメディ部分となっていて、楽しかったです。    
戦国時代といえば、どうしても悲壮感漂うストーリー展開で、登場人物も重たい感じになりますが、今回はどこか楽しく観られるから不思議です。    
三谷さんの「新選組!」(2004年)は、開始まもなく挫折したんですが、同じような気分で観られたのかも、と思うと、今更ですがちょっと残念な気がします。    
   
それにしても、ホッとするまもなく本能寺の変が起きます。    
展開が速くて、飽きさせないですね。

 
 

ドラマWスペシャル パンドラ〜永遠の命〜 [ 堺雅人 ]

ドラマWスペシャル パンドラ〜永遠の命〜

[ 堺雅人 ]

 

<これまでの感想>   
第1回 第2回  第3回

                        

NHK大河ドラマ「真田丸」公式サイト

 

 

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]    
真田丸(前編)    
[三谷幸喜]

直系子孫が明かす!真田幸村の真実 [ 真田徹 ]    
直系子孫が明かす!真田幸村の真実    
[真田徹]

 

 

« 「スペシャリスト」第3話 | トップページ | 「相棒season14」第14話“スポットライト” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon